詳細を見る

グレースケール売り、他のBTCファンドに掬われる:なぜビットコインはまだ下落しているのか?

5 mins

ヘッドライン

  • 最大のデジタル資産運用会社であるグレイスケールは、GBTCファンドをビットコインETFに転換して以来、33億ドル以上の資金流出を見ている。
  • BlackRockとFidelityはビットコインの最大の買い手で、それぞれ39,925BTCと34,127BTCを保有し、Grayscaleは82,525BTCを売却した。
  • ETF Storeのネイト・ジェラチ社長は、グレイスケールの戦略的買収は、適切な伝統的ETF発行会社にとって理にかなっている可能性があると示唆している。
  • promo

暗号資産市場は24日、業界最大のデジタル資産運用会社グレースケールによる数日間のビットコイン売り越しによって動揺している。ビットコインは4万ドルを下回り続けているが、グレースケールの流出の多くは他のファンドマネージャーによってすくい上げられた。

グレースケールは、米国の規制当局が1月11日にスポットBTC上場ファンドを承認して以来、ビットコインを売却している。

グレースケールのビットコインETFの株式売却が続く

1月11日にGBTCファンドをスポット型ビットコインETFに転換することが許可されて以来、同社は33億ドル以上の資金流出を見ている。さらに、さらなる売却に備えて大量のビットコインをCoinbaseに預けている。

グレースケールの流出の理由は、投資家がポートフォリオのリバランスを行い、より良いリターンを求めて手数料の安いファンドに入ったことが主な原因である。

ビットコインETFの保有状況のアップデートを掲載しているCC15Capitalは24日、次のように述べている:

“毎朝Coinbaseに送られるGBTCコインに関するパニックを誘発するツイートを見たからといって、ビットコインをパニック売りするのはやめよう。”

また、Grayscaleがこれまでに売却したビットコインはすべて、他の(手数料の安い)ETFによってすくい上げられたと付け加えた。

BlackRockとFidelityはビットコインの最大の買い手であり、22日時点でそれぞれ39,925と34,127BTCを保有している。しかし、グレイスケールは同期間に82,525 BTCを売却している。

続きを読むビットコインETFとは何か?

とはいえ、CC15Capitalによると、Grayscaleを除いた新たに立ち上げられたスポットETFが購入したBTCの総量は25,938コインと、依然としてプラスを維持している。

ETF Bitcoin holdings as of Jan. 22. Source: X/@Capital15C
1月22日現在のETFビットコイン保有量|出典:X/@Capital15C

1月24日、ETFアナリストのエリック・バルチュナス氏は、Grayscaleがいつ売りを止めると考えるかを測る投票を行った:

「GBTCは発行済み株式の13%を流出させた。GBTCは発行済み株式の13%を流出した。

回答者の半数近くが35%-50%の選択肢に投票し、センチメントが依然として弱気であることを示唆している。

Twitter poll on GBTC shedding shares. Source: Eric Balchunas
GBTCの株式売却に関するツイッター投票|出典:エリック・バルチュナス

同氏は、自身と同僚のアナリスト、ジェームス・セイファート氏はともに25%程度になると考えていると付け加えた、

“しかし、これは私が寿司ランチをするようなものではない。” “未知数が多すぎる。”

そのウェブサイトによると、グレースケールのビットコイン信託は、推定213億ドル相当の536,694 BTCを保有している。そのため、まだ売りが終わっているとは考えにくい。

とはいえ、BTC価格が下がることは、他のETF発行会社やディップを買おうと待ち構えている投資家にとっては朗報だろう。

買収の可能性

ETF Storeのネイト・ジェラチ社長はこうコメントしている:

「Grayscaleのような企業の戦略的買収は、適切な伝統的なETF発行会社にとって、価格が納得できるものであれば、大いに意味がある。

セイファートは、より大きなプレーヤーが暗号資産運用会社を買収する可能性があるという考えを支持した:

“誰かがGrayscaleを買収することは理論的には可能であり、特に親会社を取り巻く現在の問題を考慮すれば、十分な時間枠をかければ可能性すらある”。

一方、ビットコイン価格は再び4万ドルを失った。本稿執筆時点では0.8%安の39,710ドルだった。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

profile.jpg
Martin Young
マーティン・ヤングは、デジタル資産分野の最新ニュースやトレンドを7年以上取材してきたベテランの暗号通貨ジャーナリスト兼編集者。同氏は、複雑なブロックチェーン、フィンテック、マクロ経済学の概念を主流の聴衆に分かりやすく伝えることに情熱を注いでいる。 BeInCrypto、CoinTelegraph、NewsBTC、FX Empire、Asia Timesなど、金融、テクノロジー、暗号資産に関するトップクラスの出版物で紹介されている。彼の記事は、暗号通貨市場、分散型金融、新興プロジェクト、規制の進展、デジタル資産の現実世界での採用について詳細な分析を提供しています。 暗号資産に加え、マーティンはウェブ開発とサイバーセキュリティの分野で20年以上の経験がある。同氏はその幅広い知識を暗号資産業界の最新の脅威や悪用に関する記事に活かしている。 執筆以外では、同氏が拠点とする東南アジアの僻地への旅行に多くの時間を費やしており、CNNでも写真を発表している熱心な写真家でもある。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー