詳細を見る

暗号資産ウォレットBitget Wallet(旧BitKeep)の特徴・機能・安全性を解説

18 mins

BitGet Walletは、世界有数の分散型マルチチェーン対応の暗号資産ウォレットです。またノンカストディアルウォレットとして、分散化とユーティリティを重視し、ユーザー資金の安全なリポジトリ(プログラムや更新データを置く場所)という性格を持ち合わせています。BitGet Walletは現在、ウォレットとしての機能だけでなく、ユーザーの手元にすべてのWeb3エコシステムを届ける、デジタルツールキットとしてのワンストップソリューションの確立を目指しています。

デジタルウォレット市場は最近、飽和状態にあると言われていますが、Bitget Walletにはどのような特徴があり、また、他とは違うユニークな点があるのでしょうか? この記事では、Bitget Walletのあらゆる側面に触れ、Bitget Walletとは何か、他の暗号資産ウォレットと異なる点、機能、セキュリティなどについて詳しく解説します。

テレグラムのBeInCrypto Trading Communityで、優れた暗号資産プラットフォームとウォレットのレビューを読み、暗号資産に関する最新ニュースを入手し、コインの技術分析を閲覧してみませんか?プロのトレーダーと専門家にも自由に質問し、回答をもらいましょう!

今すぐ参加する

Bitget Walletとは?

Bitget Walletは、一言でいうと、ユーザーの暗号資産とWeb3のニーズに応えるサービスをすべて一カ所でまかなうスーパーマーケットのようなサービスを目指しています。2023年以前はBitKeepとして知られていたこのマルチチェーンウォレット(多くのブロックチェーンの利用ができるウォレット)は2018年に誕生し、現在168カ国で1,000万人以上のユーザーにサービスを提供しています。

Bitget(セーシェルに拠点を置く暗号資産取引所)は2023年3月、Bitkeepに3,000万ドルを投資しました。Bitgetは、この投資により(Bitkeepの)マルチチェーンウォレットにおける支配的な株式を取得し、その後(2023年に)、(Bitkeepの)ブランド名を(Bitget Walletに)変更しました。

「BitKeepは、運営と組織の両面において、独立した事業体としての機能を維持していく。一方、当社(Bitget)は独自のプラットフォームトークンを引き続き押し進め、さらに想像力を働かせて今後有望となるトークノミクスにアップグレードしていく」と、Bitgetの担当者はブランド変更に際してこう明言しました。

BitgetとBitKeepはこの取引で、Win-Winの関係を築きました。Bitgetは、BitKeepとの提携により、現在ではサービスメニューの拡充や、分散型金融DeFi)と中央集権型金融(CeFi)の間の橋渡しができる有利な立場を築いています。また、Bitgetのユーザー基盤は、この戦略的提携によりさらに強化され、ネイティブストレージや資産管理サービスなど、提供する製品も拡大しました。

Bitkeepは、Bitgetのエコシステムと完全に同化し、ノンカストディアルのWeb3ウォレット取引所(WEX)(一般的なDEXのアップグレード版のようなもの)に変貌を遂げました。ここで押さえておくべき重要な点は、Bitkeepは中央集権型取引所の枠組みの中で運営されているものの、分散的かつノンンカストディアルな特徴を保持していることです。

リニューアルしたBitget Walletは、暗号資産の保管と取引の促進に加え、サービスの拡大も計画しています。またトークンの交換(スワップ)、NFT取引、新しいDAppsの試用、あるいは単にデジタル資産の安全な保管など、すべてのユーザーニーズに応えるとしています。

Bitget Walletは2023年5月時点で、90以上のブロックチェーンネットワークにおいて25万5000以上のトークンと22万以上のNFTをサポートしています。Bitget Walletの成長が注目されていることは言うまでもありません。Dragonfly CapitalやKucoinからMatrixportやBIXIN Venturesまで、いくつかの著名な企業が(Bitget Walletの)資金調達ラウンドに参加しました。

Bitget Walletは他の暗号資産ウォレットと何が違うのか?

Bitget Walletは、ユーザーの暗号資産を保管する安全なデジタル金庫として考えてください。その特徴は、分散型という特性と多目的なユーティリティという2つのセールスポイントにみられます。

Bitget Walletは、暗号資産の管理に関しては、基本的にユーザー自身が自分のために管理するノンカストディアルウォレットです。言いかえれば、ユーザー資金における唯一のリスクは、デジタル資産自体が完全に崩壊してしまうか、ユーザーの秘密鍵の不適切な取り扱いかのどちらかになります。ユーザーは、暗号資産ウォレットのセキュリティに関するベストプラクティスに従っていれば、自分の力が及ばない外的要因から安全を確保できるはずです。

Bitget Walletはまた、独自のDESM(Double Encryption Storage Mechanism:2重暗号化ストレージメカニズム)を用いて、(自らを)ユーザー資産の安全な避難先となるよう目指しています。これは、暗証番号と秘密鍵の2重ロックを用いて、セキュリティが2レイヤーとなる仕組みです。

Bitget Walletには、個人のセキュリティアシスタントのような役割を果たす「安全保証」機能があります。ユーザーのウォレットアドレスがDApps(分散型アプリ)に過度にさらされたり、スワップ取引の認証時のセキュリティリスクがないことを確認するために、迅速かつ徹底的なチェックを実行します。

加えて、Bitget Walletは洗練された価格アグリゲーターとしても機能します。ユーザーが常に最高のスワップレートを得られるように、まるで精通したファイナンシャルアドバイザーのような働きをします。これにより、ユーザーの取引コストが低減し、ユーザーニーズに完全に合致したスワップの選択ができます。

要するにBitget Walletは、単なるウォレットを超えた存在になろうとしているのです。その目指すところは、オールインワンのデジタルツールキットとしての地位の確立です。このデジタルツールベルト(toolbelt)に含まれるWeb3の機能には、統合DAppブラウザ、ローンチパッド(トークン販売)、NFTマーケットプレイス、スワップ機能などがあります。

Bitget Walletの特徴まとめ

Bitget Walletの主な機能は以下の通リです:

DAppの豊富さ

ユーザーが、もし現在DAppsと定期的にやりとりしているなら、すでに的を得た場所にいるといえます。Bitget Walletは、BNB Chain、イーサリアムファントム、ポリゴンなど、多くのネットワークで20,000以上の分散型アプリケーションをサポートしています。DeFiやGameFiアプリケーションからソーシャルアプリやレンディングアプリまで、目にするDAppsの種類の豊富さは、まさに壮観の一言です。

NFTマーケットプレイス

Bitget Walletの新NFTマーケットプレイスは、2023年6月中にスタートする予定です。同社は、新NFTマーケットプレイスにおいて、多くのチェーンでNFTの大規模なコレクションの出品を見込んでいます。一番の特徴は、(ユーザーには)プラグイン(拡張機能)が不要なことです。また、ロックイン(一定期間売買や交換ができないこと)が必要な第三者のプラットフォームに頼る必要もありません。

スワップサービス

Bitget Walletは、25万5000以上のDeFiトークンのプール(暗号資産の集まる場所)から取引するための高速かつ能率的な方法を提供すると明言しています。Bitget Walletは、70以上のDEXの流動性を確保し、90以上のメインネットに対応しているので、スワップ対応に繁忙をきわめるプラットフォームとして頭角を現すかもしれません。

その他の主な機能・サービスは以下の通りです:

  • 追加で安全レイヤーを確保できる2重暗号化ストレージメカニズム(DESM)
  • 代替・非代替性トークンの可視性とアクセシビリティを高める効率的なクロスチェーントレーディング
  • リスク軽減に備えた3億ドルの保護ファンド
  • ワンクリック指値注文:ユーザーは取引のタイミングを計る際に市場を監視する必要がなくなる

Bitget Walletのセキュリティは?

以下は、Bitkeep(現Bitget Wallet)のセキュリティ機能の内訳です:

  • ユーザーは、ノンカストディアルな手法で秘密鍵を完全に管理できる
  • 多要素認証により不正なアクセスを防止する
  • 2重暗号化ストレージシステム(DESM)により、データの保存と改変がないことを保証
  • デバイスの紛失や情報漏洩/不正アクセスが起きた場合、ウォレットを保護するリカバリフレーズを備えている。
  • 「Bitkeep Secure Asset Fund」を通じて100万ドルのシードファンド(初期のベンチャーなどに投資するファンド)を設立。また、毎月のスワップ収入の10%をこのファンドの強化に充てている。
  • BitkeepはBitgetとの提携により、Bitgetの3億ドルの保護ファンドをもとにユーザーを補償対象にしている。
  • 専門のセキュリティチームが24時間体制で監視を行い、潜在的なリスクの検知・対策を講じている。

Bitget Wallet:今後の歩み

ロードマップ:Bitkeep(Bitget Wallet) 

Bitget Walletはこれまでのところ、様々な取り決めを適切なタイミングで着実に実行してきました。

同社は2023年の残りの期間、製品提供をさらに強化する予定です。その最優先事項として、MPC(Multi-Party Computation:秘密情報の漏洩を防ぐため複数のサーバが協力して行う計算技術)とAA(Account Abstraction:イーサリアムの外部所有アカウントを解消し、安全なウォレットを実現する手法)のプラットフォームへの統合を計画しています。

Bitget Walletはまた、Web3のDecentralized Identity(DID:分散型ID)の導入にも取り組んでおり、ZK-Rollup(ゼロ知識証明を利用したイーサリアムのレイヤー2で使用される取引処理の高速化技術)のエコシステムをサポートすることで、ユーザーがWeb3空間を行き来できる総合ツールを提供する予定です。

Bitget WalletはWeb3ウォレットの世界をリードするか?

Bitget Walletがその勢いを保ち、期待に応え続ければ、Web3ウォレット取引所(WEX)のなかでトップランクに君臨できるでしょう。Web3ウォレットの世界は、厳しい競争にさらされていますが、Bitget Walletは多くのブロックチェーンを通じて、スムーズで効率的、かつ安全な暗号資産取引を促進する一連の優れた機能で際立っています。多機能で安全性の高いオールインワンのデジタルツールキットとして、今後もその発展が期待されています。

よくある質問

Bitget Walletは安全に使用できますか?

Bitget Walletはインドで利用できますか?

Bitget Walletはどんな暗号資産をサポートしていますか?

Bitget Walletとは何ですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー