詳細を見る

【速報】 HashKey Global、ネイティブトークンHSKを24年第3四半期に上場へ

5 mins

ヘッドライン

  • HashKey Global、ネイティブ・トークンHSKの2024年第3四半期上場を発表。
  • HSK保持者は、特典、取引手数料の割引、議決権を得ることができる。
  • HSKの65%をエコシステムの成長に割り当て、事業拡大を支援する。
  • promo

HashKeyグループ傘下のデジタル資産取引所であるHashKey Globalは18日、同社のネイティブ・トークンであるHSKを2024年第3四半期に上場することを明らかにした。

この上場は、ユーザーに新たなインセンティブとユーティリティを提供することで、同社のエコシステムを強化することを目的としている。

多様な用途でHashKeyエコシステムを強化するHSKトークン

HSKの導入は、ユーザーがHashKeyエコシステム内の多様な機会から恩恵を受けることができる相乗的な環境を作り出すことを目的としている。DeFiやGameFiからAIやメタバースまで、トークンの多用途なデザインは様々なアプリケーションやサービスをサポートする。

EthereumのERC-20標準トークンをベースにしたHSKは、HashKey Chainとして知られるHashKeyのレイヤー2エコシステムチェーンに不可欠なものとなる。HSKは、コミュニティの報酬、トークンの限定先行販売へのアクセス、HashKey Exchangeでの取引手数料の割引、オンチェーンガバナンスへの参加など、ホルダーにいくつかのメリットを提供している。

HSKの効用は取引手数料の割引にとどまらない。HashKey Chainのガス料金支払い、インセンティブ、ガバナンスを担うトークンとして、HSKはオンチェーン活動を促進し、エコシステムの成長をサポートする。さらに、HSKは外部プラットフォームと統合し、より広範なブロックチェーン・コミュニティ内での相互運用性と連携を強化します。

HSKのトークノミクスはエコシステムの成長をサポートするように構成されており、65%がこの目的に、30%がチームに、そして5%が将来の必要性のために確保されている。6月下旬に予定されているエアドロップは、エコシステムの貢献者に報酬を与え、プラットフォームの将来的な成長へのステークを与える。

HSKトークノミクス
HSKトークノミクス 出典:HashKey Global

HashKey Globalは、HSKの包括的なロードマップを概説した。ロードマップは、2023年11月のトークノミクスの更新とミントから始まる。その後のフェーズでは、インセンティブ・プログラムを導入し、トークンのリリースに備えます。

さらに、2024年の第2四半期と第3四半期までに、HashKeyは法務、コンプライアンス、市場準備を完了させます。これらの努力は、トークンの正式上場と早期貢献者へのエアドロップで結実する。

「HSK保有者への流通量増加の影響を緩和するため、HashKeyはHSK関連事業からの純利益の20%をHSKの買い戻しに選択的に割り当て、その後買い戻したHSKトークンを焼却する予定です」とHashKey Globalチームは付け加えた。

HashKey GlobalのHSK上場への戦略的な動きは、デジタル資産業界におけるイノベーションとユーザーのエンゲージメントを促進するというコミットメントを反映している。明確なトークノミクス、明確なロードマップ、明確な有用性を備えたHSKは、HashKeyの広範なエコシステムにおいて極めて重要な要素になる準備が整っています。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー