詳細を見る

フランクリン・テンプルトン、トークン化ファンドをP2P送金に

5 mins

ヘッドライン

  • フランクリン・テンプルトンのBENJIトークンがピアツーピアの送金をサポート。
  • 業界のリーダーたちは、フランクリン・テンプルトンの動きを大きな革新だと評価している。
  • BENJIはトークン化された米国債ファンドの中で最大の市場シェアを持っている。
  • promo

資産運用会社最大手フランクリン・テンプルトンは25日、、同社のフランクリン・オンチェーン米国政府マネー・ファンド(FOBXX)の株式がパブリック・ブロックチェーン上でピアツーピア(P2P)送金が可能になったことを発表した。

フランクリン・テンプルトンのトークン化開発を業界リーダーが称賛

2021年にローンチされたFranklin OnChain US Government Money Fundは、取引処理と株式所有権の記録にパブリック・ブロックチェーンを活用した初の米国籍ファンドである。

ステラ(XLM)とポリゴン(MATIC)ブロックチェーン上で動作するBENJIトークンは、FOBXXファンドの株式を一意に表します。ファンドの名義書換代理人は、ブロックチェーン技術を統合した独自のシステムを通じて、公式の株式所有記録を積極的に管理している。

BENJIトークンは、国債、現金、現先取引を包含している。さらに、保有者に安定した利回りを提供し、安定したリターンを求める投資家にアピールする。

フランクリン・テンプルトンのデジタル資産部門責任者であるロジャー・ベイストン氏は、ブロックチェーン技術がもたらす新たな機能について熱意を示した。

「BENJIトークンの保有者同士が株式を譲渡できるようになることに興奮しています。最終的には、Franklin OnChain US Government Money Fundのようなブロックチェーンレール上に構築された資産が、他のデジタル資産エコシステムとシームレスに連携することを望んでいます」とベイストン氏は語った

さらに、フランクリン・テンプルトンは、個人投資家がアンドロイドとiOSデバイスで利用可能なBenji Investmentsアプリを通じてファンドにアクセスできるようにした。業界のリーダーたちは、この発展を称賛している。ポリゴン(MATIC)の創設者であるサンディープ・ネイルワルは、この革新の重要性を強調した。

これはHUGEEEだ!」!世界最大級の金融機関であるフランクリン・テンプルトンは、ポリゴン(MATIC)で米国政府マネー・ファンドのトークン化された株式(BENJI)のピアツーピア送金を可能にしたのです」とネイルワルは語った

ポリゴン(MATIC)のインスティテューショナル・キャピタルのグローバル・ヘッドであるコリン・バトラー氏も、潜在的な変革のインパクトについてコメントした。

「トークン化された米国債の市場シェアの32%を占めるフランクリン・テンプルトンのBENJIが完全にオンチェーン化されることは、デジタルネイティブな未来に向けた大きなロック解除を意味します。今日はオンチェーン、明日はアグリゲーション&コンポーザブルです」とバトラーは述べた

rwa.xyzのデータは、フランクリン・テンプルトンのUSガバメント・マネー・ファンドが2024年4月25日現在で3億8,037万ドルの時価総額を誇り、このカテゴリーで最大の市場シェアを占めていることを裏付けている。これは、ブラックロックの米ドル機関投資家向けデジタル流動性ファンド(BUIDL)やOndo US Dollar Yieldのような競合他社を引き離している。

続きを読むリアル・ワールド・アセット(RWA)トークン化の影響とは?

トークン化された国債の市場シェア。
トークン化された国債の市場シェア|出典:rwa.xyz

BUIDLとOndo US Dollar Yieldの時価総額はそれぞれ3億4,061万ドルと1億1,969ドル。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー