詳細を見る

なぜFTXはこの会社を購入価格の20倍以下で売るのか?

4 mins

ヘッドライン

  • FTXは、子会社であるCoinListを当初の取得原価の20分の1である50万ドルで売却する予定である。
  • アルバレス&マーシャルは、市場環境とライセンス契約を考慮し、売却価格は適正であると判断する。
  • CoinListは、過去の技術的な困難や大量のKYC削除のような論争にもかかわらず、流動性の問題を否定し、金融上の懸念に対処している。
  • promo

FTXは12日、裁判所への提出書類の中で子会社Digital Custody Inc.を2021年と2022年の2回にわたり、当初の購入価格の約20分の1で売却する意向を発表した。

FTXの財産は流動性を高めるために資産を売却しており、100万人を超える債権者への返済を目指している。

FTXはデジタルカストディをCoinListに売却予定

裁判所への提出書類から、FTXの遺産は子会社のDigital Custody Inc (DCI)を暗号資産取引所のCoinListに50万ドルで売却する予定であることが明らかになった。FTXは当初、テレンス・カルバーからDCIを1000万ドルで取得しており、売却価格には20倍の差がある。

“本契約の第1.1節に規定されているように、本持分の購入価格の総額は、(i)現金50万ドルに加え、(ii)本契約の第1.4節に規定されている取得現金額で構成されている。”

FTXの再建アドバイザーであるAlvarez & Marshalは、この価格は現時点の市場において適正であると考えている。FTXの債権者であり、オンライン・コメンテーターとして知られるスニルは、X(旧ツイッター)でそれを指摘した:

“A&M(UCC/アドホック・アグリーズ)は、サウスダコタ州からのカストディを提供できる貴重なライセンスに対する適正価格だと言っている”

FTXは引き続き再建に取り組み、破産手続きを進めている。一方、憶測によると、債権者は間もなく計画案について投票を行うようだ。

しかし、暗号資産保有者は、提案された計画が相当量の暗号資産の清算を伴うことを懸念しており、資産価格に影響を与える可能性がある。

最近のCoinListの財務状況をめぐる懸念

2022年11月にFTXが経営破綻したのと同じ頃、CoinListの財務の健全性についても憶測が流れた。

BeInCryptoは2022年11月、CoinListが取引所の流動性が低い、または債務超過であるという噂をすべて拒否し、噂は「FUD」であると述べたと報じた。

続きを読む悪名高いFTX共同創設者、サム・バンクマン・フリード(SBF)とは何者か?

CoinListは、直面した問題は入出金に影響を与える技術的なものであったと明らかにした。

しかし、CoinListはThree Arrows Capitalが倒産した際に3500万ドルを受け取っている。

CoinListは2021年初めにKYCアカウントを大量削除していたため、彼らが懸念する正当な理由があった。他のユーザーも自分の口座が削除され、資金にアクセスできなくなるのを見た。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

a718c721350c73f75104b07dee70528e.png
Ciaran Lyons
オーストラリア、シドニー在住の暗号通貨ジャーナリスト。同氏は特にCBDCの開発や、実際のシナリオにおける暗号通貨の実践的な実装について書くことを楽しんでいる。同氏はまた、チャンネル・テン、チャンネル・ナイン、SBSテレビなど、オーストラリアの主要なテレビ・ネットワークに出演している。暗号通貨の世界に入る前は、全国的なラジオ局Triple Jで司会者として働いていた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー