詳細を見る

2026年までに暗号資産とAIで電力消費が急増=IEAが警告

4 mins

ヘッドライン

  • 暗号通貨とAIは現在、世界の電力の2%を消費しているが、IEAはこれがまもなく倍増すると警告している。
  • 成長し続ける暗号通貨産業が、世界的なデータセンターの成長によるエネルギー使用量の急増を牽引している。
  • IEAは、2026年までにエネルギー消費量が倍増し、620~1050TWhに達する可能性があると予測している。
  • promo

国際エネルギー機関(IEA)は26日、暗号通貨と人工知能(AI)が現在、世界の総電力消費量の2%近くを占めていることを明らかにした。この数字は今後数年で倍増する可能性があるという。

暗号資産産業の拡大が世界的なデータセンターの増加につながり、エネルギー消費量の急増に寄与していると説明している。

暗号資産とAIが電力消費を倍増させる見込み

IEAは170ページに及ぶ包括的な報告書の中で、今後数年間における暗号資産とAIによる電力消費の潜在的増加に影響を与える様々な要因について詳述している。IEAは、少なくとも2倍に増加すると確信している:

データセンター、人工知能(AI)、暗号通貨セクターによる電力消費は、2026年までに倍増する可能性がある。

IEAは、これら3つのセクターによる世界のエネルギー消費量は、2026年には620~1050TWhになると予測している。

続きを読む 2024年1月の暗号資産取引に最適なアルトコイン取引所11選

この予測が実現すれば、”少なくともスウェーデン1国、またはドイツの大部分”が加わることになる。

“データセンター、暗号通貨、人工知能(AI)が2022年に世界で消費する電力は約460TWhで、世界の総電力需要のほぼ2%であると推定している。”

Global Electricity Demand From Data Centres, AI, and cryptocurrencies, 2019-2026. Source: IEA
データセンター、AI、暗号通貨による世界の電力需要、2019-2026年。出典IEA

暗号資産マイニングをめぐる最近の論争

暗号通貨のマイニングをめぐる議論は、ここしばらく続いている。

2023年9月、BeInCryptoは、2022年に英国で増加する電力盗難量について報告した。暗号資産マイニングは、なぜこのようなことが起こるのか、最も可能性の高い3つの理由として挙げられていた。

続きを読む 暗号通貨の採掘方法:ステップ・バイ・ステップ・ガイド

しかし2021年、ウェスト・ミッドランズ警察が不正なビットコインマイニングを摘発した。これには、電力供給を回避するために100台以上の接続機器が関与していた。

一方、米大統領候補のロバート・F・ケネディ・ジュニアは、ビットコインのマイニングがエネルギー消費に大きな影響を与えるという考えに異議を唱えた。さらに同氏は、環境保護に関する議論を、「エネルギー消費を抑制するための煙幕」として使うべきではないと述べた、

“取引の自由を抑制するための煙幕”

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

a718c721350c73f75104b07dee70528e.png
Ciaran Lyons
オーストラリア、シドニー在住の暗号通貨ジャーナリスト。同氏は特にCBDCの開発や、実際のシナリオにおける暗号通貨の実践的な実装について書くことを楽しんでいる。同氏はまた、チャンネル・テン、チャンネル・ナイン、SBSテレビなど、オーストラリアの主要なテレビ・ネットワークに出演している。暗号通貨の世界に入る前は、全国的なラジオ局Triple Jで司会者として働いていた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー