詳細を見る

分散型取引所(DEX)おすすめ11選

36 mins
記事 Alex Lielacher

すべての人に金融サービスへのアクセスを提供することは、暗号通貨業界の主要な目標の1つです。これを実現するための第一歩は、分散型取引所(DEX)の開発です。DEXは、インターネット接続と暗号資産ウォレットがあれば、誰もがデジタル資産を売買できるようにするものです。
ここでは、分散型取引所とは何かを学び、2023年現在、市場でトップの人気を誇る分散型取引所を見つけてください。

最高の暗号資産プラットフォームと取引所に関するレビューが必要ですか?TelegramのBeInCryptoトレーディングコミュニティに参加してください:レビューを読み、暗号資産プロジェクトについて議論し、コインのテクニカル分析を依頼し、プロトレーダーや専門家から、あるゆる質問の回答を聞きましょう!今すぐ参加する

分散型取引所とは?

分散型取引所は、オープンなブロックチェーン上に構築されたオンライン取引プラットフォームで、銀行などの仲介業者や第三者を介さずに暗号通貨を売買することができます。

分散型取引所(DEX)は、従来の証券取引所や中央集権的な暗号通貨取引所とは異なります。DEXでは、ユーザーがプラットフォームに関する意思決定を行う権力を握っています。サービスは中央権威が保有するのではなく、ユーザー間で分散されます。このような権力の分配は、分散型取引所を、分散化と金融主権を何よりも促進することを目的とする暗号通貨の原理に合致させるものです。

さらに、分散型暗号取引所は、従来の金融や中央集権的な取引所よりレジリエントで、よりプライベートな取引所と言えます。ユーザーは、Know Your Customer(KYC)プロセスによる自分の身元を明らかにする必要はありません。ユーザーは自身の暗号資産ウォレットを接続し、欲しい暗号通貨を探し、取引を開始するだけです。

分散型取引所は、その運営において暗号資産と金融の主権の原則を模倣しています。また、暗号資産が構築された技術を使用しています。すべてのDEXはパブリック・ブロックチェーン上に構築されています。すべて、スマートコントラクト、トークン、レイヤーなど、ブロックチェーンのさまざまな技術が使用されています。しかし、各中央集権型取引所は、その個々の特徴に基づいて別のものと異なっています。これは、DEXを構築するために使用されるコードから、ユーザーがプラットフォームと対話する方法までさまざまです。

分散型取引所にはどのような種類があるのですか?

機能や価格決定の仕組みから、現在、分散型取引所は大きく3つのタイプに分けることができます。

  • まず、最も一般的なものは、アルゴリズムを利用してリアルタイムで暗号資産価格を決定するオート・マーケット・メイカー(AMM)です。AMMの特徴は、従来の取引所で知られているようなオーダーブックがないことです。
  • 次に、オンチェーンオーダーブックを使用するDEXです。このタイプの取引所は、特定の暗号資産に対して可能な限りの取引をオーダーブックに記録するものです。取引所のオーダーブックにおける買い手と売り手の意思の疎通が、資産の市場価格を決定します。さらに、オンチェーンオーダーブックDEXの取引情報はブロックチェーンに記録されますが、資産はユーザーのウォレットにオフチェーンに残ります。
  • もう1つのタイプは、オフチェーンオーダーブックを利用するDEXです。これはほとんどの場合、ブロックチェーンの活用に逆らうことを意味し、一部のオフチェーンオーダーブック分散型取引所では、取引を処理する際に代わりに中央集権的な機関を仲介させることを意味します。そして、取引がオーダーブックに記録された後、実際の資産取引はオンチェーンで決済されます。これは、ブロックチェーンが決済に使用されますが、取引の清算には利用されないことを意味します。

最後に補足として紹介したいのは、いわゆるDEXアグリゲーターです。この分散型取引所は、異なるDEXからのデータをリアルタイムでコンパイルすることにより、ユーザーの流動性と取引オプションを増加させるものです。この場合、トレーダーは異なるプラットフォームのデータを比較する必要がなく、代わりに一カ所で、すべての情報にアクセスすることができ、それによって最良の価格取引を実現することができます。

おすすめの分散型取引所(DEX)は?

プラットフォーム特長費用対応コインボーナス
StormGain DEX |登録認証不要入出金の追加手数料無料。BTC、ETH、LTC、XRP、ERC-20、POW、POSコインとトークンを含むマルチアセット対応$10キャッシュバック
dYdX登録月間取引量無料オプション入出金手数料は無料。無期限取引は毎月最大 $100,000まで無料。ETH,、BTC、SUSHI、ATOM、YFICRV, AVAX、 MATIC、 MKR、 SOL、 ZRX、FIL, UMA、AAVE、UNI、COMP、SNX、1INCH、 ALGO、LINK、DOT、XMR、ZEC、DOGE、ADA、BCH、EOS、LTC新規ユーザーへの特典はなし
APEX Pro登録トレード・トゥ・アーン有り取引手数料: 0.1%
取引参加手数料: 0.02%
発注手数料: 0.05%
BANA、USDC、BTC、ETH、XRP、CATOM、 DOGE定期的なエアドロップ、ユーザーへのボーナス・リワード
Uniswap登録多くの取引ペアにおける十分な流動性トークン・スワップ手数料:0.3%ERC-20トークンなし
Curve登録イールドファーミング取引手数料:0.04%ERC-20 ステーブルコイン、WBTC、ETH、FRAX、AVAX、他マルチアセットサポートなし
Balancer登録汎用性の高いオート・マーケット・メーカープール料金:0.0001%〜10%ERC-20トークンなし
PancakeSwap登録低い取引コスト取引手数料:0.25%BEP-20 トークンなし
Sushiswap登録ステーキングとファーミング取引手数料:0.3%ERC-20なし
Bancor登録一時的な損失保護機能Bancorプロトコル自体からの取引・出金手数料は不要、各プールは流動性供給者に支払われる特定の取引手数料nによるERC-20なし
DODO登録スマートトレード取引手数料:0.3%ERC-20およびEVM互換チェーントークンなし
OKX DEX登録複数の取引所やチェーンにわたる注文を集約。なし10以上のチェーン、DEX100以上、コイン10万枚以上対応なし

1. Stormgain

StormGainは英国に本拠を置く取引所で、さまざまな機能を備えています。この取引所は、シンプルで堅牢なユーザーエクスペリエンスを提供します。迅速な登録、幅広いアクセス性、モバイルアプリに依存しない(IOS、Android、Huawei)点は、このプラットフォームを説明するときにまずはじめに思い描くところでしょう。

最新のニュースでは、StormGainはStormGain DEXを開始しました。ユーザーは、イーサリアムのブロックチェーン上で直接資産を取引できるようになったことを知って喜んでいることでしょう。StormGainは、BinanceスマートチェーンとTronコインに対応したと発表しました。この旗艦DEXでは、ユーザーフレンドリーなDeFi技術を利用した取引ができます。この技術を使用することで、資金の入出金に追加手数料が不要となります。ユーザーはブロックチェーンネットワークの手数料を支払うだけでOKです。

さらに、Stormgain DEXで取引するのにユーザー登録や個人情報の提供も必要がないことも嬉しい点です。必要なのはウォレットだけとなります。もしあなたが多くの暗号資産トレーダーと同じように内省的であれば、このプライバシー保護機能を享受することができるでしょう。

メリット

  • ブロックチェーンウォレットを接続するだけの簡単登録
  • 初回入金不要
  • 本人確認不要
  • 暗号化された資金の完全管理
  • 最大500倍のレバレッジで取引

デメリット

  • BSC未対応
  • 機能充実もベータ版

StormGain DEXの取引開始方法と$10ドルのキャッシュバックについて:

  1. ブロックチェーンウォレットZenGoを作成
  2. このリンクからZenGoにサインアップし、プロモコードZENX0B4Gを入力し、$200ドル以上のスワップをすると$10のキャッシュバックができます
  3. https://stormgain.com/#dex にアクセスし、「Connect wallet」 ボタンをクリック
  4. WalletConnectでZenGoウォレットに接続
  5. ブロックチェーンウォレットから直接、匿名の取引をお楽しみください

2. dYdX

dYdX: dydx.exchange

dYdXは完全分散型の取引所です。ユーザーは証拠金取引と無期限取引に参加することができます。この取引所は、イーサリアムのレイヤー2ソリューションであるStarkEx上に構築されています。DEXは、分散化、プライバシー、セキュリティを確保するために「ゼロナレッジプルーフ技術」を利用しています。

すでに手数料は低く抑えられ、トークン保有者は取引を行うことでさらに割引を享受することができます。しかし、同取引所は最近、その機能をCosmosエコシステム内の独自のブロックチェーンに移行する計画を発表しました。これにより、スピード、カスタマイズ性、取引の流れが向上します。DEXの第4バージョンでは、この変更が実施される予定です。

別のチェーンへの移行が迫っていますが、DEXは取引機能においてオーダーブックとマッチングモデルを引き続き使用します。また、取引所のネイティブ・トークンやプラットフォームのNFTであるHedgiesの使用も維持される予定です。両トークンにはガバナンス機能があります。そして、どちらも取引所を利用するユーザーへのインセンティブスキームとして機能します。

メリット

  • わかりやすいインターフェイス
  • 迅速な取引
  • 豊富な種類の取引注文

デメリット

  • 証拠金取引ペアは限定公開
  • スワップ取引の種類に制限あり

3. ApeX PRO

Apex: apex.exchange

次に紹介するのはApeX Proです。プラットフォームのスケーラビリティエンジンであるStarkEx(Ethereum layer-2ソリューション)を利用し、トレーダーにデリバティブ暗号取引、特に永久先物契約へのアクセスを提供するノンカストディアルの暗号取引所です。

ApeXのユーザーは、KYCが必要なく登録でき、取引時に高度なプライバシーを維持することができます。さらに、このプラットフォームでは、取引にかかるガス代がゼロになります。また、オーダーブックメカニズムにより、ユーザーにレバレッジと最小限のスリッページを提供します。

DEXはマルチチェーンであり、Ethereum、ERC-20、およびEVM互換チェーンのほかのトークンの取引が可能です。このプラットフォームにはAPEXとBANAという2つのメイントークンがあります。プラットフォームは、APEXをガバナンスとユーザーのインセンティブに使用し、BANAはApeX Proのエコシステムにおける報酬トークンです。

メリット

  • レバレッジは最大20倍
  • モバイルアプリ iOS/Android :ApeX Pro
  • テストネット – リスクのないデモ取引口座
  • トップクラスの暗号通貨の永久先物契約における分散型取引の可能性

デメリット

  • 取引商品の選択肢が少ない

4. OKX DEX

OKX DEX: okx.com

あまり知られていないことですが、実はOKXは分散型取引所を持っている。OKX DEXは、OKXのエンタープライズブロックチェーンであるOKCの上に構築された分散型取引所です。これにより、取引量や取引ペアの制約を受けることなく、あらゆるチェーン間でどんなトークンでもスワップすることができます。一番の特徴は、10以上のチェーン、100以上のDEX、10万以上のコインの中から選択できることです。

OKXのX Routingアルゴリズムが、すべてのDEXで最良の価格を見つけてくれます。最高の流動性プールを持つ流動性プロバイダー(LP)からの価格を比較し、注文を分割し、価格、スリッページ、ネットワークガスの手数料を考慮します。OKXのKYT(Know Your Trade)リスクエンジンは、不利な取引価格、偽造トークン、ラグプル、ハニーポット、高い燃焼率を検出することにより、資産の損失を回避することができます。

OKX DEXでの取引は、ユーザーによりシームレスな取引体験と取引コストの低減を提供します。Ethereumのようなオープンブロックチェーンとは対照的に、OKCは取引DAppsとDEXのためのより良い、また、より具体的なインフラを提供することに集中しています。これにより、開発者にとっては取引DAppsのインストールに関連する費用を直接的に、顧客にとっては取引手数料を間接的に低減することができます。

メリット

  • 取引手数料が安い
  • 複数のチェーンやDEXの中からベストプライスを集計
  • ワールドワイドな展開

デメリット

  • 取引量が少ない

5. Curve

Curve: curve.fi

もう一つ知っておくべき自動売買マーケットメーカーの分散型取引所はCurveです。Curveは主にステーブルコインの取引に特化しています。

Curveはもともとイーサリアムのブロックチェーン上に構築されており、ユーザーにたくさんの特典を提供しています。その特典の1つは、Curveのプラットフォームで投資したものを、DeFiエコシステム内のほかのアプリで使用できる、「DeFiコンポーザビリティ」と呼ばれる機能です。

また、このプラットフォームでは、ネイティブトークンであるCRVをガバナンスとユーザーへのインセンティブ手段として利用しています。ユーザーは、イールドファーミングによってCRVを購入したり、獲得したりすることができます。ユーザーが流動性プールに資産を預けると、CRVトークンで報酬を得ることができる機能です。

メリット

  • 低額手数料
  • ノンカストディアル型
  • 流動性プールが豊富

デメリット

  • 初心者向けとは言えない
  • リンクされたDeFiプールに問題がある場合、Curveプールに影響が出る可能性

6. Balancer

Balancer: balancer.fi

次に紹介するのは、Balancerです。ユーザーが暗号通貨を取引できるようにし、流動性プロバイダー プラットフォームおよび自動化されたポートフォリオ・マネージャーとして機能するDEXです。

次に紹介するのは、ユーザーが暗号通貨を取引でき、流動性提供プラットフォームと自動ポートフォリオ・マネージャーとして機能するDEX、Balancerです。

Balancerはもともとイーサリアムブロックチェーン上に構築されました。このDEXは、オート・マーケット・メイキング(AMM)の仕組みを利用して価格を設定します。このプラットフォームは、トレーダー向けの取引所と投資ファンドの2つの顔を持ち、リクイディティ・プロバイダーを選択すれば、プラットフォームの一部を所有することができます。

ほかのAMMベースのDEXと同様、Balancerには流動性プールがあります。ここでは、人々は自分の暗号資産を預けることができ、エコシステムの管理、特に価格の管理に役立てることができます。さらに、Balancerでは、ユーザーが意思決定において積極的な役割を果たします。これは、プラットフォームのネイティブトークンであるBALで行われ、BALはプラットフォームのガバナンスを可能にするために存在しています。

メリット

  • カスタム・オート・マーケット・メーカー
  • マルチアセットプール

デメリット

  • 詐欺トークンのリスクが高い
  • ユーザーフレンドリーではない

7. PancakeSwap

PancakeSwap: pancakeswap.finance

この人気のDEXはBNBチェーン上で動作しています。PancakeSwapはAMMモデルを活用し、分散型暗号通貨取引を可能にしています。同時に、流動性(リクイディティ)プロバイダーは自分の暗号資産を流動性プールに預けることができ、それによってDEXのリクイディティを生み出すことができます。

従来の暗号資産取引や購入に加え、PancakeSwapはユーザーに追加サービスへのアクセスを提供しています。Pancakeのユーザーは、イールドファーミング、ステーキング、NFT取引に参加することができます。また、Initial Farm Offerings(IFO)、PancakeSwap Lotteries、Prediction Markets、Syrup Poolsなど、プラットフォームの他の機能にもアクセスすることができます。

また、このプラットフォームのユーザーは、同取引所プラットフォームに関する意思決定に対して投票権も持っています。そこでは、プラットフォームのネイティブ・トークンであるCAKEを使用して行われます。

メリット

  • 低いスリッページ
  • 低い取引コスト
  • 高取引量

デメリット

  • ネットワークが混雑している
  • 詐欺トークンのリスクが高い

8. SushiSwap

SushiSwap: sushi.com

複数のチェーンにまたがってホストされているもう一つの分散型取引所はSushiSwapです。SushiSwapはUniSwapのクローンとして作られました。UniSwapはオープンソースのコードを持ち、誰でもそのコードを使って独自のDEXを作ることができます。SushiSwapのオリジナルファウンダーはこれを利用し、UniSwapのコードをコピーして実装し、SushiSwapをスタートさせました。

UniSwapのコードを使用するかどうかにかかわらず、このプラットフォームは、独自のリクイディティ・プロバイダを引き付ける流動性マイニングの提供などのユニークな機能を備えています。また、プラットフォームのネイティブ・トークンであるSUSHIを通じて、ユーザーがガバナンスの決定に参加することができます。

当初はイーサリアムブロックチェーン上に構築されたSushiSwapは、現在、ほかの14のチェーン上に存在しています。その中には、Polygon、Arbitrium、Moonbeam、Optimism、Avalancheがあります。

9. Bancor

Bancor: home.bancor.network

Bancorプロトコルは、暗号資産の即時変換を可能にする分散型取引所プラットフォームです。イーサリアムブロックチェーン上で動作し、AMMモデルを採用しています。

ほかのDEXとは異なり、Bancorは流動性プロバイダーに対して、小規模・マイクロキャップのコインであってもリターンを提供することを視野に入れています。そうすることで、DEXはほかの分散型取引所ではアクセスできないであろう多くの暗号通貨へのアクセスの提供を狙っています。

しかし、ほかのDEXと同様、Bancorはコミュニティガバナンスのルールを採用しています。これは、ユーザーが意思決定に投票することを可能にするプラットフォームのガバナンストークン、VBNTを通じて行われます。プラットフォームにとって重要なほかのトークンは、プラットフォームのネイティブな準備通貨であるBNTを含みます。Bancor/EthereumプールにおけるBNTとETHのシェアを表すETHBNTもBancorで人気のトークンです。

メリット

  • 一時的な損失保護
  • 多数のトークンに対応
  • 片面入金

デメリット

  • サードパーティ製の集中管理型取引プラットフォーム
  • あまり使い勝手が良くない

10. DODO

DODO: dodoex.io

EthereumとBNB Chainで構築された暗号通貨取引所「DODO」を紹介します。その独自のアルゴリズムは「Proactive Market Maker Algorithm」として知られています。このアルゴリズムは、他のAMMと比較した場合、より良い価格発見と流動性を提供するために使用されています。また、このアルゴリズムにより、新しく作られた資産のような小さなプロジェクトでも簡単に市場に参入できるようになります。

DODOはまた、SmartTradeと呼ばれる主要な機能を備えています。これは、トークンの取引に最適なスワップレートを提示するために、流動性ソースへのルーティングと比較を行う分散型流動性アグリゲーションサービスを可能にするものです。また、このプラットフォームのユニークな機能として、Crowdpoolingがあります。ここでは、リクイディティ・マーケットが利用できるため、プロジェクトはBotに邪魔されることなく平等にトークンを分配することができます。また、プーリング機能により、ユーザーは独自のマーケットメイキング戦略を立てることができます。

DODOのユーザーは、同じくDODOと呼ばれるプラットフォームのネイティブトークンを使って、ガバナンスの問題に投票することができます。

メリット

  • 低い取引手数料
  • 高精度な価格セッティング
  • 流動性プロバイダーへの最低入金額なし
  • 一時的な損失保護

デメリット

  • 普及台数とTVLは引き続き減少

11. Uniswap

Uniswap: uniswap.org

最後に紹介するのは、最大の取引量を誇る分散型取引所Uniswapです。このプラットフォームは、取引機能と価格決定においてオート・マーケット・メーキングの力を活用しながら、暗号資産取引を促進しています。

もともとはイーサリアムブロックチェーン上に構築されたプラットフォームですが、その後、ほかのブロックチェーンエコシステムやレイヤー2に移行しています。また、ERC-20トークンとの互換性があります。Uniswapは2つのスマートコントラクトを使用して実行されます。1つ目は交換コントラクトで、トークンのスワップを促進します。もう1つはファクトリーコントラクトで、プラットフォームに新しいトークンを追加する際に使用されます。

Uniswapの特徴は、誰でも新しいトークンをプラットフォームに追加できることです。また、開発者がオープンソースのコードを利用して、独自の分散型取引所を作ることも可能です。さらに、Uniswapでは、ユーザーがプラットフォームのネイティブトークンであるUNIを使ってガバナンスの意思決定を行うことができます。各UNI保有者は、プラットフォームの変更や追加について投票することができます。

メリット

  • 十分な流動性
  • 登録不要
  • フレンドリーなUX

デメリット

  • ガス代がかかる
  • 詐欺トークンのリスクが高い

分散型取引所は今後も存続する

分散型取引所は、中央集権型取引所よりも自律性と安全性を約束します。2022年にCEXの本質的な弱点(すなわち中央集権化)が示されたことで、分散型取引所は今後ますます注目されるでしょう。しかし、暗号資産の業界におけるほかのイノベーションと同様に、ユーザーは取引前にDEXを調査する必要があります。経験則から言えば、失ってもいい金額だけを投資するようにしてください。スマートコントラクトの第三者監査人によるコード監査を受けた分散型取引所でのみ取引することが肝要です。

よくある質問

DEXは実際どのように分散化されているのでしょうか?

DEXプラットフォームとDeFiプラットフォームの違いは何ですか?

DEXのサイトは安全ですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー