詳細を見る

Green Bitcoinがサステナビリティと新たな収益メカニズムを組み合わせ、巨額の資金を調達

7 mins

Green Bitcoin(GBTC、グリーン・ビットコイン)の特徴は、BTC(ビットコイン)の価格予測に結びつけた収益化を実現している点です。

また、Green Bitcoinが仮想通貨業界に進出しているもう1つの理由として、非常にエコフレンドリーなプロジェクトであることがあげられます。

数多くの投資家は、積極的にGreen Bitcoinのプレセールに参加しており、そのような傾向から、このプロジェクトが仮想通貨市場に長期的な影響を与える可能性が考えられます。

以下では、正確なBTCの価格予測を通して、ユーザーが収益を上げられるプロジェクトのユニークな側面と、現在行われているGBTCのプレセールについてご説明します。

仮想通貨市場を揺るがすGreen Bitcoin

Green Bitcoinは、最近の仮想通貨市場における主要なトレンドに合わせて、仮想通貨業界における認知度・エコフレンドリーな取り組み・ステーキングへの注力を組み合わせています。

このプロジェクトは、「ゲーム化されたグリーンステーキング」というコンセプトを掲げており、指数関数的な報酬と最大100%のトークンボーナスを提供しています。

Bitcoinと、Ethereum(ETH、イーサリアム)の環境に配慮したブロックチェーン技術を融合させたこのアプローチは、多様な市場参加者の大きな関心を集めています。

プロジェクトのデザイン設計そのものは、シンプルでユーザーフレンドリーなものとなっており、エコフレンドリーな稼働を実現しつつも、ビットコインの値動きと密接に連動した独自のステーキングモデルを導入しています。

ユーザーは、GBTCをステーキングすることでBitcoinの価格予測を行うことができ、指定されたステーキング期間が終了すると、請求することが可能になります。BTC価格の予測チャレンジは毎週行われる予定となっており、ユーザーの継続的な参加を促進しています。

Green Bitcoinは、EthereumのブロックチェーンをベースとするProof-of-Stake(プルーフ・オブ・ステーク)ネットワークを使用しているため、エネルギー使用量はわずか35Wh(ワットアワー)と、BTCやBTC Cashのような他のネットワークよりも、環境への影響という点で大きく優れています。

また、仮想通貨にとってステーキングのAPY(年間利回り)は非常に重要な要素ですが、Green Bitcoinはそのような点でも優れており、現在は389%という高いAPYを提供しています。このような高いAPYは、Green Bitcoinの成長が軌道に乗る高い可能性を示唆しているともいえるでしょう。

このようにGreen Bitcoinのプロジェクトには、ユニークな側面が数多くあり、取引所へのリスティング(上場)時に大きなインパクトを与えるであろうと予想されています。

プレセールの段階であっても、Green Bitcoinは大きな話題となるような戦略が組まれているため、今後数週間から数ヶ月の間は、このような隠れた仮想通貨への早期参入を求める投資家にとって、大きなチャンスをもたらすかもしれません。

Green Bitcoin (GBTC)は参入する価値のあるトークン

トークンのプレセールは、複数のステージが設けられており、現在のトークン価格は0.4246ドルとなっています。

リスティング時には、トークンの価格は0.6ドルになると予想されており、プレセールではすでに64万ドル以上の資金調達に成功しています。

また、プレセールでは、15%のアフィリエイト登録ボーナスの付与も行われています

GBTCのトークノミクスを見てみると、トークン総供給量の40%はプレセールへ、27.5%はステーキング報酬へ、17.5%はマーケティングへ、10%は流動性へ、残りの5%はコミュニティ報酬へ割り当てられています。

Green Bitcoinのチームは、プロジェクトの次のステップとして、プレセールの後にステーキングと価格予測機能の開始と、DEX(分散型取引所)へのリスティング、コミュニティの構築とエコシステムの成長を計画・公表しています。

エコフレンドリーな取り組みやステーキング報酬など、GBTCトークンの魅力的な機能は高く評価されており、トークンのプレセール後の展開については、大きな成長が見込まれています。

したがって、その有望な将来性を考えると、投資家はX(旧Twitter)Telegramチャンネルなどのソーシャルメディアで、プレセールの最新情報をチェックし、早期に参入することが推奨されるでしょう。

まとめ

変動の激しい仮想通貨市場において、Green Bitcoinのようなユニークなプロジェクトは投資家から注目され、中心的な存在になりつつあります。この仮想通貨が、ステークホルダーにどのように利益をもたらし、仮想通貨業界にどのような影響をもたらすのか、注視していきたいところです。

ベスト暗号資産取引所

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。KADOKAWA 雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきました。近年は暗号資産関連の記事も執筆しているほか、SEOスペシャリスト、マーケティング関連業務に従事。 専門分野:SEO、WordPress、マーケティング、編集、翻訳
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー