詳細を見る

香港、「みなしライセンス」暗号資産取引所リストで規制論議

5 mins

ヘッドライン

  • 香港証券先物委員会(SFC)は、認可間近の暗号通貨取引所プラットフォーム11社のリストを明らかにした。
  • SFCのリストは、バイナンスのような主要取引所が申請を取り下げたため、いくつかの未知のプラットフォームで占められている。
  • さらにSFCは、リストに掲載された取引所はまだ正式に認可されていないため、投資家はこれらの取引所に引き続き注意する必要があるとしている。
  • promo

香港証券先物委員会(SFC)は2日、認可間近の暗号通貨交換プラットフォームのリストを発表した。

SFCのウェブサイトによると、Matrixport HK、Accumulus、Crypto.com、Bullishを含む11の申請者が “ライセンスを取得したものとみなされる”。このほか、HKbitEX、PantherTrade、DFX Labs、Bixincom、xWhale、YAX、WhaleFinがリストに名を連ねている。

香港の厳しい要件がトップ取引所を阻む

これらの企業が認可されれば、香港で認可された取引所の数は13となる。現在、2023年6月の新規制施行前にライセンスを取得しているのはOSL ExchangeとHashKeyのみ。

しかし、SFCはこれらの「みなしライセンス」取引所はまだ正式にライセンスを取得していないことを明らかにした。さらにSFCは、これらのプラットフォームで取引する際には、ライセンスを取得できず、香港での業務を停止しなければならない可能性があるため、投資家に慎重になるよう助言した。

過去1年間、香港はデジタル資産のハブになることを目指してきた。しかし、投資家保護とマネー・ロンダリングやテロ資金調達の防止を目的とした香港の厳格な規則は、多くの取引所にとって大きな障壁となっている。報道によると、SFCは取引所ライセンス申請者に対し、中国が暗号資産を禁止しているにもかかわらず、中国本土のユーザーが商品を利用できないようにするよう指示したという。

これらの厳しい要件により、OKX、Gate.io、KuCoin、Binance、HTX(旧Huobi)などの大手取引所は、香港での仮想資産取引プラットフォーム(VATP)ライセンスの申請を取り下げた

関連記事:暗号資産取引所Zengoの特長と登録方法

香港のリスト
香港の「みなしライセンス」取引所リスト|出典:香港SFC

注目すべきは、これらのプラットフォームの撤退により、SFCの申請プロセス処理に厳しい目が向けられていることだ。香港議会議員のデービッド・チウ氏は、香港が金融イノベー ションのハブになれるかどうか、この早い段階で多くの 制限が課せられていることに疑問を呈した。

多くの業界関係者は、新しい許認可制度が “フードトラック事件 “の二の舞になるのではないか、あるいは、政府がバーチャルバンクを推進し、その結果、徒労に終わるのではないかと懸念している。彼らは、当局が同じ過ちを繰り返すのではないかと心配しており、たとえ事業者にライセンスが与えられたとしても、収益モデルを構築するのは難しいだろうと考えている」と邱氏は語ったという。

関連記事:暗号資産規制:メリットとデメリットは?

さらにChiu氏は、新しいライセンス制度が市場の信頼を揺るがすと主張した。同氏は、多くの認可条件が伝統的な金融から借用したものであり、Web3にとっては厳しすぎると指摘した。 これらの課題に対する業界の対応は、この地域における暗号通貨取引所の将来を形作る上で極めて重要である。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー