詳細を見る

ゴールドマン・サックス、24年内に3つのトークン化プロジェクト

6 mins

ヘッドライン

  • ゴールドマン・サックス、2024年に3つのトークン化プロジェクトを立ち上げ、機関投資家顧客と資産分散を狙う。
  • 米国市場に焦点を当てた最初のプロジェクトで、プライベート・ブロックチェーンをコンプライアンスに活用し、取引速度を向上させる。
  • ゴールドマン・サックスが暗号資産に参入し、RWAトークン化を通じて資本市場の再構築を目指す。
  • promo

ゴールドマン・サックスは年内に3つのトークン化プロジェクトを立ち上げる予定だ。この動きは、アメリカの多国籍投資銀行が、市場のライバルと提供するサービスを効果的に差別化することを可能にする。

伝統的な金融(TradFi)プレーヤーは、顧客がデジタル資産への関心の高まりを示す中、ブロックチェーン分野への参入を着実に進めている。

ゴールドマン・サックス、トークン化アプローチで機関投資家顧客を狙う

同レポートは、ゴールドマン・サックスのデジタル資産担当グローバルヘッドであるマシュー・マクダーモット氏のコメントを引用し、機関投資家顧客の関心の高まりに対応する計画を示した。

これは、資産トークン化への関心の高まりからインスピレーションを得ている。これは、リアル・ワールド・アセット(RWA)が今年最も強気なシナリオを提示したことに由来する。マクダーモットによれば、トークン化とRWAのデジタルトークン化は、ゴールドマン・サックスにとって次のような機会である:

  • トークン化された資産のためのマーケットプレイスの創出
  • 取引スピードの向上
  • 担保に利用できる資産の多様化

続きを読む トークン化された実物資産(RWA)とは?

これら3つのトークナイゼーション・プロジェクトが並ぶ中、マクダーモット氏は最初の計画では米国市場に焦点を当てることを明らかにした。特に米国のファンドコンプレックスと欧州の債券発行が主な焦点となり、規制遵守のためにプライベート・ブロックチェーンを活用する。

この動きにより、ブラックロック、フランクリン・テンプルトン、フィデリティなど、暗号資産に参入した他のトラッドファンドのプレーヤーに続き、多国籍銀行が参入することになる。彼らのスポットETF(上場投資信託)などは、ビットコイン(BTC)をウォール街に提供し、機関投資家にエクスポージャーを与えた。しかし、彼らとは異なり、ゴールドマン・サックスはパブリック・ブロックチェーンに注力することで、個人顧客からなる独自のニッチをターゲットにする。

ビットコインETFが機関投資家に資産トークン化の機会を与えた

ゴールドマン・サックス以外にも、トークン化技術を積極的に模索し投資している大手金融機関には、JPモルガンやシティがある。マクダーモット氏によると、米国市場におけるビットコインとイーサリアム(ETH)のETFの登場は、流動性の向上を約束するものだという。

流動性が高まることで、ゴールドマン・サックスは年金基金や保険会社、その他の機関投資家の参入を見込んでいる。マッキンゼーやボストン・コンサルティング・グループなどのコンサルティング会社も楽観論を共有しており、RWA市場は 2030年までに数兆ドル規模に 成長すると予測している。

この動きは、1月のBTCスポットETFの画期的な承認に続くものであり、RWAのトークン化は2024年においてこれまでで最も強気なシナリオの一つとなっている。イノベーションを変革し、長期的に資本市場の風景を再形成する潜在的なインパクトは、業界の巨人を魅了している。

「RWAは暗号資産で最もホットな分野である。Decentralized ETF (DETF)や他の多くの暗号資産ネイティブ・プロジェクトは、数年前からトークン化とRWA開発に取り組んでいる」とDETFは書いている。

続きを読む現実世界の暗号資産(RWA)に投資するには?

RWAのトークン化には、債券、不動産、負債などの有形資産をブロックチェーンネットワーク上でデジタルトークンに変換することが含まれる。このコンセプトが議会で公聴会を開くなど主流の注目を集める中、ブラックロックのトークン化された米国債、BUIDLは最近、市場で最大のトークン化されたファンドとなった。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge Okoth
ロックリッジ・オコトはBeInCryptoのジャーナリストで、Coinbase、Binance、Tetherなどの著名な業界企業に焦点を当てている。同氏は、分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールドアセット(RWA)、GameFi、暗号通貨における規制動向など、幅広いトピックを扱っている。以前はInsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでビットコインやアルトコイン(Arbitrum、Polkadot、ポリゴン(MATIC)など)の市場分析、技術評価を担当。同氏はケニヤッタ大学で分子生物学の学士号を取得し、バークレー校の起業家センターで認定ブロックチェーン・ファンダメンタルズ・プロフェッショナルの資格を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー