詳細を見る

カルダノ(ADA)保有者、利益を受けているのは35%のみ=買いの機会か

5 mins

ヘッドライン

  • 現在、カルダノ保有者のうち、利益を上げているのはわずか35%である。
  • ADA保有者の61.3%が「資金不足」であり、過小評価を示唆している。
  • 比較データによると、ADAの収益性はBTC、TRX、DOGE、ETHよりも低い。
  • promo

IntoTheBlockが25日、報じた分析によると、カルダノ(ADA)保有者のうち、現在投資から利益を得ているのはわずか35%であり、他の主要暗号通貨とは対照的であることが明らかになった。

投資家心理と市場環境の移り変わりは、暗号通貨市場に常に影響を与えている。

カルダノ(ADA)は買いのチャンスか?

比較データによると、ビットコイン(BTC)保有者の86%以上、トロン(TRX)投資家の85%以上が利益を享受している。Dogecoin(DOGE)Ethereum(ETH)よりも低いパーセンテージで、それぞれ83%と81%のホルダーが「イン・ザ・マネー」となっている。

「イン・ザ・マネー」とは、資産の購入価格が現在の市場価値を下回り、保有者に利益をもたらす状況を指す。逆に、「アウト・オブ・ザ・マネー」とは、購入価格が現在の価格よりも高く、含み損が発生していることを意味する。

関連記事:カルダノ(ADA)を購入できる国内取引所一覧と購入方法

カルダノ・グローバル・イン/アウト・オブ・ザ・マネー
カルダノ・グローバルのイン/アウト・オブ・ザ・マネー|IntoTheBlock

カルダノの収益性の高いウォレットの割合の低さは、市場アナリストや投資家の間で眉をひそめている。さらに、61.3%もの保有者が資金不足に陥っていることから、ADAは過小評価されている可能性があると分析されている。

これは損失覚悟で売却することに消極的であることを示しており、市場での利用可能な供給が減少している。

歴史的に、カルダノの価格は2021年後半にピークを迎え、ADA保有者の92%以上が資金を保有しているときに反転し始めた。この高い割合はしばしば利益確定につながり、投資家がキャッシュアウトすることで価格が下落する可能性がある。

しかし、ほとんどの保有者が利益を出していない現在のシナリオは、市場のダイナミズムを変える可能性がある。

逆に、長期間にわたって利益を得られていない投資家も、継続的な損失を恐れて興味を失ったり、保有額を増やすことをためらったりするかもしれない。カルダノの価格が損益分岐点に近づけば、こうした保有者の多くがキャッシュアウトするかもしれない。

例えば、0.59ドルから0.72ドルの間では、36万7,000以上のウォレットアドレスによって67億8,000万ADAが購入された。この価格帯では、ホルダーが初期投資を回収しようとする動きが活発化する可能性がある。

「ADAは保有者の35%しか利益を得ておらず、際立っている。しかし、これはチャンスなのでしょうか、それとも警告のサインなのでしょうか?とIntoTheBlockはフォロワーに問いかけている。

利益を得ている保有者の割合の低さを、ADAの過小評価と成長の可能性の表れと見る人もいる。対照的に、カルダノの将来の価格上昇に対する自信のなさを示す赤旗と見る人もいるかもしれない。

「ADAが再び上昇することはあるのだろうか?」と、IntoTheBlockアンバサダーのフェリックス氏は言う

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー