詳細を見る

インジェクティブ(INJ)、トークノミクス改革で前代未聞のデフレを目指す

4 mins

ヘッドライン

  • Injectiveコミュニティがトークンのデフレを強化するINJ 3.0を承認。
  • INJ 3.0はインフレ率を改定し、ステーキングとネットワークセキュリティの強化を目指す。
  • INJは強気の反転を示し、重要なブレイクアウトで45%急騰する可能性がある。
  • promo

Injectiveコミュニティは24日、そのトークノミクスの変更を承認し、Injective 3.0システムを開始した。

同変更により、INJのミントの仕組みが変更され、「暗号資産で最もデフレに強い資産の1つ」となるよう設計された機能が導入される。これらの変更は、今後2年間でINJのデフレ圧力を4倍にすることを目的としている。

インジェクティブ(INJ)は45%急騰できるか?

INJはコスモスベースのレイヤー1ブロックチェーンのネイティブトークンで、非営利のInjective Foundationによって管理されている。4月19日に発表されたINJ 3.0提案の最近の支持は、2つの主要な調整に基づいている。

第一に、INJのインフレの上限と下限をそれぞれ4%と7%に設定することである。これらの上限は段階的に実施され、2026年第2四半期に再評価される。

関連記事:トークンエコノミーとは?|暗号資産(仮想通貨)との関係と活用事例

さらに、今回のアップデートでは、インフレ率の変更パラメータが0.1から0.5に大幅に引き上げられた。その結果、INJのインフレ率はステーキング活動により反応するようになり、ネットワークセキュリティとユーザーエンゲージメントが強化される。

Injective財団のジェナ・ピーターソンCEOは、これらのアップデートの戦略的重要性について述べた。

より広範なInjectiveコミュニティによるガバナンスを通じて承認されたこれらの重要なアップデートにより、INJ 3.0は、INJがビットコインの健全な貨幣特性をも凌駕することを目指している。

また、Injective Labsのエリック・チェンCEOは、99.99%の承認率に言及し、この提案に対するコミュニティの圧倒的な承認を強調した。

取引面では、INJは1ヶ月で史上最高値から50%以上下落した。しかし、現在の市場動向は強気の反転を示している。テクニカル分析によると、INJは強気シグナルであるカップ・アンド・ハンドルのチャート・パターンを形成している。

このパターンは、INJが29.85ドルの重要なレジスタンスレベルを超えることができれば、ブレイクアウトする可能性を示唆している。これを達成すると、価格は約41.47ドルまで上昇する可能性があり、45%以上の上昇を反映している。

インジェクティブ (INJ) の価格パフォーマンス
Injective (INJ) の価格パフォーマンス|出典:トレーディングビュー

暗号資産アナリストのNihilus氏は、「重要なレベルを反転した場合、巨大なパンプに備える必要がある」と述べた

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー