詳細を見る

ハマス、露の暗号資産取引所を通じて軍資金集めか

8 mins

パレスチナ・ガザ地区を実効支配している親イラン武装政党ハマスが、最近まで暗号資産口座から巨額の軍資金を集めていたことが報道されている。ただし、フェイクニュースの可能性もあり、詳しく見ていく必要がある。

その報道の重要性:暗号通貨が資金の隠匿やマネーロンダリングに利用されやすいという認識は、暗号通貨がいまいち広く浸透しない要因だ。世界の多くの国や経済システムが認めていないのは、こうした不正な資金の流れがあるためだといえる。

もし、ハマスが暗号通貨で資金を集めたことが事実であれば、過去数年間、資金洗浄防止(AML)や、テロ資金供与防止(CFT)のための規制案を出した国際資金洗浄防止機構(FATF)などの国際社会は徒労に終わったということになる。暗号資産が正しくない目的に使われる可能性があるため、より強力な規制が必要となる。

新たに分かったこと:米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)の報道によると、イスラエルと衝突したパレスチナイスラムジハード(PIJ)とハマスは10日、2021年8月から23年6月までの約2年間にわたり暗号通貨で1億34000万ドル(約200億円)を受け取り、内部資金運用にも暗号通貨を利用しているという。WSJはエリップティック(Elliptic)とビットオッケー(BitOK)という暗号通貨リサーチ企業の情報からそれを掴んだという。

WSJは13日、再びエリップティックを引用し、PIJとハマスがロシアの暗号資産取引所ガランテックス(Garantex)を通じて資金を調達したと報じた。

米国政府はPIJとハマスを「テロ組織」に指定し、国際金融システムへのアクセスを遮断している。ガランテックスはロシアのウクライナ侵攻後に米国が制裁を科した取引所。WSJの報道では、ハマスはその制裁を突破したということになる。

透明性の高い暗号通貨:暗号通貨が匿名性と分散性のために資金隠しに利用されやすいという話はよくあることだ。しかし、これには常に反目する議論もある。つまり、パブリックブロックチェーンはすべての取引の記録が残るため、むしろ透明性が高く、マネーロンダリングやテロ資金供与には不利だということも言える。

2019年以降、公然とビットコインの寄付を受けていたハマスは23年4月、「支援者の安全のために」という名目でビットコインの寄付を受け付けないことを宣言していた。米国とイスラエルがハマスの資金の流れを追跡すると、ウォレットアドレスの公開も停止した。

また、当該暗号通貨資金が今回の攻撃のために直接使われたかどうかを特定することは困難だろう。さらに、その資金がすべてPIJとハマスの手中に入ったかどうかも判明していない。

今後予想される論争:WSJの報道以降、米国上院で暗号資産事業者に対する規制強化の必要性が叫ばれている。 「ウォール街の死神」から「クリプトの死神」へと変貌したと揶揄されるエリザベス・ウォーレン上院議員は、暗号資産事業者に対する伝統的な金融機関の融資をより厳しくする法案を提出した。超党派の合意が得られ、法案が可決される可能性が高まる中、米国のWeb3業界は警戒を強めている。

今後の動静:ハマスやPIJのウォレットアドレスが凍結される可能性は高い。23年に入り、イスラエル政府はハマス、PIJ、レバノンの武装組織ヒズボラが所有すると目される暗号資産に関し、バイナンス(Binance)に凍結を求め、没収へと動いていた。また、米国司法省もバイナンスの資金洗浄について調査中だとも報じられている。国際的な規制強化が議論される可能性もあるが、FATFレベルですでに議論が行われており、主要国が戦争に巻き込まれている中で、どれだけの実効性があるかは不透明。

市場への影響:ネガティブな認識が広がり、規制がさらに強化されれば、暗号通貨産業には多くの資金が流入しにくくなります。 当然、価格に悪影響を及ぼすことは避けられないだろう。 資金洗浄の効用に注目して流入するブラックマネーが市場を牽引する可能性もないわけではない。 そうなれば、資金洗浄を阻止するための国際社会のさらなる努力が行われ、産業にはさらに悪影響は不可避ということになる。

主要人物/用語

  • ハマス:ガザ地区を実質的に支配するパレスチナ武装組織で、欧米はハマス全体またはハマスの一部をテロ集団として指定しています。23年7日、近隣のイスラエル国境を越え侵入し、殺害や誘拐を行った。イランから資金、武器などを支援され、イスラエルを追い出すことを目指している。
  • AML/CFT: 資金洗浄防止(Anti-Money Laundering)、テロ資金供与禁止(Counter-Financing Terrorism)などのために、国際資金洗浄防止機構(FATF)は加盟国政府に暗号通貨を扱う事業者が実名確認(KYC)手続きを行うよう要求した。FATFには米国、中国、日本、英国、フランス、ロシア、韓国など37カ国が加盟しているが、未加盟国も多数存在することも事実。
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

ee4ffbfe4ca2723098c3fbac37942fdc.jpg
Oihyun Kim
BeInCryptoの日本および韓国の総括を担当しています。韓国メディアで15年ほど政治部・国際部の記者、北京特派員などとして働き、Coindesk Koreaの編集長を務めました。青瓦台(韓国大統領府)の行政官、戦略コンサルタントとしても勤務しました。技術が変えていく世界に強い関心を持っています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー