詳細を見る

インターネットコンピュータ(ICP)の分析:着実な成長が続く

9 mins

ヘッドライン

  • ICPは200日EMAと100日EMAの間で値固めされており、中期的なレジスタンスとして一目均衡表の雲のベースラインと相互作用している。
  • ICPネットワーク上のインターネット・アイデンティティ数の増加は、ICPのサービスとアプリケーションの採用と利用の増加を示している。
  • 電力消費量の安定的かつ漸減傾向は、ESGを重視する投資家にとって魅力的な特徴である。
  • promo

ブロックチェーン技術が進化する中、インターネット・コンピュータ(ICP)は、ユーザー導入の目覚ましい伸びとエネルギー効率の目覚ましい進歩を示し、手ごわいプレーヤーとして際立っている。

市場力学が変化するにつれ、ICPの大きな利益の可能性が明らかになる。

インターネットコンピュータ (ICP) テクニカル・アドバンス

ICPの日々の値動きを分析すると、価格はまだ目に見えるレンジ内で固まっていることがわかる。

ICPは、200日EMAをサポートとし、100日EMAをレジスタンスとする取引を続けている。このレンジの中で、価格は中期的なレジスタンスとなる一目均衡表の赤いベースラインとも相互作用している。

ICP価格分析。ソーストレーディングビュー
ICP価格分析|トレーディングビュー

価格がこのベースラインを上抜けた場合、次のターゲットとして100日EMAに到達する可能性がある。100日EMAを上抜けた場合、価格は一目均衡表の雲に突入する可能性が高い。一目均衡表は、アルゴリズム・トレーダーが取引を行う際に頻繁に使用する重要なテクニカル構造です。

雲に入ることは、下降三角形パターンの終わりを告げる可能性があります。価格が一目均衡表を抜けると、ブルランが発生する可能性がある。

ICPのパブリックブロックチェーンとユーザー採用の増加

ICPはパブリック・ブロックチェーン・ネットワークを構築し、誰でもソフトウェアをデプロイしてデータを保存できるため、これらのサービスをグーグルやアマゾンのような特定の企業に依存する必要がなくなる。

スマートコントラクトと呼ばれるプログラムはICPネットワーク上で実行され、他のブロックチェーンと同様にタスクや契約を自動化する。多くの投資家は、ユーザーによってコントロールされる分散型インターネットというアイデアに魅力を感じており、ICPはインターネットの使い方に革命を起こす可能性がある。

インターネット・コンピュータ(ICP)におけるインターネット・アイデンティティは、従来のアドレスではなく、認証と認可に使用される暗号化されたアイデンティティである。これらのIDにより、ユーザーはインターネット・コンピュータ・ネットワーク上のアプリケーションと安全にやりとりすることができる。

下のグラフは、インターネット・アイデンティティ数の着実な増加傾向を示しており、インターネッ ト・コンピュータ・プラットフォームの採用が増加していることを示している。より多くのユーザが ID を作成しており、より多くの人々が ICP 上のサービスやアプリケーションを使用していることを示している。

インターネット ID 数は、観測期間中に着実に増加している。1日あたりの平均増加率は約2,500 IDで、6日間の全体的な増加率は約0.60%である。

ICPインターネットアイデンティティ。出典:TradingViewインターネットコンピュータ
ICPインターネット・アイデンティティ出典インターネット・コンピュータ

安定性と効率性:ICPの電力消費傾向の分析

インターネットコンピュータネットワークの電力消費グラフは、電力使用量をキロワット(kW)単位で示しており、現在の消費量は381.409kWである。このグラフから、電力使用量に変動があることがわかる。

全体的な電力消費量は、わずかな変動はあるものの、かなり安定しており、比較的安定した運用需要があることを示している。

観測期間の終盤にかけて消費電力が顕著に徐々に減少していることから、ネットワーク活動の減少またはエネルギー効率の改善が示唆される。

このような安定した徐々に減少する電力消費の傾向は、環境・社会・ガバナンス(ESG)基準や持続可能な投資を重視する投資家にとって魅力的な特徴を示している。

ICPの消費電力。出典:インターネットコンピュータ
ICPの消費電力。出典インターネット・コンピュータ

キャニスター分析高度なスマート・コントラクト

キャニスターはインターネットコンピュータ(ICP)エコシステムの基本的な構成要素である。キャニスターは他のブロックチェー ン・プラットフォームにおけるスマート・コントラクトに相当するが、その機能はより高度である。

キャニスターはデータを保存し、トランザクションを処理し、コードを実行することができ、状態(データ)と動作(機能)の両方をカプセル化した自律的なソフトウェア・ユニットとして機能します。

続きを読むインターネットコンピューター(ICP)価格予測 2023/2025/2030

キャニスター数。出典:インターネットコンピュータ
キャニスター数出典インターネット・コンピュータ

このチャートは、キャニスター数が一貫して増加していることを示しており、5月下旬の507,000から現在約510,000まで増加している。この増加は、ICPネットワーク上でのdAppsとスマートコントラクトの採用と展開の拡大を反映している。

戦略的提言

インターネットID数の増加は、ICPのサービスとアプリケーションの採用と利用の拡大を示唆している。

電力消費量の安定した漸減傾向は、ESGを重視する投資家にとって好ましい。

値動きを注意深く監視する。ICPが100日EMAを上抜けし、一目均衡表に入ったら強気スタンスを検討する。そ れ ま で は 、価 格 が 連 結 レ ン ジ 内 で 推 移 し て い る た め 、中 立 を 維 持 し よ う 。

200日EMAを下抜けした場合、弱気に転じる可能性がある。

ビットコインが10万ドルから15万ドルまたはそれ以上のサイクル高値に到達し、暗号資産強気相場が持続する場合、ICPは大きな上昇モメンタムを経験する可能性が高く、50ドルから60ドルの範囲に達する可能性がある。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

20190327_171355-1.jpg
Adam Mourad
23歳のアダムは、Web3の分野でフルタイムのオンチェーン・アナリストであり、パートタイムのトレーダーである。同氏はオンチェーンデータレポートサービスである0nchainedの創設者兼CEOである。アダムはCryptoQuantでキャリアをスタートさせ、同氏は現在もアナリストとして働いている。過去1年間で、同氏は30以上の指標を開発し、120以上の分析を執筆した。彼の情熱は、データと分析、暗号通貨、スーパーカー、特に赤いフェラーリと黄色のポルシェGT3である。 彼の専門的な業績は、Grayscaleをはじめとする有名クライアントのレポートで紹介されている。アダムは、急速に進化するこの分野の最新動向を常に把握していることを誇りとしている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー