詳細を見る

フィナンシェトークン、ステーキングを4月3日より提供開始

4 mins
更新 T

フィナンシェトークン、ステーキングサービスの「FNCTステーキング」が来月4月3日に開始予定であることを発表

画像:PRtimes


昨日、仮想通貨(暗号資産)取引所であるコインチェックのIEOを経て、取引が開始された株式会社フィナンシェが発行する暗号資産FNCT(フィナンシェトークン)は、ステーキングサービスの「FNCTステーキング」の提供を来月4月3日に開始予定であることを発表した。なお、ステーキングの報酬は2023年4月3日の提供開始翌日より日次で付与される予定となっている。また、今回のステーキングの報酬プール額は1億FNCTになっており、今後のフィナンシェの成長に応じて不定期にFNCTを追加していくそうだ。

FNCTステーキングの仕組み

FNCTステーキングは「FiNANCiEアプリ」の取引をポリゴンブロックチェーンに記録するという「仕事」を行うバリデーターに対して、FNCT報酬を支払う仕組みだ。記録作業を行う「バリデーター」はロックした比率に応じて選出され、バリデーターにFNCTを預けた報酬を獲得する確率を高めることに協力した「デリゲーター」にも報酬を分配する仕組みとなっている。ガバナンスでは、バリデーターやデリゲーターがロックしたFNCTが使用される。

また、ロックしたFNCTは180日間、売買等ができない状態になるが、日々の記録作業(バリデーション)によってFNCT報酬を生み出すと同時に、FNCT自体の価値を下支えすることに貢献することになる。

ステーキング概要

ステーキング開始日
2023年4月3日(予定)

報酬総額
報酬プールの5%を毎月ステーキング報酬として対象者に分配。
開始時の報酬プール額:1億FNCT
初月の報酬総額:500万FNCT

報酬付与スケジュール
毎日
初回報酬付与日:2023年4月4日(予定)

バリデータ
フィナンシェ
※今後はFNCTのトークンエコノミーを成長させるマーケティングパートナーをバリデーターとして選定することを想定していいる。

手数料
なし
※報酬として受け取ったFNCTをご自身の暗号資産ウォレットへ移動する際には、ガス代としてマチックやイーサリアムが必要だ。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

wpua-150x150.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー