詳細を見る

レイヤーゼロCEO:エアドロップの対象となるアドレスはごくわずか

5 mins

ヘッドライン

  • LayerZeroのエアドロップは真正ユーザーを優先、CEOはアドレスの6.67%〜13.33%のみが対象となる可能性を明かす。
  • LayerZeroのCEOも公平性を重視している。同氏は、従業員が今度のエアドロップに参加することを禁止している。
  • シビル行為に対抗するため、LayerZeroは自己申告に猶予期間を与え、未報告のアカウントにはペナルティを科す。
  • promo

LayerZeroのCEOであるブライアン・ペレグリーノは、エアドロップへの期待が高まる中、新たな情報を共有した。Telegramのグループディスカッションで、同氏は驚くべき詳細を明らかにした。

ペレグリーノの発見は、厳格なフィルターを示している。エアドロップの狙いは、本当にアクティブなユーザーにリーチすることだ。

参加から保護へ:LayerZeroのエアドロップ資格戦略

ペレグリーノは、LayerZeroにリンクされたアドレスの半数近くが1回しか取引していないことを発見した。同氏は、600万のアドレスのうち、本当にネットワークに参加しているのは40万から80万に過ぎないと推定した。これは、全アドレスの約6.67%から13.33%が適格であることを意味する。

ペレグリーノは、参加資格基準の設定に加えて、内部的な公平性の重要性を強調した。同氏は5月7日、LayerZero Labsの従業員はエアドロップに参加できないことを発表した。

続きを読むLayerZeroの説明:相互運用性プロトコルの手引き

同氏は、「これは解雇の対象となり、以前から社内でアナウンスされており、常にそうであった」と書いている。

さらに、LayerZeroを運営するLayerZero Labsは、エアドロップに先立ち、シビルファーマーと戦うための措置を講じている。5月4日、LayerZero Labsは、シビル活動に関与している人々に対して、自己申告の猶予期間を設けることを発表した。

14日間の猶予期間内に名乗り出た者は、意図した配分の15%を維持することができる。同社はまた、エアドロップの公平性と安全性を高めるため、未申告のシビルユーザーを特定し、ペナルティを科す予定である。

BeInCryptoは以前、LayerZero Labsが今後の暗号資産エアドロップに関連するスナップショットの完了を発表したと報じた。このイベントは2024年5月1日午後11時59分59秒(UTC)にキャプチャされた。しかし、LayerZeroはスナップショットに関する詳細をまだ発表していない。

LayerZeroの戦略的アプローチは、公平で繁栄するエコシステムを育成するという使命をサポートしている。これらの措置を実施することで、同社はエアドロップがネットワークに純粋に関与している人々だけに利益をもたらすことを保証する。

LayerZeroは相互運用性プロトコルである。開発者は、モジュール化されたセキュリティ・パラメータを持つクロスチェーン・アプリケーションを構築することができる。

続きを読むクロスチェーンDAppsの立ち上げ方:相互運用性ガイド

同社はまた、シリーズBラウンドで1億2000万ドルを調達し、多額の資金を確保した。これにより評価額は30億ドルに増加した。

a16z Crypto、Circle Ventures、Sequoia Capitalといった大手投資家がLayerZeroを支援している。その背景を考えると、暗号資産コミュニティがこのプロジェクトのエアドロップを待ち望んでいるのはもっともなことだ。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー