詳細を見る

香港の暗号資産取引所が”ユニコーン”の地位を獲得した理由

5 mins

ヘッドライン

  • 暗号通貨取引所HashKeyは最近、評価額が12億ドルを超え、ユニコーンの地位を獲得した。
  • HashKeyの最新の資金調達ラウンドは、既存および新規の投資家から約1億ドルを集めた、
  • まだ公には確認されていないが、関係者はOKX VenturesがHashKeyの資金調達ラウンドで役割を果たした可能性を示唆している。
  • promo

最新の資金調達ラウンドの結果、香港を拠点とする暗号通貨取引所Hashdexは、現地の規制当局によって承認されたわずか2つの取引所のうちの1つであり、評価額10億ドルを超える新興企業にのみ与えられるラベルであるユニコーンの地位を主張することになった。

暗号資産ベンチャーキャピタルの資金調達額としては3番目に大きい年であったにもかかわらず、2023年は前年に比べて大幅に減少した。

HashKey、無名の投資家からユニコーンの地位を獲得

最近の報告によると、HashKeyの最新の資金調達ラウンドでは、既存および新規の投資家が約1億ドルを拠出した。しかし、これらの資金の正確な出所は匿名のままである。HashKeyの評価額は12億ドルを突破し、ユニコーンの地位を確保した。

内部関係者は、暗号資産取引所OKXの投資部門であるOKX Venturesがこのラウンドのリードインベスターとして重要な役割を果たしたことを明らかにした。しかし、取引所もHashKey自体もこの情報を公には確認していない。

業界内の暗号資金調達が過去12ヶ月間不安定であった時期に、このような事態が発生した。しかし、2023年8月が転機となったようだ。

BeInCryptoは2023年8月、暗号資産業界におけるベンチャーキャピタルの資金調達額が前月の7月に比べて大幅に急増したことを報告し、市場が好転する可能性を示唆した。

暗号ベンチャー企業の8月の資金調達総額は6億6000万ドルだった。同レポートによると、これは5億5000万ドルだった7月の数字から20%増加した。

ギャラクシー・リサーチは最近のレポートで、2023年は暗号資産ベンチャーキャピタルの資金調達額が3番目に大きい年であることを強調した。しかし、前年の2022年からは大幅に減少した。

Crypto VC Capital Invested & Deal Count by Year. Source: Galaxy Research
暗号ベンチャーキャピタルの年別投資額と案件数。出典ギャラクシー・リサーチ

続きを読む次のブル・ランの前にポートフォリオに必携の7つの暗号通貨

HashKeyは常にユニコーンの地位を追求してきた

HashKeyが近い将来10億ドルの評価額に到達することは、常に念頭にある目標でした。

この開発は、香港が2023年半ばに施行される新しいライセンスルールの下で暗号資産関連企業を規制する計画段階にあったときに浮上した。

一方、同時期にBeInCryptoは、HashKeyが10億ドルの評価額で1億ドルから2億ドルの資金調達の議論の初期段階にあると報じた。

わずか数ヵ月後、HashKeyは香港の顧客にリテール取引を提供する初の暗号資産取引所となったことが発表された。

香港の財務長官ポール・チャンが次のように宣言した。

「今がWeb3に投資する絶好の機会だ。

さらに2023年6月、香港の立法会議員ジョニー・ンは、コインベースや他のグローバルな暗号資産取引事業者に対し、同地域での運営ライセンスを申請するよう促した。

同議員は、これらの企業の申請を支援するために「いかなる支援も提供する」と約束した。

続きを読むコインベースのレビュー2023:初心者に最適なCryptoExchange?

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

a718c721350c73f75104b07dee70528e.png
Ciaran Lyons
オーストラリア、シドニー在住の暗号通貨ジャーナリスト。同氏は特にCBDCの開発や、実際のシナリオにおける暗号通貨の実践的な実装について書くことを楽しんでいる。同氏はまた、チャンネル・テン、チャンネル・ナイン、SBSテレビなど、オーストラリアの主要なテレビ・ネットワークに出演している。暗号通貨の世界に入る前は、全国的なラジオ局Triple Jで司会者として働いていた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー