詳細を見る

柴犬コインの「シバリウム」とは?特徴や将来性を解説

11 mins

近年、大きな注目を集めている「柴犬コイン」。この柴犬コインが新たにリリースを予定しているブロックチェーンプラットフォーム、「シバリウム」に大きな期待が集まっています。

そこで本記事では、シバリウムの特徴や今後の見通しについて解説します。柴犬コインに投資をしている人、シバリウムに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

柴犬コインの「シバリウム」とは?

シバリウムとは、柴犬コインのエコシステムを拡張するための新しいブロックチェーンプラットフォームです。柴犬コインの取引速度やセキュリティを向上させる目的で開発されました。

シバリウムによって、柴犬コインの、DeFi(分散型金融)NFT(非代替性トークン)分野での活用が期待されます。2022年から開発が開始され、現在、テストネットが公開されており、2023年8月にメインネットがローンチされました。

シバリウムの特徴

シバリウムの特徴を解説します。

  • 柴犬コインのエコシステムにおける中核的な役割を果たす
  • 柴犬コインを手数料として使う
  • PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用する

シバリウムの特徴①:柴犬コインのエコシステムにおける中核的な役割を果たす

シバリウムは、柴犬コインのエコシステムにおける中核的な役割を果たしています。シバリウム上では、SHIB以外にもLEASHBONEといった関連トークンが発行され、これらのトークンは、SHIBA SWAPというDEX(分散型取引所)やSHIBA NFTというNFTマーケットプレイスで利用ができます。シバリウムは、柴犬コインにさらなる付加価値が追加され、DeFi(分散型金融)やNFT分野での活用が期待されている点が特徴です。

シバリウムの特徴②:柴犬コインを手数料として使う

シバリウム上のトランザクションは、柴犬コインを手数料として使うため、イーサリアムの高騰するガス代を回避できるメリットがあります。柴犬コインは、イーサリアムの創始者ビタリック・ブテリン氏が寄付目的で大量のSHIBを売却したことで一躍注目を集めましたが、その後も価格が安定しており、多くのユーザーに支持されています。シバリウムは、柴犬コインの需要を高めるとともに、その流動性を高める役割も果たしています。

シバリウムの特徴③:PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用する

シバリウムは、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)という合意形式を採用しています。PoSとは、トークンをネットワークにステーキングすることで、ノードを運営し、新しいブロックを作成してエコシステムに貢献する仕組みです。POSは、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)よりもエネルギー効率が高いという特徴があり、シバリウムのエコシステムも持続可能な合意形式を採用しました。

シバリウムに関する注意点

Shiba Inu

シバリウムに関する注意点について解説します。

  • セキュリティ対策を徹底する
  • 投資額のリスク管理をおこなう

シバリウムの注意点①:セキュリティ対策を徹底する

シバリウムを使用する際には、まず、自身のウォレットのセキュリティを確保する必要があります。二要素認証の設定、パスワードの強度、冷蔵ウォレットの利用など、基本的なセキュリティ対策を怠らないようにしましょう。

また、フィッシング詐欺などをさけるために、公式な情報以外のソースからのソフトウェアのダウンロードや、公式リンクのクリックは避けることが大切です。

シバリウムの注意点②:投資額のリスク管理をおこなう

暗号通貨の投資は高いリスクを伴います。価格の変動が激しいため、投資する金額は失っても大丈夫な余剰資金で投資しましょう。シバリウムや柴犬コインへの投資前に、自身の資産状況やリスク許容度をしっかりと評価し、価格の変動に一喜一憂せず、中長期的な視点を持つことが大切です。

シバリウムの今後の見通しについて

柴犬コインは、シバリウムのリリースによって、ミームコインの代表銘柄としての地位が確立される可能性があり、より多くの投資家から注目を集め、価格上昇が見込まれています。

また、シバリウムはレイヤー2上に構築されるネットワークであるため、トランザクションの高速化や手数料の削減を実現でき、ユーザーはより高速かつ安価にトランザクションを行うことができます。

そのほかにも金融サービスやゲーム分野での活用が期待されており、特に、DeFi(分散型金融)での利用が増加する中、シバリウムは柴犬コインの有用性をさらに高める要素として位置づけられています。今後も、シバリウムのユーザー数は増加していく可能性が高く、それに伴い、柴犬コインの価格上昇も見込まれます。

シバリウムに関するよくある質問

Q1:シバリウムはいつローンチされますか?

Q2:シバリウムのロードマップや将来的なアップデートの予定はどこで確認できますか?

Q3:シバリウムにステーキングするにはどうすればいいですか?

まとめ:シバリウムは、柴犬コインの価格上昇に貢献する可能性がある

本記事では、「シバリウム」について詳しく解説しました。シバリウムは、柴犬コインのエコシステムを拡張するための新しいブロックチェーンプラットフォームで、柴犬コインの取引速度やセキュリティを向上させる目的で開発されました。

シバリウムの普及は、柴犬コインの価格にも大きな影響を与えると考えられます。今後も大きな注目を集めるプロジェクトになる可能性も高いため、シバリウムの展開に期待が集まります。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー