詳細を見る

大手資産運用会社がイーサリアムETFの発行を申請

5 mins

ヘッドライン

  • フランクリン・テンプルトン、イーサリアムETFを米国SECに申請。
  • 資産運用会社は、投資家の保有資産に影響を与える価格変動の可能性を認めている。
  • フランクリン・テンプルトンのETFの成功は、マーケット・タイミングと競争力のある手数料体系にかかっているかもしれない。
  • promo

資産運用会社のフランクリン・テンプルトンは13日、米国証券取引委員会(SEC)にイーサリアムの上場投資信託(ETF)の届出書を提出した。

BlackRock、Grayscale、VanEckなど大手資産運用会社が最近提出する中、今回の提出となった。

フランクリン・テンプルトン、イーサリアム・スポットETFを申請

フランクリン・テンプルトンがイーサリアムのスポットETFを立ち上げようとしていることが、最近の米国SECへの申請で明らかになった。しかし、この申請書では、暗号資産市場の価格変動が投資家の保有資産に影響を与える可能性があるとして、規制当局に警告している。

イーサを含む多くのデジタル資産の取引価格は、最近の期間において極端な変動に見舞われており、今後も変動が続く可能性がある。エーテルの取引価格のさらなる下落を含む将来の極端な変動は、株式の価値に重大な悪影響を及ぼす可能性があり、株式はその価値のすべてまたは実質的にすべてを失う可能性がある。

さらに、フランクリン・テンプルトンの「市場に到達するタイミングと手数料体系」が、競合他社と比較してファンドの成功に影響を与える可能性があることを強調している。

続きを読むイーサリアム(ETH)価格予測 2024年/2025年/2030年

イーサリアムの価格は、かなり以前から「過小評価されている」と推測されてきたが、今週、価格が急騰しており、フランクリン・テンプルトンが参入するというニュースを受け、投資家はさらに上昇する可能性があると考えている。

本稿執筆時、イーサリアムの価格は2,669ドルだった。

イーサリアム価格チャート|出典:BeInCrypto

BeInCryptoは1月9日、暗号資産投資家 “DCInvestor “がイーサリアムは 「このサイクルの後、大半の資産よりも良い結果を出し、より多くの価値を保持するだろう 」という見解を繰り返した

“IMOは、現時点ではめちゃくちゃ過小評価されている”

スポット・イーサリアムETF:業界にとってのトーキングポイント

一方、ブラックロックのラリー・フィンクCEOは最近、イーサリアムETFに強い関心を示した

フィンク氏はイーサリアムETFの可能性に楽観的な見方を示した。その背景には、イーサリアムETFが現実世界の資産トークン化をより広範に普及させる可能性があると確信していることがある。これは同氏が将来に向けて熱意をもって予想しているトレンドである。

「私はイーサリアムETFに価値を見出す。これらはトークン化に向けた足がかりに過ぎず、私は本当にこれが私たちの進む道だと信じています」。

イーサリアムをめぐるすべてのハイプは、イーサリアムが近い将来2万5,000ドルに達するかどうかを暗号資産アナリストが疑問に思うことにつながった。

続きを読むイーサリアムクラシック(ETC)価格予測 2023/2025/2030

暗号資産アナリストのDeFi Dad氏は、イーサリアムがそのレベルに達する可能性があるのは、そのオンボーディングファネルと、現在ネットワーク上で開発中のレイヤー2ソリューションのためであるとしている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

a718c721350c73f75104b07dee70528e.png
Ciaran Lyons
オーストラリア、シドニー在住の暗号通貨ジャーナリスト。同氏は特にCBDCの開発や、実際のシナリオにおける暗号通貨の実践的な実装について書くことを楽しんでいる。同氏はまた、チャンネル・テン、チャンネル・ナイン、SBSテレビなど、オーストラリアの主要なテレビ・ネットワークに出演している。暗号通貨の世界に入る前は、全国的なラジオ局Triple Jで司会者として働いていた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー