詳細を見る

Layer Zero、シリーズBラウンドで1.2億ドルを調達

4 mins

ブロックチェーン・インフラプロバイダーLayer Zero Labsは4日、シリーズBラウンド(スタートアップ企業に対するシリーズAラウンドの続きとなる投資ラウンド)で1.2億ドル(約158億円)を調達した。なお、今回のシリーズBラウンドを経て、同社の評価額は30億ドル(約3,950億円)となった。

今回の調達により、2022年3月の1.35億ドルのラウンドから評価額が3倍に。業界への投資が減速したベアマーケットの中で、異例9桁額の資金調達となった。さらに資金調達には、a16Z、セコイア・キャピタル、サムスン・ネクスト、BOND、サークル・ベンチャーズ、オープンシー・ベンチャーズなどを含む、合計33の企業が参加。調達した資金は雇用の拡大、アジア太平洋地域での企業の存在感の向上、ゲーム領域の事業を強化などを目的に活用される予定だ。

LayerZeroのプラットフォームは、ローンチから1年で急成長。総ロック額(TVL)は70億ドルを超え、取引総額も60億ドルを超えている。

本件を受け、LayerZero Labs共同創設者ライアン・ザリックCTOは「一つのチェーンに固執する時代は終わった。今後はオムニチェーンアプリケーションの時代なのだ。LayerZeroは、インターネットのように、それぞれのブロックチェーンの開発者やユーザー・コミュニティを繋ぐ統一されたエコシステムを構築することで、ブロックチェーンに革新をもたらすだろう」と語った。

オムニチェーンとは、複数のブロックチェーン間で相互運用可能なアプリケーションを開発および実行する概念。中間者なしで異なるブロックチェーン間のやり取りをシームレスに行うことが可能。

Layer Zeroとは

カナダのブリティッシュコロンビア州バンクーバーを拠点とするLayerZeroは、分散型アプリケーション開発者に向けて相互運用性とクロスチェーン・メッセージ・インフラを提供。複数のブロックチェーン間でのやり取りを中間者なしでの実現を目指す。Layer Zeroが実装されることで複雑なアプリケーションの構築が可能となり、チェーン間でのシームレスなやり取りが実現される。LayerZeroは、分散型金融(DeFi)のPancakeSwapSushiSwapTraderJoeUniswapをはじめとする多くのオンチェーンアプリケーションで対応している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー