詳細を見る

分散型アプリケーション(DApps)とは?特徴や活用事例を解説

14 mins

分散型アプリケーションとは、ブロックチェーンなどの分散型コンピューティングの仕組みを利用して実行されるアプリケーションの総称です。従来のアプリケーションとは違い、データの改ざんや不正アクセスを防ぐことができ、安全性やセキュリティ性の高さで注目を集めています。

そこで今回は、分散型アプリケーションについての基本的な情報や特徴、活用事例について詳しく解説します。分散型アプリケーションに興味のある方や次世代のWebシステムについて知りたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

分散型アプリケーション(DApps)とは?

Apple

分散型アプリケーション(DApps)とは、ブロックチェーン技術を活用した新しい形のアプリケーションを指します。従来のアプリケーションとは異なり、分散型のネットワーク上で動作し、ユーザー同士が直接的に取引や情報共有を行える点が特徴です。中央管理者がいないため、信頼性の高い環境でアプリケーションが運営されます。

実際にさまざまな分野で活用されており、とくに分散型金融(DeFi)領域では、個人が中央集権的な金融機関を通さずに利用できる金融サービスが生まれたりと、新たな可能性が広がっています。

分散型アプリケーション(DApps)の特徴

分散型アプリケーションの特徴について解説します。

  • スマートコントラクトによって動作する
  • セキュリティ性が高い
  • 透明性が高い

分散型アプリケーションの特徴①:スマートコントラクトによって動作する

分散型アプリケーションは、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムによって動作します。スマートコントラクトは、契約条件を自動的に実行するプログラムであり、ブロックチェーン上で動作するため、中央集権的な管理者を必要とせず、自律的に動作することができます。スマートコントラクトを使い、分散的に動いている点がこれまでのアプリと異なる点です。

分散型アプリケーションの特徴②:セキュリティ性がある

分散型アプリケーションは、ブロックチェーン技術を利用しているため、セキュリティ性が高いと言われています。ブロックチェーンは、分散型のデータベースであり、改ざんが困難なため、改ざんや不正アクセスが起こりにくいとされており、その結果、信頼性も高いと言えるでしょう。

分散型アプリケーションの特徴③:透明性が高い

分散型アプリケーションは、オープンソースで開発されることが多く、そのコードやロジックが全て公開されています。その結果、ユーザーは分散型アプリケーションの仕組みや仕様を確認したり、改善したりすることができる点が特徴です。また、ブロックチェーン上で行われる取引や契約などの履歴が全て記録されており、誰でも参照することができるため、従来の中央集権的なアプリケーションとは異なり、透明性が高いと言えます。

分散型アプリケーション(DApps)の注意点

Wrapped Ethereum

分散型アプリケーションの注意点について解説します。

  • セキュリティリスク
  • スケーラビリティとトランザクション費用
  • 法的リスク

分散型アプリケーションの注意点①:セキュリティリスク

分散型アプリケーションは、ブロックチェーン技術によってセキュリティを向上させていますが、スマートコントラクトには脆弱性が存在します。スマートコントラクトのコードバグによって資産が盗まれたり、契約が正常に動作しないリスクがあるため、使用する際には、セキュリティ対策に関する情報を追うなどして、対策を徹底する必要があります。

分散型アプリケーションの注意点②:スケーラビリティとトランザクション費用

分散型アプリケーションは、従来のアプリケーションよりもスケーラビリティが向上していますが、まだ完全ではありません。利用ユーザー数が増え、ブロックチェーンのネットワークが集中すると、トランザクション処理に遅延が発生し、費用(ガス料金)も増加する可能性があります。コスト面にもまだ課題が残るため、注意が必要です。

分散型アプリケーションの注意点③:法的リスク

分散型アプリケーションは、中央集権的な管理者が存在しないため、法的な問題への注意も必要です。個人情報の取り扱い、スマートコントラクトの規制など、国や地域によって異なる法律に準拠する必要があり、その流れも非常に早いため、情報収集も必要不可欠です。従来のアプリケーションとは異なるため、まだまだ法的リスクがあることを意識しておきましょう。

分散型アプリケーション(DApps)の3つの活用事例

分散型アプリケーションの活用事例について解説します。

  • DeFi(分散型金融)
  • ブロックチェーンゲーム
  • DAO(分散型自律組織)

分散型アプリケーションの事例①:DeFi(分散型金融)

DeFiは、分散型金融サービスを提供するDAppsの一つです。DEX(分散型取引所)やレンディングプラットフォームなどが開発されており、中央集権的な金融機関を介さずにユーザー同士で取引が行われます。DeFiの特徴は、低い手数料、高い透明性、迅速な取引処理などです。また、借貸や保険などの金融サービスも分散型アプリケーションを活用して提供されています。

分散型アプリケーションの事例②:NFTゲーム

分散型アプリケーションは、ブロックチェーン技術を利用したゲームアプリの開発にも活用されています。NFTゲームとは、ゲーム内のキャラクターやアイテムなどをブロックチェーン上で管理するゲームです。ゲーム内の資産をNFT(非代替性トークン)として管理し、これにより、ゲーム内の資産に希少性や価値を持たせることができました。

NFTゲームについては「NFTゲームの特徴や将来性について解説」で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

分散型アプリケーションの事例③:DAO(分散型自律組織)

DAOも分散型アプリケーションを使った仕組みです。ブロックチェーン技術を利用して、参加者全員がプロジェクトの運営に参加し、透明性と民主性を実現することができる運営組織として注目を集めています。DAOは、組織の運営や資金の管理、プロジェクトの開発など、今後もさまざまな分野で活用されていくことが期待されています。

なお、日本国内のDAOについては「国内の主要DAO5選(分散型自立組織)を解説」で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

分散型アプリケーション(DApps)のよくある質問

Q1:分散型アプリケーションを利用するためには、どのような暗号通貨が必要ですか?

Q2:分散型アプリケーションの中でも、特に注目されているカテゴリーは何ですか?

Q3:分散型アプリケーションはどのようにして開発されるのですか?

まとめ:分散型アプリケーションは「Web3.0」において重要な役割を担う技術

本記事では、分散型アプリケーション(DApps)の特徴や活用事例について解説しました。分散型アプリケーションは、ブロックチェーンやスマートコントラクトを利用して、非中央集権型のアプリケーションを実現する技術です。セキュリティが高く不正行為に強いため、次世代のWebシステム「Web3.0」において重要な役割を担う可能性が高いとされており、今後も金融やゲームなどの幅広い分野でサービスを展開させていくことが予想されます。ぜひ分散型アプリケーションの将来性に注目しておきましょう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー