詳細を見る

IMFの世界経済回復への期待は暗号資産に何をもたらすか

4 mins
記事 Harsh Notariya

ヘッドライン

  • IMFは2023年の世界GDPを+2.9%と予測した。
  • WEOの報告では、世界の成長率は2023年に底を打ち、2024年に上昇に転じるという。
  • インフレの減少に伴い、専門家は暗号資産の回復を予測している。
  • promo

国際通貨基金(IMF)の最新の世界経済見通し(WEO)によれば、地政学的・マクロ経済的に厳しい状況である2023年、世界経済は回復すると予測している。

IMFは1月、4月、7月、10月に世界経済見通し(WEO)レポートを発表し、世界経済の成長、インフレなどの経済要因に関するさまざまな予測を記載している。最新の報告書によれば、世界の国内総生産(GDP)は2022年に比べて縮小するものの、低成長は23年、底を打つと予測している

IMF、2023年の世界GDPを2.9%と予測

22年10月のWEOレポートで、IMFは世界経済の成長率を2.7%と予測した。しかし、1月の報告書では0.2%引き上げ2.9%とし、世界経済の早期回復への期待を高めている。また、同基金は23年に成長を底上げし、2024年から上昇を加速させると予想している。

出典: Bloomberg

インドと中国は、23年24年も世界の経済成長をリードしていくだろう。一方、IMFは英国に対し、-0.6%縮小と無慈悲な予測をしている。英国のコメンテーターは、この予測は「たいてい間違っている」とし、英国は予想を上回ると考えている

インフレ率の低下で暗号資産は回復するか?

ブルームバーグによると、世界の消費者物価指数(CPI)は22年の8.8%をピークに、23年は6.6%になると予想されている。さらに、22年と比較して84%の国でインフレ率は低下すると予測されている。

米連邦準備制度理事会(FRB)は22年以降、0%から4.5%まで積極的に金利を引き上げてきた。インフレ率の低下に伴い、量的引き締め政策の路線変更を検討する模様。さまざまな専門家がしばしば、連邦準備制度が現在の金融政策から転換すれば、ビットコインや暗号資産市場全体に新たな強気相場が開始されるだろうと予測している。

直近では、投資顧問会社SkyBridge Capitalの創設者であるアンソニー・スカラムーチ氏が、23年がビットコインの回復年になると予測した。同氏は、ビットコインが数年後に5万ドルから10万ドルの間で取引されると考えているようだ。

IMFの予測またはその他のことについて何かご意見はありますか?当サイトにに書き込むか、当社のTelegramチャンネルで議論に参加してください。また、TikTokFacebookTwitterもフォローをお願いします。

BeInCryptoの最新のビットコイン(BTC)分析については、こちら

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー