詳細を見る

FTX創設者フリード被告に懲役50年の可能性

5 mins

ヘッドライン

  • FTXの創設者サム・バンクマン=フリードは、大規模な金融詐欺を指揮した罪で50年の実刑判決を受ける可能性がある。
  • 投資家を欺き、FTXの破綻を招いたとして有罪判決を受けた彼の行動は、貪欲さによるものだと言われている。
  • この事件は、暗号資産業界における規制強化の必要性を浮き彫りにし、警鐘を鳴らすものである。
  • promo

FTX創業者のサム・バンクマン=フリード被告は、50年の実刑判決を受ける可能性がある。

検察当局が「アメリカ史上最大の金融詐欺」のひとつと呼ぶものを画策した罪で11月に有罪判決を受けたバンクマン=フリードの破滅は、暗号通貨ブームを背景にした野心の失敗の物語である。

フリード被告、最大50年の懲役刑に直面

検察側の主張の核心は、暗号通貨取引所FTXを見事に崩壊させたサム・バンクマン=フリードの詐欺行為にある。マンハッタン連邦裁判所の陪審は、投資家、顧客、金融業者への詐欺行為を含むすべての罪状で彼を有罪とした。これにより、かつて活況を呈していた暗号資産市場は動揺した。

検察側は、バンクマン=フリードの近況を “比類なき貪欲さと傲慢さ “によって傷つけられたと表現し、彼を非難している。彼の行動は危険であり、他人の数十億ドルを賭ける意図的な策略であったと主張している。

彼の行動の重大さにもかかわらず、サム・バンクマン=フリードは不正行為を認めようとしない。これは、彼に対する裁判をさらに複雑なものにしている。

「バンクマン=フリードは、現在も同氏が行った行為が間違っていたことを認めようとしない。近年の彼の人生は、比類なき貪欲さと傲慢さ、野心と合理化、そして他人の金でリスクを犯し、ギャンブルを繰り返すというものだった」と検察は書いている。

これに対し、バンクマン=フリードの弁護側は寛大さを主張し、5年から6年強の実刑を示唆している。彼らは、FTXの顧客のほとんどは失った資金を取り戻し、バンクマン=フリードは意図的に詐欺を行おうとしたわけではないと主張している。

しかし、この抗弁は、公判中に提出された証拠の重さには勝てないようだ。その中には、バンクマン=フリードの最も親しい仲間数人の証言も含まれており、彼らはその後、州の証人に転じた。

続きを読むFTX崩壊の説明:サム・バンクマン=フリードの帝国はいかにして崩壊したか

間近に迫った3月28日の判決は、バンクマン=フリードの人生のこの章に終止符を打ち、暗号通貨業界を規制・監督する先例となるだろう。ダミアン・ウィリアムズ連邦検事は、この事件で明らかになった腐敗の古くからの性質を強調し、プレーヤーやプラットフォームは新しいかもしれないが、行われた詐欺は古くからある物語であると述べた。

「サム・バンクマン=フリードはアメリカ史上最大級の金融詐欺を行った。暗号通貨業界は新しいかもしれない。サム・バンクマン=フリードのようなプレーヤーも新しいかもしれない。しかし、このような腐敗は昔からあることです」とウィリアムズ弁護士は語った。

続きを読む2024年に知っておくべき集中型取引所トークン・トップ8

バンクマン=フリードは有罪判決も判決も不服として控訴の準備を進めており、この裁判の結果が暗号通貨業界における規制監督の今後の軌跡を決定づけることになるかもしれない。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー