詳細を見る

バイナンス、金融情報機関への罰金支払い後もインドでの事業継続へ

5 mins

ヘッドライン

  • バイナンス、金融商品取引法の罰金支払い後もインドでの事業継続を決定。
  • BinanceとKuCoinがインドのAML法に準拠。
  • BinanceとKuCoinが規制遵守でリード
  • promo

世界最大の暗号資産取引所であるバイナンスは、インドの金融情報機関(FIU-IND)に罰金を支払うことに合意し、事業を継続する構えであると報じられている。

この決定は、インドの規制に対する国際的な取引所の広範なコンプライアンス推進の重要な部分である。

BinanceはKuCoinと共にインドの暗号資産取引所となる。

BinanceとKuCoinは、FIU-INDに登録した最初のオフショア暗号資産となり、マイルストーンを達成した。この一歩は、インド当局が厳格なマネーロンダリング防止法(AML)の遵守を要求するセクターにおいて、実に重要である。

登録の必要性は、2023年12月にFIU-INDが9つのオフショア暗号資産取引所に対して排除措置命令を出した困難な時期の後に生じた。この中にはBinanceのような業界リーダーも含まれていた。

続きを読むインドにおける暗号資産規制の現状

アップルがApp Storeから非準拠のプラットフォームを削除し、IT省がそれらのウェブサイトをブロックしたことで、ユーザーはFIUに登録されたインドの取引所に資産を移すよう促された。 これらの通達は、取引所が2002年のマネーロンダリング防止法(PMLA)を遵守せずに運営されていることに起因している。

最終的に、41,000ドルの罰金を解決した後に業務を再開したKuCoinに続き、Binanceも同様の動きを見せるかもしれない。

「Binanceは登録されているが、コンプライアンス手続きは完了していない。なぜなら、ペナルティの額は私が決定しなければならず、その審理はまだ続いているからだ」とFIU-INDの責任者であるVivek Aggarwal氏は述べた

インドの暗号資産取引所CoinDCXの共同設立者であるSumit Gupta氏は、BinanceとKuCoinのインド市場への参入を歓迎した。BeInCryptoとのインタビューで、グプタ氏はこの進展について熱意を示した。

「FIUに準拠した暗号資産エコシステムは、すべての利害関係者に利益をもたらすだけでなく、悪質な行為者から身を守ることにもなります。これらの進展は、暗号資産がマネーロンダリング防止法(PMLA)のような規制に従って運営されることを保証するための重要な進展であり、よりコンプライアントなエコシステムの基礎を築くものです」とグプタ氏はBeInCryptoに語った。

CoinSwitchの事業責任者であるBalaji Srihari氏も、このような感想を述べている。

「BinanceやKuCoinのような世界的な主要取引所が模範を示し、FIU基準を遵守していることは称賛に値する。これらの規範は、取引を監視する体系的なアプローチを確立し、疑わしい活動を報告するための指定されたチャネルを提供します」とスリハリ氏はBeInCryptoに語った。

バイナンスが完全なコンプライアンスに向かうにつれ、その顧客はおそらく金銭的な義務を負うことになるだろう。これには1%の源泉徴収(TDS)が含まれる。2022年に導入された暗号資産取引に対する1%のTDSは、透明性を高めることを目的としている。

続きを読む暗号資産規制:メリットとデメリットは?

さらに、トレーダーは利益に対して30%のキャピタルゲイン課税に直面し、これは暗号資産コミュニティ内で論争となっている。しかし、これらの規制措置は、インド政府が暗号資産市場を規制するための広範な取り組みの一環である。その目的は、投資家の利益を守りつつ、世界標準に合わせることだ。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー