FileCoinが年初来より175%近く上昇、上昇の背景とは

4 mins
記事 Shota Oba
20 2月 2023, 11:45 GMT+0900
更新 T
20 2月 2023, 11:45 GMT+0900
ヘッドライン
  • 分散型ストレージシステムを提供する、FileCoinが年初来より175%近くの上昇
  • 上昇の背景には何が起きているのか
  • FileCoinとは?
  • promo

分散型ストレージシステムを提供する、FileCoinが年初来より175%近くの上昇

TradingView

P2Pの分散型ストレージシステムを提供する、FileCoinが年初来より175%近くの上昇を見せている。直近では2022年8月以来、約半年ぶりの高値である$9.5をトライする動きを見せており、その価格上昇の勢いが伺える。

上昇の背景には何が起きているのか

Messari

大手暗号資産分析企業のMessariが1月末に発表した2022年第4クォーターの分析レポートによると、FileCoinのアクティブ取引によるファイルコインの使用例は前年の第4クォーターで比117%増、前年同期比では1,798%増となるなど、価格の上昇とともにユースケースの数も伴って上昇していることが伺える。

Filecoinは来月3月にスマートコントラクトのFilecoin Virtual Machine(FVM)をローンチ予定であり、3月1日にはFVMローンチのカウントダウンイベントも開催予定だ。これらも価格上昇に寄与していると言えるのではないか。

Filecoin Virtual Machine(FVM)は、Filecoinネットワーク上でアクターとも呼ばれるスマートコントラクトの実行環境だ。これらのスマートコントラクトはSolidityで書くことができ、最終的にはWASMにコンパイルできる任意の言語がサポートされる予定だそうだ。スマートコントラクトにより、FileCoinユーザーはネットワーク上のデータの保存とアクセスに関するルールを作成し、実施することが可能になるという。

FileCoinとは?

Messari

Filecoinは2020年にProtocol Lab社のJuan Benet氏がローンチした、IPFSと呼ばれる中央管理者がいない分散型のストレージシステムを採用した、ユーザー同士でストレージの貸し借りを行う分散型ストレージシステムである。

IPFSは、世界中のデバイスからストレージが保存可能な場所を見つけて、P2Pの分散ストレージを提供するという仕組みを採用している。FileCoinは分散ストレージでを採用しているため、データセンターのようにデータを一つの場所に集約する必要がないため、高速かつ、ハッキング等に対しても強いシステムである。

Filecoinは、ゼロ知識証明でストレージを定期的に検証するインセンティブモデルを使用しており、報酬はネットワークのネイティブトークンであるFILで報酬を与えられる。また、データが取り出せなかったり、ストレージに障害が発生したりすると、ストレージプロバイダーは切り捨てられる仕組みとなっている。データを取り出すためには、Filecoinユーザーは検索プロバイダーにお金を払ってデータを取り出すシステムとなっている。オンチェーンでの取引を伴うストレージ取引とは異なり、検索取引は支払い用のチャネルを使用しオフチェーンで支払いを決済するため、高速な検索を提供している。

免責事項

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー