詳細を見る

ファントム(FTM)の価格予測:強気パターンで31%下落を防げるか?

4 mins

ヘッドライン

  • ファンタム価格はパラボリック曲線パターンを形成しており、31%の調整が可能であることを示唆している。
  • アルトコインのビットコインとの正の相関は、FTMの下落を示唆している。
  • アクティブな預金残高も数ヶ月ぶりの高水準で、売却意欲の高さを示唆している。
  • promo

Fantom(FTM)価格は強気パターンを形成している最中だが、上昇にもかかわらず弱気シグナルを観測している。

アルトコインはこのセンチメントと戦い、102%の上昇を続けることができるのか、それともすぐに31%の調整に直面するのだろうか?

暗号資産市場の弱気シグナルがFantom価格に重くのしかかる

Fantom価格は、今週初めから1ドル台を維持している。歴史的な動きを考慮すると、アルトコインはこの上昇を継続する可能性が高いように思われるが、より広範な市場の手掛かりはその反対を示唆している。

ネットワーク上の預金の急増は、FTM保有者の間で懸念される展開である。この指標は、投資家のウォレットから取引所のウォレットへのトークンのシフトを強調している。アクティブ・デポジットの急増は、投資家が利益のために、あるいは損失を相殺するために、保有するトークンを売却する可能性を準備していることを意味する。

Fantom Active Deposits.
ファントムアクティブデポジット|出典:サンティメント

Fantomの場合、それは前者である。さらに、アルトコインの相関はビットコインと0.86とかなり高い。高い相関関係は、大きな資産の方向性が小さな資産の方向性に影響を与えることを示唆している。したがって、Fantomの価格は、現在下落傾向にあるビットコインの弱気な合図に従うことになるかもしれない

続きを読むFantom (FTM) 価格予測 2024/2025/2030

Fantom Correlation with Bitcoin.
Fantomとビットコインの相関関係|出典:IntoTheBlock

FTM価格予測:何が待ち受けているのか?

弱気な兆候が暗号通貨に影響を与える場合、Fantom価格は今後31%の調整を見る可能性がある。これは、現在日足チャートに形成されているパラボリックカーブパターンに基づく。

この強気パターンは、資産がカーブ上で3つのベースを形成したときに確認され、一般的に3つ目のベースが上昇の引き金となる。この上昇は成長をもたらし、短期間で資産価格を倍増させる可能性がある。

その結果、FTMの目標価格は1.61ドルに設定された。しかし、修正局面が訪れると、FTM はベース3に設定したサポート・レベルまで反落する可能性がある。しかし、弱気材料が台頭しているため、ファントム価格が今修正されれば、31%の修正となり、ベース3レベルまで下落する可能性がある。結局、0.80ドルと0.88ドルのサポートレンジをテストすることになるだろう。

続きを読む:2024年、9つのベストFantom (FTM) ウォレット

FTM/USDT 1-day chart.
FTM/USDT 1日チャート|出典:トレーディングビュー

しかし、Fantomの価格が1.03ドルのサポートラインを通過しなければ、弱気テーゼは無効になる可能性がある。このポイントから跳ね返されれば、FTMは1.11ドルのサポートを試しに戻るだろう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2t314.png
Aaryamann Shrivastava
Aaryamann ShrivastavaはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、Telegram Apps、リキッドステーキング、レイヤー1、ミームコイン、人工知能(AI)、メタバース、モノのインターネット(IoT)、イーサリアムエコシステム、ビットコインなど、多様な分野の暗号通貨に関するマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はFXStreetとAMBCryptoで様々なアルトコインの市場分析とテクニカル評価を行い、分散型金融(DeFi)、非化石トークン(NFT)、GameFiなど暗号業界のあらゆる側面をカバーした。同氏はピライ芸術大学でジャーナリズムの学士号を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー