詳細を見る

【PR】 日本で柴犬コインがクジラ買い|カルダノとエバーロッジも急騰か

6 mins

暗号市場の混乱が続いている中、柴犬コイン(Shiba Inu)、カルダノ(Cardano)、エバーロッジ(Everlodgeが大きな動きを見せている。クジラ(大口投資家)はSHIBの保有量を増やし続けている。一方、カルダノとエバーロッジは、今後数週間で大きな値上がりが期待できそうだ。

価格下落にもかかわらず、柴犬コインを積み続けるクジラたち

この8週間、柴犬コイン(SHIB)が市場で苦戦している。8月の高値0.00001090ドルから、柴犬の価格は0.000006800ドルまで下落した。この価格下落にもかかわらず、クジラたちはSHIBトークンを積み上げ続けている。
IntoTheBlockのデータによると、クジラによるShiba Inuの取引は350%以上増加している。記録されたSHIBクジラの取引は10万ドル以上となっている。専門家によれば、この急増は、投資家が潜在的な上昇を信じていることを意味する。
しかし、ラリーのためには、SHIB価格は0.00000700ドルと0.00000800ドルの主要な抵抗レベルを克服する必要がある。これらのレベルを上回れば、SHIBは0.0000100ドルまで上昇する可能性がある。

カルダノが大幅上昇の可能性

最近、強気の動きが目立っているもう1つの暗号はカルダノ(ADA)だ。長期的な弱気トレンドライン下にあるにもかかわらず、アナリストはADA価格が上昇すると考えている。強気予想の理由の1つは、カルダノネットワークの活動が活発化している点。
カルダノは現在、最も活発に開発されているブロックチェーンにランクされている。さらに、最近のテクニカルデータによると、ADAは2018年と2020年の大暴騰に先行するパターンを形成している。これらのパターンを強調し、暗号通貨市場アナリストのアリ・マルティネス氏はADAの価格暴騰を予測している。
マルティネス氏によると、カルダノの価格は次の上昇で2,448%上昇する可能性があるという。そうなれば、ADAは2025年までに史上最高値の6ドルを形成する可能性がある。ただし、この規模の上昇には、より広範な暗号市場が強気相場に入っている必要がある。

不動産がエバーロッジの上昇を後押し

柴犬コインやカルダノと同様、投資家はエバーロッジに対して非常に強気である。投資家がエバーロッジに関心を示した理由は、そのユニークな提案によるものだ。エバーロッジは、あらゆる所得レベルの人々が不動産やタイムシェア投資に参加できるようにすることを目的とした新しいプロジェクト。
このマーケットプレイスは不動産資産をリストアップするが、それをデジタル化してNFTとして販売する。ただし、これらのNFTは分数化されるため、投資家は家全体を購入することなく、高級資産の一部を購入することができる。エバーロッジは、わずか100ドルから始めることができ、希望する物件の株をいくつでも購入することができるのが特徴。
これらの不動産から発生する収益は、所有する部分に応じて、NFT保有者に分配されます。Everlodgeは、ポートフォリオを多様化し、パッシブ収入を得るための優れたアプローチで、Everlodgeエコシステムの主要トークンはELDGだ。


Everlodgeトークンの保有者は、マーケットプレイスに掲載されている割引や無料のバケーション特典を受けることができる。Everlodgeは現在、1トークンあたり0.02ドルで販売される第4次プレセール段階にある。その独特の提案により、暗号資産アナリストはELDGが今後数カ月で35倍の上昇率を予測している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー