詳細を見る

コナミ、「PROJECT ZIRCON」のNFT無料配布キャンペーンを開始

4 mins

ヘッドライン

  • コナミデジタルエンタテインメントは9日、同社初のWeb3プロジェクト「PROJECT ZIRCON」の国旗NFTの無料配布キャンペーンを開始した
  • NFTの配布は、当社独自のNFTマーケットプレイス「リセラ」のシステムを利用し、本作の公式サイトで行われる
  • 同NFTは、4つの架空国家の国旗がデザインされており、公式サイトに会員登録することで4種類のうち1種類をランダム入手・取引が可能となる
  • promo

コナミデジタルエンタテインメントは9日、同社初のWeb3プロジェクト「PROJECT ZIRCON」の国旗NFTの無料配布キャンペーンを開始した。NFTの配布は、当社独自のNFTマーケットプレイス「リセラ」のシステムを利用し、本作の公式サイトで行われる。

同NFTは、4つの架空国家の国旗がデザインされており、公式サイトに会員登録することで4種類のうち1種類をランダム入手・取引が可能となる。31日までに、NFT保有するユーザーは国旗NFT2つごとに特典NFTが1つが提供される。

同社は23年10月、千葉・幕張メッセで開幕した東京ゲームショウ2023において、「PROJECT ZIRCON」を発表「PROJECT ZIRCON」は、ユーザーがキャラクターのNFTを保有し、名前やプロフィール、能力を設定することで架空の世界創造に参加できるプロジェクト。ゲーム化やアニメ、小説などのメディア展開も予定されており、コミュニティは現在も活発なアイデア交換が行われている。

コミュニティ運営はWeb3マーケティング企業シンセカイテクノロジーズが担当。コナミは、コミュニティ構築と運営のワンストップサービス「MURA」を展開し、NFTマーケットプレイス「リセラ」の運用も行っている。コナミはこのNFT配布を通じて「PROJECT ZIRCON」の更なる活性化を図る計画だ。リセラは、ゲーム内アイテムやキャラクターのNFTが日本円で取引できるNFT取引所。

ファンマーケティング×Web3の可能性を探るコナミ

コナミは23年11月、Web3スタートアップのGaudiyと提携し、音楽創作をテーマとしたWeb3クリエイターエコノミープラットフォーム「Qto(キュウト)」を共同開発中であると明かしていた。Web3事業部長の金友氏はBeInCryptoがメディアパートナーを務めた23年12月開催のグローバルオンラインカンファレンス「Web3 Tokyo」でファンマーケティングにおいて飛躍的な変化に貢献するとしながらも、Web3への橋渡しとなるWeb2.5となるようなサービスの展開が重要になるとした。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー