詳細を見る

KDDI、HashPortグループとWeb3での協業検討に向け基本合意を締結

3 mins
更新 Shota Oba

大手通信会社KDDIは25日、HashPortグループとWeb3領域における協業に向け、検討する旨の基本合意書を締結した。

両社はこの提携を通じ、KDDIの5G通信やAR・MR技術を活用した都市体験、Web3サービスの知識と、HashPortグループが蓄積したWeb3事業に関する豊富なノウハウを統合。ブロックチェーン技術の日本社会への実装加速、新規ユーザー体験の創出、そしてクリエイターエコノミーの更なる発展と拡大を目指す。

両社は以下の内容での協業に関する協議を行うことに合意した。

  • HashPortグループが提供するX to Earnプロダクト等のサービス群に関する協業
  • KDDIが提供する「αU market」におけるPalette Chain※対応とHashPortグループによる「αU market」へのNFT提供
  • KDDIが提供する「αU wallet」におけるPalette Chain対応とHashPortグループ提供サービスの「αU wallet」対応
  • 両社によるSBTをはじめとするトークン技術を活用した新規事業の共同検討
  • 両社による新たなユーザー体験を創出するWeb3コンテンツの共同検討
  • KDDIのPalette Chainコンセンサスノードへの参加検討

2018年からブロックチェーン領域に取り組むHashPortグループは、ソウルバウンドトークン(譲渡不可のNFT)やWeb3ウォレット基盤の提供などを行うHashPortと、NFT領域の子会社HashPaletteが協力してWeb3の社会実装を推進している。

一方、クリエイターエコノミーの創出を目指すKDDIは、3月7日に誰もがクリエイターになれる世界へ向けたメタバース・Web3サービス「αU」を開始。

同サービスでは、メタバース・ライブ配信・バーチャルショッピングなど、現実と仮想を行き来する新世代のニーズに対応し、メタバースでのエンターテイメントや友人との会話が可能な「αU metaverse」、360度視点の音楽ライブを楽しむ「αU live」、デジタルアート作品の購入が可能な「αU market」、暗号資産管理の「αU wallet」、実店舗と連携したバーチャル店舗でのショッピングが可能な「αU place」を提供する。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー