詳細を見る

国内注目のLINE NFTとは?メリットや将来性を解説

10 mins

NFTは、2021年頃から世界的に注目を集めており、日本でも多くの企業がNFT事業に参入しています。LINEもその1つで、2022年4月にNFTマーケットプレイス「LINE NFT」をリリースしました。

LINE NFTとは、2022年4月にリリースされたLINEグループが提供するNFT総合マーケットプレイスです。LINEスタンプや絵文字のNFT、LINE公式アカウントの限定NFTなど、様々なNFTが販売されています。

そこで本記事では、今注目を集めているLINE NFTのメリットや将来性について解説します。LINE NFTに興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

LINE NFTとは?

LINE NFTとは、2022年4月にリリースされたLINEグループが提供するNFT総合マーケットプレイスで、LINE上でオリジナルのNFT作品を取引したり保有したりすることができます。LINE NFTは誰でも簡単にNFTにアクセスできる環境を提供し、Web3.0への入口をユーザーに届けていくことを目指します。LINE上で構築されていることから、使いやすく、国内のNFT市場が加速されていくと期待が集まっています。

LINE NFTが注目されている理由

LINE NFTが注目されている理由を解説します。

  • LINEのユーザー基盤の大きさ
  • 日本円でNFTを購入できる
  • LINEの他サービスとの連携

LINE NFTの特徴①:LINEのユーザー基盤の大きさ

LINEは、日本をはじめとするアジア諸国を中心に広く普及しており、世界で8億人以上のユーザーを抱える、世界最大規模のメッセージングアプリでもあります。この巨大なユーザーベースを活用して、NFTの普及を大きく加速させる可能性があり、国内NFT市場内で注目が集まっています。

LINE NFTの特徴②:日本円でNFTを購入できる

NFTは、一般的に、暗号通貨を利用して購入する必要がありますが、LINE NFTでは、日本円でNFTを購入できるので、暗号通貨を所有していないユーザーでもNFTを購入することができます。また、LINEのプラットフォーム上で提供されているため、ユーザーはLINEアカウントがあれば簡単にNFTを購入することができ、購入のハードルが大きく下がっている点が特徴です。

LINE NFTの特徴③:LINEの他サービスとの連携

LINE NFTは、LINEの他サービスとの連携が可能で、LINEスタンプなどで使用できるNFT、プロフィール画像へのNFT設定も可能になる予定です。また、友達機能を使えば、簡単にNFTを送ることもでき、LINEだからこそ実現できるサービスが数多くあります。

LINE NFTのデメリット

LINE NFTのデメリットは、こちらです。

  • プラットフォームの依存性がある
  • 他のマーケットで二次販売できない
  • 自由にNFTの発行ができない

LINE NFTのデメリット①:プラットフォームの依存性

LINE NFTはLINEのプラットフォーム上で提供されるため、LINEのサービス停止や変更によって利用が制限される可能性があります。プライベートブロックチェーンを使用しているため、中央集権的な構造になりやすく、利用者にとって制約となる場合があり、Open Seaなどのパブリックブロックチェーンを使用したサービスとの最大の違いになっています。

LINE NFTのデメリット②:他のマーケットで2次販売できない

LINE NFTは、LINE独自のブロックチェーンを使用しているため、他のパブリックチェーンと互換性がありません。そのため、LINE NFTで購入したNFTをOpenSeaやRaribleなどの他のマーケットで売買することはできず、メタマスクなどのウォレットにも送ることもできません。

LINE NFTのデメリット③:自由にNFT発行ができない

認定されたプロジェクトやクリエイターでなければ、NFTの発行ができない点も、デメリットです。LINE NFTでは、個人が自分の作品コンテンツをNFT化して販売することは現状できず、一定のハードルが設けられています。

LINE NFTとコラボしている代表的ラインナップ

  • CNPシリーズのNFT

「CNP Toys」というフィギュアのようにデザイン・生成されたCNPシリーズの公式コレクションが、LINE NFT上で販売されました。初回販売では、「リーリー」、「ミタマ」、「オロチ」の3キャラクターが販売され、即売り切れとなっています。

  • よしもと芸人のNFT

お笑い芸人やタレントが自ら撮影した写真や動画のNFTで、よしもと芸人が参加しており、購入者には、オンラインでのトークイベントやサイン入りグッズなどの特典が付与されます。

  • ももいろクローバーZのNFT

人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のメンバーが撮影した写真や動画をNFT化したものです。オリジナルグッズやメンバーとのオンライン交流特典などが付与されます。

LINE NFTのよくある質問

Q1:LINE NFTで購入したNFTはどこに保管されますか?

Q2:LINE NFTのセキュリティはどうなっていますか?

Q3:LINE NFTで取得したNFTは他のプラットフォームでも利用できますか?

まとめ:LINE NFTは、国内NFT市場の拡大に貢献する可能性がある

本記事では、国内で注目を集めているLINE NFTについて詳しく解説しました。注目度が高まっている理由は、LINEが日本国内で圧倒的なユーザー数を持ち、NFTの普及に貢献する可能性があるためです。

LINEの強力なプラットフォームと、NFTの組み合わせにより、NFT市場が形成される可能性があり、今後に大きな期待が集まっています。LINE NFTは、プラットフォーム上で、気軽にNFTを購入できるため、気になるNFTがぜひあれば購入してみてください。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー