詳細を見る

分散型IDの特徴やメリット・デメリットを解説

11 mins

ヘッドライン

  • 分散型IDとは、従来の中央集権的なIDとは異なり、ブロックチェーンなどの技術を用いて利用するID
  • 分散型IDには「プライバシーの保護 」「セキュリティの強化」といったメリットがある
  • 金融サービスや行政サービスといったあらゆる分野への活用が期待されている

分散型IDとは、ブロックチェーン技術を利用して、個人や組織のデジタルアイデンティティを管理する仕組みです。分散型IDはセキュリティ面でも優れており、改ざんが困難であるため、デジタル化の1つとして注目を集めています。

そこで本記事では、分散型IDの特徴やメリット・デメリットについて解説します。分散型IDに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

分散型IDとは?

分散型ID(DID)とは、従来の中央集権的なID管理とは異なり、ブロックチェーンなどの技術を用いて個人が自身のIDを自分自身でコントロールし、必要な情報だけを必要な範囲で共有することができるIDの仕組みです。

従来のIDシステムでは、情報は企業や組織が管理し、個人はその中央管理者から割り当てられたIDを利用していました。しかし、分散型IDでは、中央管理者ではなく分散型台帳技術を活用して、自身がID情報を管理することを可能にしています。

分散型IDの特徴は、以下のとおりです。

  • 自己主権性:個人が自身のID情報をコントロールすることができる
  • 透明性:ID情報の改ざんや不正アクセスが難しいため、透明性が高い
  • 相互運用性:異なるブロックチェーンやシステム間でID情報を共有することができる

分散型IDのメリット

分散型IDのメリットについて解説します。

  • プライバシーの保護
  • セキュリティの強化
  • ユーザーエクスペリエンスの向上

分散型IDのメリット①:プライバシーの保護

分散型IDは、個人が自分のアイデンティティを管理するため、プライバシー保護に優れています。従来の中央集権的なアイデンティティ管理システムでは、個人情報が集中管理されるため、プライバシーが懸念されていました。

しかし、分散型IDでは、個人が自分の情報を暗号化して管理するため、第三者へのデータ漏洩リスクが大幅に低減します。

分散型IDのメリット②:セキュリティの強化

分散型IDは、分散台帳技術を基盤とするため、高いセキュリティレベルを持ちます。分散台帳は、改ざんが困難であり、ネットワーク全体でデータの整合性が確認されます。分散型IDが一度確立されると、不正なアクセスや改ざんを防ぎ、データの安全性が確保されます。

分散型IDのメリット③:ユーザーエクスペリエンスの向上

ユーザーは自身の分散型IDを持つことで、オンラインサービスへの簡便なアクセスや取引を行えます。また、1つの分散型IDをさまざまなサービスで再利用することが可能で、複数の企業やサービスで共有することができるため、手間や時間を省くことができ、シームレスなオンライン体験を実現できる点もメリットです。

分散型IDのデメリット

分散型IDのデメリットについても解説します。

  • セキュリティ管理リスク
  • 普及の遅れ

分散型IDのデメリット①:セキュリティ管理リスク

分散型IDでは、自分の秘密鍵を安全に管理する必要がありるため、もし秘密鍵を紛失したり盗まれたりした場合、自分のIDを利用できなくなったり、悪用されたりするリスクがあります。

ブロックチェーン自体はセキュリティが高いとされていますが、分散型IDの実装や使用方法によっては、個人情報や資産が攻撃者によって盗まれるリスクがあるので、注意が必要です。

分散型IDのデメリット②:普及の遅れ

分散型IDの普及が進んでいないことが大きなデメリットです。従来の中央集権的なアイデンティティ管理システムに比べて新しい技術であるため、普及には時間がかかっています。

普及が進まないことにより、利用者が限られ、ネットワーク効果が発揮されず、また規制の整備などの課題を抱えているため、これらの課題が解決されるまでは、普及が進まない可能性があるといえるでしょう。

分散型IDの活用事例

分散型IDは、すでにさまざまな分野で活用されています。ここでは、その中からいくつかの実例を紹介します。

デジタル学生証

慶應義塾大学では、分散型IDを活用したデジタル学生証の試用実験を行っています。デジタル証明書をスマホと連携し、在籍証明や単位証明、オンライン授業の本人確認などを完結できる仕組みを導入しています。

海外旅行の円滑化

The Known Travellerというプロジェクトでは、海外旅行で必要なビザ申請や入出国審査、セキュリティ検査などの負担を分散型IDで軽減しています。

ブロックチェーン技術によって不法入国者の取り締まりを強化できるのもメリットであり、海外旅行を円滑化することにより、旅行者・空港職員の両者にとって理想的な仕組みとなっています。

そのほかにも

  • 金融サービス
  • 行政サービス
  • 医療サービス

などといった分野で活用が期待されており、分散型IDの活用事例は、今後も増えていくと考えられます。

分散型IDに関するよくある質問

Q1:分散型IDを使用すると、個人情報のセキュリティは本当に向上するのでしょうか?

Q2:分散型IDは普及が進んでいるのでしょうか?

まとめ:将来的に分散型IDは、まざまなサービスで採用されることが期待される

Decentralized Exchange

本記事では、分散型IDの特徴、メリット、デメリットについて詳しく解説しました。分散型IDは、従来の中央集権的なアイデンティティ管理から分散台帳技術を活用し、個人が自身のアイデンティティを管理する新たな仕組みです。ユーザーが自分自身のデータをコントロールできるため、プライバシーが強化され、セキュリティリスクが低減するといったメリットがあります。

将来的には、分散型IDがデジタルアイデンティティ管理の主流となり、さまざまなサービスやプラットフォームで広く採用されることが期待されます。分散型IDの今後の普及に注目です。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー