詳細を見る

ブロックチェーンの相互運用とは?

25 mins

ブロックチェーンは、現在その数が増え続けており、「ブロックチェーンの相互運用」という言葉を最近よく目にするようになってきています。そこで本記事では、相互運用型ブロックチェーン・プロジェクトの事例を紹介し、相互運用の重要性について詳しく説明します。

ブロックチェーンの相互運用を定義する

ブロックチェーンの相互運用性とは、異なるブロックチェーン間でシームレスに通信、データ、暗号資産をやり取りできる技術です。従来の閉鎖的なシステムとは異なり、相互運用性を実現することで、Web3.0ユーザーは様々なブロックチェーンネットワークを自由に利用できるようになります。

相互運用の定義には、ブロックチェーンのオフチェーン環境での従来のWeb2システムとの通信も含まれます。

ブロックチェーンネットワークでは、クロスチェーン・メッセージング・プロトコルを使用すれば、相互通信はできます。このプロトコルは、異なるチェーン間で動く分散型アプリケーション(DApps)の開発にも対応しています。

なぜ相互運用は重要なのか?

現在、ブロックチェーン技術を採用する業界は増え続けており、ブロックチェーンの相互運用の重要度が高まってきています。

これまで使われてきたレイヤー1ブロックチェーンは、利用範囲が限られているため、長期の利用には向いていません。加えて、ブロックチェーンの今後の進歩を阻む懸念もあるため、ブロックチェーン技術をさらに活用していくには、相互運用が不可欠となります。相互運用によって、柔軟性の向上、クロスチェーンの分散型アプリケーション(DApps)開発が可能となります。

オンチェーン環境が相互運用になれば、パブリックとプライベート双方のブロックチェーンが共存でき、データ共有が容易になります。さらに、複数のブロックチェーン・ネットワークの相互運用によって、新たな製品やサービスの登場も期待できます。

ブロックチェーンの相互運用の実現方法

現在のレイヤー1ブロックチェーンの多くは、個別に構築されているため、相互運用の機能は組み込まれていませんが、一方で相互運用ができる多くのソリューションが登場しています。以下はその例です。

オラクル

オラクルは、ブロックチェーンネットワークにオフチェーンデータを利用できる機能です。オラクルによって、スマートコントラクトは実世界データをもとに実行できます。スマートコントラクトは、さまざまなユースケース実行のために、外部システムに保存されている実世界のデータが必要になるので、オラクルが使用されることになります。例えば、ブロックチェーン上の証書譲渡の際には、オンチェーン環境の外にある(実世界の)物件情報をオラクルを使って取り寄せます。要するに、オラクルはオンチェーンとオフチェーンシステムをつなぐ橋渡し役です。

開発プロジェクトでネットワーク用のブロックチェーンオラクルを選ぶときには、中央集権型オラクルよりも、分散型オラクルの使用が検討に値します。というのも、分散型オラクルは、シングルポイント障害(SPOF)とデータ操作が回避でき、データの完全性が保てるからです。例えば、Chainlinkの分散型オラクルネットワークは、暗号資産業界で人気のあるソリューションです。ユーザーには、Aave、Synthetix、Compound、Crypto.com、Kyber networkなどが名を連ねています。

トークンブリッジ

トークンブリッジは、異なるブロックチェーンネットワーク間でユーザーの資産移動(トークン移転)を可能にする機能です。この機能の使い方は、ブリッジによって異なります。例えば、「ロック・アンド・ミント」の仕組みを使うブリッジでは、スマートコントラクトが送り元となるチェーン(source chain)で暗号資産をロックし、別のスマートコントラクトが宛て先となるネットワーク(destination network)で同資産のクローン版を鋳造(ミント)して資産を移転します。 

他のブリッジでは、ソースチェーンでトークンを焼却し、デスティネーションチェーン(ネットワーク)で同じトークンを鋳造して資産を移転する場合もあります。また別のタイプでは、ソースチェーン上でトークンをロックし、デスティネーションチェーン上の流動性プールからロック解除ができます。この場合の流動性プールとは、スマートコントラクトに保有されている暗号資産の集合です。この仕組みを用いたトークンブリッジでは、ユーザーに対し、収益分配等のインセンティブスキームを構築して、異なるネットワークの双方のブリッジにおける流動性確保を推奨しています。

留意すべき点は、現在大半のトークンブリッジでは、デスティネーションチェーンで作られたトークンはwrapped assetsと呼ばれていることです。

アトミックスワップ

アトミックスワッププロトコルでは、ユーザーはブロックチェーンを横断してトークンを交換できます。つまり、あるブロックチェーンでトークンを取引したら、別のチェーンで異なるトークンを入手できます。アトミックスワップでは、スマートコントラクトを使用して、クロスチェーンにおけるトークンスワッピングができます。

サイドチェーン

サイドチェーンは、親ブロックチェーンに双方向で接続する独立したブロックチェーンです。親チェーンのスケーリングを促すために、サイドチェーンが使われます。例えば、ポリゴンチェーンは、トランザクションのスループットを高めてイーサリアムのスケーリングを拡大するサイドチェーンです。

サイドチェーンは親ブロックチェーンに接続してるいるものの、異なるコンセンサスアルゴリズムとネイティブトークンを持っています。プロジェクトのロードマップや経緯もメインチェーンとは異なり独立しています。

ネイティブペイメント

ネイティブペイメントは、あるブロックチェーンのアプリケーションを利用したとき、異なるブロックチェーンのネイティブトークンでその料金を支払う場合に起きます。ブロックチェーン間の支払いの際には、ブロックチェーンに残ったデータがもとになります。例えば、ブロックチェーンBのデータに基づいて、ブロックチェーンAでの支払いが発生するなどです。

スマートコントラクトコール

スマートコントラクトコールとは、あるチェーンのスマートコントラクトが、別のブロックチェーンのスマートコントラクト機能を呼び出すことを指します。このソリューションは、トークンブリッジやスワッピングで使用されます。

ブロックチェーン相互運用プロトコル

ブロックチェーンの相互運用プロトコルは、クロスチェーンの相互運用に重点を置いたブロックチェーンです。それぞれ独立したブロックチェーンとは異なり、相互運用プロトコルは、互いにシームレスにやりとりできる複数のブロックチェーンを結びつけます。また、孤立したブロックチェーンの相互運用も可能にします。

ブロックチェーン相互運用:メリットと課題

ブロックチェーン相互運用とは、異なるブロックチェーン間でシームレスにデータや資産をやり取りできる技術です。従来の閉鎖的なシステムとは異なり、相互運用性を実現することで、Web3.0ユーザーは様々なブロックチェーンネットワークを自由に利用できるようになります。

メリット

  • Web3エコシステムの効率化: 異なるブロックチェーン間でのデータ共有が容易になり、より効率的なエコシステムを構築できます。
  • 企業間コラボレーションの促進: プライベートブロックチェーンとパブリックブロックチェーン間での連携が可能になり、新たなビジネスモデルの創出や、効率的なサプライチェーン管理などに活用できます。
  • 市場の分散化: 少数のブロックチェーンによる市場独占を防ぎ、よりオープンで競争的な環境を作ることができます。
  • イノベーションの促進: 異なるブロックチェーンの機能を組み合わせた革新的なDApps開発が可能になります。
  • ユーザーにとっての利便性向上: ユーザーは異なるブロックチェーン間をシームレスに移動できるようになり、利便性が大幅に向上します。

課題

  • セキュリティ: 異なるブロックチェーン間でのデータ転送には、セキュリティリスクが伴います。
  • 複雑性: 相互運用性の高いシステムは、設計と運用が複雑になります。
  • 標準化: 異なるブロックチェーン間で統一的な標準を設ける必要がある。
  • トランザクション速度: 異なるブロックチェーン間でのトランザクション速度に差があると、ボトルネックが発生する可能性があります。
  • 互換性: 互換性のないブロックチェーン同士の接続は困難です。

相互運用型ブロックチェーン・プロジェクト - トップ3

1. ポルカドット

ポルカドット(Polkadot)は、ギャビン・ウッド氏(イーサリアム共同創設者)が開発したプラットフォームです。パラチェーンと呼ばれる独立したブロックチェーンを、リレーチェーンと呼ばれる中核チェーンに接続することで、相互運用を実現します。ビットコインのような既存のブロックチェーンも、ブリッジと呼ばれる接続手段を用いて、ポルカドットエコシステムに参加できます。

パラチェーンは、ポルカドットが運営しており、チェーンが接続レイヤー(ポルカドットリレーチェーンと呼ばれる)にプラグインされ、プールされたセキュリティシステムを使用して、トランザクションが確認される仕組みです。ビットコインのような独立したブロックチェーンも、ブリッジを介してポルカドットの相互運用機能を利用できます。

イーサリアムの共同創設者であるギャビン・ウッド氏は、ポルカドットの創設者でもあります。共同創設者には、他にロバート・ハーバーマイヤー氏とピーター・チャバン氏がいます。ポルカドットネットワークは、2020年5月に一般公開されました。

2. Cosmos

Cosmosは、ブロックチェーンのインターネットを自称しており、Cosmos Hubと、ブロックチェーン間通信プロトコル(IBC)と呼ばれる通信レイヤーを介して接続したブロックチェーン(zonesと呼ぶ)のネットワークです。接続ブロックチェーンは相互通信でき、ユーザーはあるチェーンから別のチェーンへ資産の移転ができます。Cosmos Hubは、ネットワーク内のすべてのブロックチェーンの状態を監視しています。

Cosmosプロジェクトは、2016年にホワイトペーパーをリリースし、2017年にトークンセールを開催しました。Cosmosを支えているのは、ザルコ・ミロセヴィッチ氏、ジェイ・クォン氏、イーサン・ブックマン氏の3人のTendermint社共同創設者たちです。Tendermint社はもともと、Cosmosネットワークの中核的な存在でした。現在、CosmosはInterchain Foundationの支援を受けています。

3. Wanchain

Wanchainは、孤立したブロックチェーンネットワークをつなぐ分散型ブリッジによって相互運用を図るブロックチェーン。Wanchainプロジェクトは、EVM互換、非EVM互換ブロックチェーンを含む、すべてのブロックチェーンが相互に通信できる相互運用Web3エコシステムの構築を掲げています。Wanchainは2021年、ビットコインとイーサリアムの間にダイレクトの分散型ブリッジを構築し、相互運用を実現しました。

Wanchainネットワークには、ダイレクトNFTレイヤー2の3種類のブリッジがあります。これらのブリッジは、ブリッジノード(storeman nodesとも呼ばれる)のサポートに支えられてます。Wanchainでは、常時25台以上のブリッジノードのアクティブ状態が要求されます。Wanchainは、ジャック・ルー氏が2017年に設立しました。

ブロックチェーンの相互運用性ソリューション-Web3発展には不可欠

ブロックチェーンの相互運用は、Web3の発展にとって不可欠な要素です。開発者は、異なるブロックチェーン間でのシームレスなデータ・資産のやり取りを実現する相互運用型ソリューションの構築に注力する必要があります。

従来の中央集権的な相互運用ソリューションは、サードパーティ企業による管理に依存するため、セキュリティやプライバシー面でのリスクが伴います。一方で、相互運用型ブロックチェーンは、分散型システムであるため、これらのリスクを軽減し、真のWeb3社会の実現に貢献できます。

今後数年間は、クロスチェーン技術の進歩により、さまざまな相互運用型ブロックチェーンが登場し、暗号資産の価値移転や、異なるブロックチェーン上のDAppsやサービスの利用がより容易になるでしょう。さらに、イノベーションの加速により、既存の独立ブロックチェーン間の相互作用も活発化し、Web3エコシステム全体の活性化が期待されます。ブロックチェーン相互運用は、Web3社会の基盤となる技術であり、今後ますます重要な役割を果たしていくでしょう。

よくある質問

どのブロックチェーンが相互運用できるのか?

ブロックチェーン相互運用の事例は?

最も相互運用レベルが高いブロックチェーンは?

なぜ一般的なブロックチェーンは相互運用できないのか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー