詳細を見る

BinanceがLayerZero (ZRO)の上場準備を進める中、暗号資産コミュニティが評価額を推測

5 mins

ヘッドライン

  • BinanceがLayerZero (ZRO)を上場し、暗号資産愛好家の間で憶測を呼んでいる。
  • 取引は本日12:00(UTC)に開始され、複数の取引ペアが利用可能です。
  • トークン配布に様々な反応がある中、ZROの市場価値論争が高まる。
  • promo

BinanceはLayerZero (ZRO)の上場予定を発表し、暗号資産ファンの間で広範な憶測を呼んでいる。本日12:00(UTC)より、BinanceはZRO/BTC、ZRO/USDT、ZRO/FDUSD、ZRO/TRYを含む複数のペアを通じてZROの取引を可能にする。

さらに、ユーザーは取引に備えてZROを入金できるようになります。なお、出金は6月21日の同時刻に開始される予定です。

ZROの完全希薄化後の評価額はどうなるのか?

イーサリアム(ETH)、BNBチェーン、オプティミズム(OP)、アービトラム(ARB)、ベース、ポリゴン(MATIC)、アバランチ(AVAX)など複数のブロックチェーン上で動作するLayerZeroのZROトークンは、ブロックチェーン技術の相互運用性を目指す高まるトレンドの重要なプレーヤーとして浮上している。

しかし、バイナンスはLayerZeroトークンに「シードタグ」を適用した。この指定は、通常よりも高いボラティリティと潜在的なリスクを指摘し、より確立された暗号通貨と大きく区別するものである。

続きを読むLayerZeroの説明:相互運用性プロトコルのガイド

それにもかかわらず、LayerZeroはZROトークンの請求を本日11:00 UTCから開始すると発表した。LayerZeroは、10億トークンの固定供給で、公平な分配を達成するための課題を示している。このプロセスは、プロトコルの最も安定したユーザーに報いることを目的としている。

分配を “完璧にする “ことの主な問題は、期待と現実のギャップにあり、しばしば参加者の不満につながる」とLayerZeroは述べた。

公平な待遇を保証する意図があったとはいえ、その実行には様々な反応があった。DarkCryptoLord」として知られるトレーダーのように、コミュニティの一部は不満を表明した。同氏はユーザーの上位0.13%にいたにもかかわらず、わずか39.28ZROトークンを受け取っただけだった。

「80ドルのエアドロップのために3,000ドルもガソリン代に使ったなんて」とXユーザーは発言した。

このような議論の中で、暗号資産トレーダーのアクセル・ビットブレイズは、ZROの潜在的な評価について詳細な洞察を示した。Bitblaze氏は、最近の類似トークンのローンチと比較しながら、ZROの完全希薄化評価額(FDV)の推定方法について説明した。

Axel Bitblazeは、80億ドルの評価額で2億8200万ドルを調達したStarknet (STRK)は、280億ドル、つまり最初の評価額の3.5倍のFDVでローンチしたと指摘した。同様に、ワームホール(W)は、25億ドルの評価額で2億2500万ドルを調達した後、評価額の6.8倍にあたる170億ドルのFDVでデビューした。

続きを読む2024年に予定されているベスト・エアドロップ

これらの倍率を適用し、LayerZeroが30億ドルの評価額で2億6300万ドルを調達したことを考慮すると、BitblazeはZROのFDVを予測した。

“市場環境の悪さを考えると、ZROの評価額30億ドルの少なくとも2~3倍を期待するのが妥当だと思う。つまり、60億ドルから90億ドルのFDVということです

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー