詳細を見る

Pancake Swap(パンケーキスワップ)とは?特徴や注意点を解説

12 mins

Pancake Swap(パンケーキスワップ)とは、Binance Smart Chain(BSC)上で構築された分散型取引所です。

2020年9月にローンチされてから急速に成長し、現在では世界最大規模の取引所の1つとなっています。

そこで本記事では、Pancake Swapの特徴や注意点について解説します。Pancake Swapに興味のある方、DeFi分野に興味のある方は、ぜひ最後までご覧ください。

Pancake Swap(パンケーキスワップ)とは?

Pancake Swap(パンケーキスワップ)とは、Binance Smart Chain(BSC)上で構築された分散型取引所(DEX)で、2020年9月にリリースされました。

2023年7月時点での取引量は約6億ドルとなっており、全体のDEX市場の約20%を占め、BSC上では最大のDEXとなっています。

Pancake Swap(パンケーキスワップ)の特徴3つ

Pancake Swapの特徴3つについて詳しく解説していきます。

  • ユーザーフレンドリーなインターフェイス
  • 低い取引手数料と高速なトランザクション
  • ネオティブトークン「CAKE」を発行している

Pancake Swapの特徴①:ユーザーフレンドリーなインターフェイス

Pancake Swapのインターフェイスは非常に使いやすく、初心者でも簡単に操作することができます。画面上部には取引したいトークンの検索バーがあり、検索バーにトークン名を入力することですぐにトークンを見つけることができます。また、モバイルフレンドリーなデザインでもあるため、スマートフォンからの操作も可能になっています。

Pancake Swapの特徴②:低い取引手数料と高速なトランザクション

Pancake Swapの取引手数料はBSC上で構築されているため、非常に低く設定されています。BSCはイーサリアム(ETH)よりも手数料が安いブロックチェーンであるため、ETHのDEXに比べて取引手数料が安くなる場合は多いです。

また、高速なトランザクションを実現しており、取引が数秒で完了する特徴もあります。

Pancake Swapの特徴③:ネオティブトークン「CAKE」を発行している

Pancake Swapは独自のネイティブトークン「CAKE」を発行しています。CAKEトークンはPancake Swapの取引手数料や流動性提供報酬として獲得することができ、またガバナンス運営の参加券としても使用することができます。

さらに、トランザクションの際にCAKEを使用すると、取引手数料が割引されるなどのインセンティブを受けることができる点が特徴です。

Pancake Swap(パンケーキスワップ)でできること

Pancake Swapで出来ること3つについて解説します。

  • トークンのスワップ
  • 流動性ファーミング
  • ステーキング

Pancake Swapでできること①:トークンのスワップ

Pancake Swapの基本的な機能で、BSC上で発行されたトークンや他のチェーンからラップされたトークンなど、さまざまなトークンを相互に交換することができます。スワップは自動的にスマートコントラクトによって処理され、Binance Smart Chain上でトランザクションが実行されます。

Pancake Swapでできること②:流動性ファーミング

流動性ファーミングは、流動性プールに資金を提供し、その報酬としてCAKEトークンを得ることができる機能です。ユーザーは特定のトークンペア(例:BNB/USDT)の流動性プールにトークンを供給し、プール内のトークンを所有することになります。流動性プールに供給されたトークンは、他のトレーダーのスワップ取引に使用されることで、プールの流動性が確保され、その対価として報酬を受け取ることができます。

流動性ファーミングには「インパーマネントロス」と呼ばれるリスクがあります。詳しくは「分散型金融(DeFi)の注意すべきリスク5つと対処法」にて解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

Pancake Swapで出来ること③:ステーキング

Pancake SwapではCAKEトークンをステーキングすることで、CAKEトークンを獲得することができます。ステーキングとはCAKEトークンをPancake Swapに預けることで、CAKEトークンを報酬として受け取ることができる機能です。

CAKEトークンをシロッププールと呼ばれるコントラクトに預け、SP(Syrup Provider)トークンと呼ばれる証明書を受け取ることで収入を得られます。またトランザクション時にCAKEを使用すると、取引手数料が割引されるインセンティブがあります。

Pancake Swap(パンケーキスワップ)の注意点

Pancake Swapの注意点について解説します。

  • 価格変動リスクがある
  • ハッキングリスクがある
  • スリッページと流動性リスク

Pancake Swapの注意点①:価格変動リスクがある

暗号通貨市場は非常にボラリティリティが高く、価格が急激に変動することがあります。特にPancake Swapのようなプラットフォームでは、流動性が高まることで価格変動がより大きくなる可能性があり、また取引手数料が低いことから、小額取引が頻繁に行われる傾向があります。これによって取引量が増え、価格変動がより加速する可能性もあるため、十分に注意して取引を行いましょう。

Pancake Swapの注意点②:ハッキングリスクがある

Pancake Swapは、ブロックチェーン技術を用いて分散型に運営されているサービスです。中央集権的な管理者が存在しないため、Pancake Swap自体やBNBチェーンに不具合や脆弱性が発見されると、ハッカーによって攻撃される可能性や、ウォレット内の資産が盗まれるリスクがあります。

Pancake Swapの注意点③:スリッページと流動性リスク

Pancake Swapなどの分散型取引所では、取引規模が大きい場合や流動性の少ないトークンを取引する場合、スリッページという現象が発生する可能性があります。スリッページとは、注文の執行価格が期待していた価格よりも不利になることを指します。トレード前にスリッページを考慮することで、リスクを最小限に抑えましょう。

Pancake Swap(パンケーキスワップ)よくある質問

Q1:Pancake SwapのCAKEトークンは、どのような役割を持っていますか?

Q2:Pancake Swapでステーキングやファーミングをすると、どのくらいの収益が得られますか?

Q3:Pancake SwapでCAKEトークンを稼には、どんな方法がありますか?

まとめ:Pancake Swap(パンケーキスワップ)やDeFi市場の成長に期待

この記事ではPancake Swapの特徴や注意点を解説しました。Pancake Swapは、Binance Smart Chain上で動作し、高速かつ低コストな取引を可能にするDEXです。

CAKEというネイティブトークンを使い、ステーキングやファーミングなどで収益を得ることも可能です。しかし、流動性の低さやセキュリティの問題などもあるため、利用する際にはリスクを把握して利用するようにしましょう。

DeFi市場は今後も成長していくことが予想されます。BSC上最大のDEXであるPancake Swapの動向にも注目が集まります。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー