詳細を見る

暗号資産投資会社Digital Assets Nestに緊急警告=英当局

5 mins

ヘッドライン

  • FCA、暗号資産投資会社デジタル・アセッツ・ネストに警告を発出。
  • 同庁によると、同社は金融サービス登録簿に登録されていない。
  • FCAは、このような業者との関わりは、高額の財務的損失をもたらす可能性があると警告している。
  • promo

英国の金融規制当局である金融行動監視機構(FCA)は、暗号資産投資会社Digital Assets Nestについて緊急警告を発した。

FCAは、この会社が適切な認可なしに金融サービスを推進しており、投資家に重大なリスクをもたらしていると警告している。

FCAはDigital Assets Nestを無認可の暗号資産会社として警告している。

FCAはDigital Assets Nestに関する警告の中で、潜在的な詐欺を避けるため、この会社と取引しないよう勧告している。FCAは、このような業者との取引は大きな金銭的損失をもたらす可能性があると述べている。

同規則によると、英国では、金融サービスを提供または促進するために、企業や個人はFCAによって認可されなければならない。同規則は、投資家やトレーダーに対し、投資を保護し、問題が発生した場合の保護を強化するため、認可を受けた業者と取引するよう奨励している。

デジタル・アセット・ネストはFCAの無許可業者リストに掲載されている。
Digital Assets NestはFCAの無認可企業リストに掲載されている|出典:FCA

「この会社と取引した場合、苦情があっても金融オンブズマンサービスを利用することはできません。また、万が一の場合、金融サービス補償制度(FSCS)による保護も受けられない。つまり、その会社が倒産した場合、あなたのお金が戻ってくる可能性は低いということです」と同機関は警告している

ウェブサイトの情報によると、デジタル・アセット・ネストはロンドンを拠点とする暗号資産投資会社である。個人と法人の投資家にプレミアム投資サービスを提供している。

BeInCryptoは以前、FCAが2023年10月に新ルールを導入したと報じた。この規則では、暗号資産会社はマーケティングが”明確で、公正で、誤解を招かないことを保証する必要がある。さらに、英国の消費者に目立つリスク警告を提供することを義務付けている。

しかし、FCAによると、KuCoinやHTX(Huobi)を含む一部の暗号資産は新規制に準拠していなかった。その結果、FCAはこれらを “認可されていない企業 “としてリストアップした。FCAの消費者投資担当ディレクターであるルーシー・キャッスルダイン氏は、書簡の中で、違法なプロモーションに対して「断固とした措置」を取ると述べた。

「これらのルートのいずれかを利用しないプロモーションは、2000年金融サービス市場法(FSMA)第21条に違反することになり、最高2年の禁固刑、無制限の罰金、またはその両方が科される犯罪行為となる」と、キャッスルダイン氏は述べている。

関連記事:暗号資産規制:メリットとデメリットは?

また、FCAは違法行為を行っている者に対して厳しい態度で臨むと強調した。取り扱いが必要なウェブサイト、ソーシャルメディアアカウント、アプリケーション、その他の宣伝媒体を削除するだろう。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンは、デジタル・マーケティングと暗号通貨ジャーナリズムで8年以上の経験を持つベテラン・ジャーナリスト兼コンテンツ・クリエーター。SEO戦略、ブロックチェーン技術、Web3を専門分野とし、常にインパクトのあるコンテンツイニシアティブを提供し、オーディエンスを効果的に巻き込んできた。 2022年1月以来、リンはBeInCrypto...
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー