詳細を見る

dYdXチェーン取引の始め方 ー 初心者向けガイド

15 mins

ヘッドライン

  • dYdXは、永代取引向けの革新的なプラットフォームをユーザーに提供する分散型取引所です
  • 多くの分散型取引プラットフォームと一線を画し、有名な中央集権型取引所と競合しています
  • dYdX Chainは、永久先物取引に興味のある初心者向けの取引が可能です。

取引プラットフォームはユーザーに様々なオプションを提供していますが、分散型永久先物に特化したものはほとんどありません。dYdXはこのニッチ分野で際立っており、DYDXトークン・ホルダーに高い取引速度、低手数料、そして多くの可能性を特徴とする永久取引のための革新的なプラットフォームをユーザーに提供しています。また、初心者トレーダーにも最適で、DeFiの経験を簡素化し、中央集権的な取引所からの移行をシームレスにします。

dYdXの発展は、分散型金融(DeFi)を気軽に探したい人にとって理想的な選択肢となっています。本記事では、初心者がdYdXとその機能をナビゲートし、取引を開始するために必要不可欠な手順を解説します。

dYdXとは?

dYdXとは、分散型永久取引所です。2018年にローンチされ、最先端技術と手頃な手数料で、分散型永久取引の先駆者としての地位を確立しています。このプラットフォームの成長は、Andreessen Horowitz、Paradigm、Polychainなど有名ベンチャーキャピタル企業や投資家によって支えられています。

dYdXは2023年、イーサリアム・ブロックチェーンからdYdXチェーンによるコスモス・エコシステムへの移行を発表しました。この移行はプラットフォームにとって重要な出来事であり、スケーラビリティの向上、完全な分散化、プロトコル手数料の100%ステーカーへの分配、スループットの向上が可能になりました。また、この移行により、dYdXは完全分散型のオーダーブックシステムとマッチングエンジンを実装し、トレーダーにより多くのコントロールと精度を提供することが可能になりました。

dYdX Chainは完全に分散化されているため、ユーザーはPrivyとの統合により様々なウォレットやソーシャルを使用して簡単に参加することができ、Know Your Customer (KYC)チェックを完了する必要はありません。必要なのは資金を入金した暗号ウォレットまたはソーシャルアカウントだけで、数分で取引を開始することができます。

dYdXは、暗号資産の永続的な取引のための主要なプラットフォームとしての地位を確立しています。このプラットフォームの1日の平均取引量は常に10億ドルを超えており、取引環境における重要なプレーヤーとしての地位を再確認しています。多くの分散型取引プラットフォームを凌駕し、著名な中央集権型取引所と競合しており、dYdXが市場で影響力を増していることを示しています。

dYdXでの取引方法

ステップ1:はじめに

dYdXチェーンで取引を始める前に、互換性のある暗号通貨ウォレット、Eメール、ソーシャル(XまたはDiscord)が必要です。ウォレットの設定方法は以下の通りです。

  • ウォレットの選択: 人気のオプションには、MetaMask、Trust Wallet、Ledgerなどがあります。選択したウォレットがdydx.tradeインターフェイスでdYdXと互換性があることを確認してください。Ledgerのようなハードウェアウォレットは、秘密鍵をオフラインに保つことでセキュリティを強化します。

    Privyを使って新しいウォレットをセットアップし、既存のEメールやソーシャルアカウントを使ってログインすることもできます。シードフレーズを覚える必要はなく、好きなログイン方法を選んでAuthorizeをクリックするだけです。
ウォレットの接続 出典:dydx.trade
  • インストールと設定:ウォレットアプリまたはブラウザ拡張機能をダウンロードしてインストールし、プロンプトに従ってアカウントを設定します。リカバリーシードフレーズを安全に保管してください。このフレーズは、ウォレットへの完全なアクセス権を与えるため、決して誰とも共有しないでください。
  • ウォレットに入金: USDCなどの暗号通貨をウォレットに送金します。これは dYdX チェーンでの取引に必要です。選択したウォレットによっては、取引所から暗号通貨を購入するか、別のウォレットから暗号通貨を送金する必要があります。

ステップ2:dYdXへの接続

ウォレットの準備と資金調達が完了したら、いよいよdYdX Chainに接続します。

  • dYdX.tradeにアクセス -:dYdX Chainのフロントエンドユーザーインターフェイス
  • ウォレットまたはSNSで接続: ウォレットの[接続]ボタンをクリックし、ウォレットの種類を選択します。プロンプトに従って接続を完了します。ウォレット拡張機能またはアプリが開いており、対話の準備ができていることを確認してください。
  • 認証: ウォレットのインターフェイスを通して取引を承認するよう求められます。確認する前に必ず詳細を確認してください。このステップでは、接続とトランザクションを理解し、承認することを確認します。

dYdX ChainのiOS版もリリース:dYdX Chainの取引体験をそのままポケットに!

iOS版dYdXのダウンロードはこちら

ステップ3:プラットフォームの探索

接続すると、dYdX Chainのインターフェイスを探索することができます。

  • ダッシュボード:ダッシュボードには、残高、未決済ポジション、取引履歴など、お客様の口座の概要が表示されます。また、このセクションには主要機能へのショートカットもあり、ポートフォリオの管理がより簡単になります。
ポートフォリオのインターフェース 出典:dydx.trade
  • マーケット:Marketsセクションに移動して、利用可能な取引ペア、最近上場した市場、24時間USDC分布、最大の動き、現在の価格と24時間取引量を表示します。また、価格動向を表示することもでき、十分な情報に基づいた意思決定に役立ちます。
マーケットのインターフェース。出典 dydx.trade
  • オーダーブック: dYdX Chainのオーダーブックとマッチングエンジンは完全に分散化されており、最適な取引体験のために構築されています。アクティブな買い注文と売り注文が表示され、市場動向に関するインサイト
    を得ることができます。この情報は、特に指値注文を発注する際の取引戦略の指針となります。
取引のインターフェース。出典 dydx.trade

ステップ4:取引スタート

  • マーケットの選択:dYdX Chainは63以上のペアを提供しており、ポートフォリオを分散させたり、特定の資産に集中させたりすることができます。左上メニューのAll Marketsボタンを使って、選択した市場と利用可能なすべてのペアを切り替えることができます
  • 注文タイプ: 成行注文(現在の価格で即座に約定)または指値注文(指定した価格で約定)など、注文タイプを決定します。指値注文は、取引のエントリーポイントまたはエグジットポイントを正確に指定するのに便利です。詳細な概要の比較表はこちら
  • 取引の詳細を入力: 取引の金額と価格を指定します。ミスを防ぐため、確定する前にこれらの詳細を再確認してください
  • レバレッジの設定: 使用するレバレッジを決定することは、永久取引の重要な側面です。dYdX Chainでは最大20倍のレバレッジ取引が可能です。清算価格は取引に入る前に自動的に計算され、効果的なリスク管理に役立ちます
  • dYdX取引手数料について: 手数料は取引の種類と過去30日間の取引量によって異なります。テイカー注文の手数料は0,025%~0,05%です。一般的に、手数料は中央集中型の取引所よりも低くなっています。取引手数料の最大90%は、お客様のdYdXチェーンアドレスに即座に返金されます。さらに、現在実施中のインセンティブプログラムでは、ガバナンスの対象として、対象となるトレーダーに500万米ドルのDYDXが配布されます
  • レビューと確認:取引を実行する前に、すべての詳細を再確認してください
  • ポジションの管理:ダッシュボードから未決済ポジションを監視し、必要に応じて決済または変更することで管理します。ポジションを把握することで、市場の変化に対応し、投資を保護することができます

ステップ5: dYdX取引報酬とローンチ・インセンティブの活用

dYdXは、取引が成功するたびに、支払った手数料の額に応じてユーザーに報酬を支払います。システムは自動的にブロックごとにトレーダーの口座に直接取引報酬を分配します。各取引の前に、UIにはそのサイズの取引で受け取れる予想報酬額も表示されます。

dYdXチェーンのフライホイール。出典:dYdX

dYdX Chainはまた、現在のdYdXユーザーベースを拡大し、新しいプロトコルに移行するために調整されたローンチ・インセンティブ・プログラムも運営しています。ガバナンス提案では、dYdX Chain Community Treasuryから2,000万ドルのDYDXを確保し、取引やマーケットメイク活動に対する報酬として分配します。プログラムの詳細については、ブログ記事をご覧ください。

ステップ6:情報収集

dYdX Chainでの取引には、常に最新の情報が必要です。

  • コミュニティ:ソーシャルメディア上のdYdXコミュニティに参加したり、フォーラムに参加することで、最新情報や学習機会を得ることができます。コミュニティに参加することで、貴重な見識やサポートを得ることもできます
  • 学習リソース: dYdXアカデミーやその他のDeFiリソースが提供する教材を活用して、トレーディングスキルを向上させましょう。継続的な学習は、戦略を洗練させ、プラットフォームをより効果的に操作するのに役立ちます
  • セキュリティ:二要素認証(2FA)を有効にし、機密情報の共有を避けるなど、常にセキュリティを念頭に置いてください。定期的にセキュリティ設定を見直し、お客様の資産を保護しましょう

永代取引は本質的にリスクが高く、初心者にはお勧めできませんが、dYdX Chainは永代先物取引に興味のある初心者トレーダーにもやさしいプラットフォームです。dYdX Chainのプラットフォームは、高い流動性、幅広い資産への対応、そして高度な技術による低手数料を誇ります。これらの特徴により、dYdX Chainは著名な中央集権型取引所に対する真剣な競争相手となっています。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO