詳細を見る

カルダノ・ネイティブウォレット「Lace」がリリース|IOG

3 mins

カルダノの開発元であるInput-Output Global(IOG)は11日、カルダノネットワーク向けの初のネイティブウォレット「Lace1.0」のメインネットをリリースした。

「Lace1.0」は、ブラウザベースのウォレット。「Lace1.0」では、カルダノNFT、カルダノネイティブトークン(ADA)など、カルダノデジタル資産の送受信が可能。ユーザーはカルダノネットワークに直接アクセスし、カルダノベースの分散型アプリケーションを利用することができる。さらに、ウォレットから直接ADAをステーキングして、ネットワークのセキュリティに貢献することで、参加報酬を受け取ることも可能だ。

「Lace1.0」では、独自の「バンドルトランザクション」機能により、1回のトランザクションと1回分の手数料で複数の資産を異なるアドレスに送信可能。加えて、ハードウェアウォレットの統合によりセキュリティを強化した。「DAppコネクター」(ウォレット内から直接サービスに接続できる機能)を使ってNFTマーケットプレイス、分散型アプリケーション(DApps)、および分散型金融(DeFi)サービスにシームレスな接続ができる。

今後Laceチームは、ウォレット内のスワップ、ステーキングなどを強化する予定。現在はDAppストア、デスクトップアプリ、およびデジタルアイデンティティソリューション(ユーザーが自身のデジタルアイデンティティを管理を可能にするための機能)の開発に取り組んでいる。なお現在、同ウォレットはChromeウェブストアでのみ拡張機能の入手が可能だ。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー