詳細を見る

インターネットコンピュータ(ICP)がロードマップを発表、ブロックチェーンとAIの相互運用性に賭ける

8 mins
更新 Lynn Wang

ヘッドライン

  • インターネットコンピュータ、ブロックチェーンとAIの相互運用性に焦点を当てたロードマップを発表、多くの改善を約束。
  • 主な分野には、コンピューティング・プラットフォーム、プライバシー、チェーン・フュージョン、分散型AI、開発者エクスペリエンスなどがあり、いずれも理想的なツールを備えている。
  • イノベーションが提示されたにもかかわらず、Internet Computer (ICP)のトークン価値は12.02ドルと変わらず、明確な弱気トレンドにある。
  • promo

インターネットコンピュータ(ICP)はロードマップを発表し、ブロックチェーン上で人工知能(AI)を実行するというコミットメントを維持することを明らかにした。ロードマップの中でICPは、世界は “変わった “が、その目標は “変わらない “と認めた。

チームは、人類のサービスや業務が再発明され、構築されるブロックチェーンの独自性を実現することを目指していると説明した。これを達成するために、チームは改善と “絶え間ない進歩 “に同時に取り組んでいく。

インターネット・コンピュータがロードマップを提示

インターネットコンピュータ・ブロックチェーンの親会社であるDFINITY財団は、この更新されたロードマップについての考えを表明した。

“唯一の第三世代ブロックチェーンであるICPの4年目ロードマップと主要マイルストーンを発表。ワールドコンピュータは、すべてのサービスとオペレーションをオンチェーン化する準備が整っています」とDFINITYは説明した。

ロードマップでは、コンピューティング・プラットフォーム、プライバシー、チェーン・フュージョン、分散型AI、開発者体験の向上といった新たな重点分野が設定された。さらに、プラットフォームの分散化、アイデンティティ、ガバナンス、トークノミクス、デジタル資産の改善にも注力する。

続きを読む初心者のためのインターネット・コンピュータ(ICP)コイン解説

コンピューティング・プラットフォームとしてのICPへのアプローチは、トカマクとステララトスという2つのマイルストーンの達成を目指している。1つ目は、「優れた」ユーザー体験を提供するために待ち時間を短縮すること。一方、2つ目は1テラバイト(TB)を超える新しいストレージレイヤーで大量のデータを扱うことに焦点を当てる。

さらに、分散型AIは2つの分野に取り組む:サイクロトロンとジャイロトロンだ。最初の分野では、スマートコントラクトにおけるより大きなモデルのパフォーマンスを向上させるために連鎖推論が使用される。2つ目の分野では、AIはチェーンモデルとスマート・コントラクトを訓練するために使用される。

第3の目的は、ビットコインとイーサリアムの相互運用性のためのチェーンの融合であり、3つのマイルストーンが含まれる:トリチウム、重水素、ヘリウムである。

トリチウムは、ICPがETHおよびイーサリアム仮想マシン(EVM)のスマートコントラクトと相互作用できるようにする。Deuteriumは、ビットコインの運用をサポートするチェーン融合を目指す。一方、HeliumはSolanaをICPに近づける。

プライバシー・チャレンジでは、スマートコントラクトを使ってDAppsを実装する。これを達成するために、DFINITYは、そのNiobiumプログラムが、検証可能に暗号化されたしきい値キーソリューションを通じて、ICPのDApps間のセキュリティを提供すると詳述した。

この分散化のマイルストーンは2つの側面に焦点を当てる。1つ目はSolenoidで、ICP境界ノードの操作を分散化する。2つ目のLevitronは、AMD SEV-SNP(AMDプロセッサによる安全な暗号化ディスプレイ)と呼ばれる信頼された実行環境を使用する。

インターネット・コンピュータ・チームは大幅な変化を約束する

アイデンティティ・アプローチは、プライバシーを保護し、自律的で、パスワードベースの認証ソリューションによって使いやすくなる。このために同氏が設計したSeparatrixは、検証可能なクレデンシャルとID属性を導入する。

デジタル資産の分野では、インターネット・コンピュータはICPをウォレットやマルチチェーン・ソリューションを構築するための魅力的なプラットフォームにしようとしている。そのためには、2つのマイルストーンに頼ることになる:ToroidalとPoloidalである。前者はスマート・コントラクト・ウォレットであるOisyに、後者は包括的なデジタル資産フレームワークであるOrbitに焦点を当てる。

ガバナンスモデルとして、ICPはプロトコルを管理するNNS DAOと、個々のDAppsを管理するDAOを作成するツールボックスとして機能するSNSの2つのガバナンスシステムを使用する。ここには、ICPの “リキッド・デモクラシー “の分散化を進めるためのマイルストーンであるPlasmaも含まれる。

最後に、Internet Computerは、品質を維持する包括的なプロトコルを開発することで、開発者のエクスペリエンスを向上させることに取り組む。そのためには、強力なレジストリ・インフラストラクチャを通じて開発者プロジェクトのライフサイクルを大幅に改善するBerylliumに頼ることになる。

続きを読むインターネットコンピュータ(ICP)価格予測 2023/2025/2030

ICPの価格パフォーマンス。
ICPの価格パフォーマンス。ソースBeInCrypto

市場はInternet Computerの新しいロードマップにポジティブな反応を示さず、ICPトークンは12.02ドルと、15週間前に到達したのと同じレベルにとどまっている。しかし、ロードマップは有望であり、長期的な利益をもたらすと思われる。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー