詳細を見る

【2023年版】Apple Payでビットコインなど暗号資産を購入する7つの方法

62 mins
記事 Joel Frank

ユーザーは今やApple Payでビットコインを購入できます。しかし、Apple Payでビットコインや仮想通貨を購入することは良いアイデアでしょうか? また、どのようにしてApple Payで暗号資産を購入できるのでしょうか?そして、どのプラットフォームがApple Payに対応しているのでしょうか? Apple Payは通常、非接触型決済に対応するあらゆるカードリーダーで利用できます。つまり、Apple Payユーザーは、取引サイズが当該銀行カードに関連する限度額を超えない限り、スマホを使ってほぼ何でも購入することができるのです。

2014年のリリース以来、Apple Payは世界でも最も人気の高い支払いサービスの1つになりました。実際の銀行カードを引き出すのと同じくらい、スマホをカードリーダーにタップして何かを支払う人を見ることが一般的になりました。しかし、Apple Payと暗号通貨はどうでしょうか?

Apple Payとは?

まず、簡単な注意事項です。Apple Payは、ユーザーがApple iPhoneやApple Macコンピュータで銀行のカード取引を承認するための、迅速、便利、かつ安全な方法です。ユーザーは、Face IDやTouch IDなどのさまざまな生体認証セキュリティ機能を使って、これらのデバイスでカード取引を承認することができます。また、Apple Payは、従来のパスワードやPINコードを使用して承認することも可能です。

Apple Payと、そのライバルであるGoogle Payなども近年人気を博しています。物理的な銀行カードを機械に入力してからピンを入力するよりも手軽に決済ができます。物理的な銀行カードは紛失しやすく、暗証番号は忘れやすいためです。

一方、非接触型の物理的な銀行カードは、新たなリスクをもたらします。物理的な銀行カードを紛失した場合、それを見つけた人は、そのカードの暗証番号を知らなくても、すぐにカード内のお金を使い始めることができます。これに対し、Apple Payは、取引の承認前に追加のセキュリティ障壁(暗証番号や生体認証テストなど)を導入しています。

暗号資産の購入にApple Payを使う理由とは?

暗号通貨の投資家は、スピード、セキュリティ、利便性の理由から、暗号通貨の購入にApple Payを使用することをお勧めします。多くの暗号資産取引/投資プラットフォームが、暗号資産をApple Payで買いやすいように手続きを簡素化しています。Apple Payはストレスなく、直感的な方法で暗号通貨を購入したい人にとって、最適な選択肢となるでしょう。

Apple Payでビットコインを購入する方法

いくつかの取引プラットフォームやウォレットでは、Apple Payを使って暗号通貨を簡単に購入することができます。中央集権型の暗号通貨取引所の場合、Apple Payを使って購入するプロセスはほぼ同じです。

  • 個人情報を入力してアカウントを設定する必要があります
  • アカウントの完全なアクセスを得るには、顧客情報確認(KYC)の要件を完了する必要があります。通常、顔写真つきの身分証明書と住所の証明書の提出が必要です
  • アカウントが完全なKYC承認を受けると、購入したい暗号通貨と金額を選択します
  • 支払方法を選択する際、取引を完了する前にApple Payを選択します

MetaMaskのようなノンカストディアルの暗号資産ウォレット・プラットフォームを使って暗号通貨を購入することはさらに簡単です。これらのプラットフォームでは、ユーザーがアカウントを開設する際にKYCが不要です。ユーザーは、サードパーティ・プロバイダにいくつかの個人情報を提供する必要があるかもしれませんが、Apple Payを使って即座に暗号資産を購入することができます。

参考までに、ノンカストディアルのウォレットでは、ユーザーだけがウォレットの秘密鍵にアクセスできます。したがって、そのユーザーは自分の暗号資産を一元的に管理することになります。取引所のウォレットでは、このようなことはありません。取引所はユーザーの暗号資産を管理してくれ、ウォレットの秘密鍵を保有しています。

Apple Payを使って暗号資産を購入できるプラットフォームを7つ紹介します。

1. Kraken(日本語版あり)

ジェシー・パウエルとタン・ルウは2011年、米国を拠点とする取引所、Krakenを設立しました。2013年9月にサービスを開始し、ビットコイン、ライトコイン、ユーロの取引を提供しています。Krakenは、ブルームバーグ・ターミナルに掲載された最初のビットコイン取引所の1つです。

Hummingbird VenturesとBitcoin Opportunity Fundは2014年3月、Krakenに500万ドルの初期投資を行いました。2016年、日本のSBIグループがKrakenのシリーズBラウンドのリードインベスターとなりました。2021年初頭、KrakenはTribe Capitalと提携し、200億ドルを超える評価額で投資家からさらなる資本を募りました。

2015年7月、Krakenは米国の規制当局との問題から、他の市場に焦点を移した。さらに、KrakenはArmanino LLPによる定期的な監査を受け、事業を支えるのに十分な暗号通貨の埋蔵量があることを示しています。

Web: www.kraken.com

資金調達の制限は、ユーザーの居住地、認証レベル、入金または引き出そうとしている資産を含む、さまざまな要因によって決定されます。暗号通貨対法定通貨の限度額、日次、月次、年次のアクティビティは別々に計算されます。エクスプレス・アカウントの月間および毎日の入出金限度額は、それぞれ9,000ドルです。中級アカウントは月50万ドル、プロアカウントは月1億ドルという高水準になります。

KrakenでApple Payを使ってビットコインを購入する方法

1)まず、iPhoneでKrakenのアプリを開きます。希望の暗号通貨を選択し、画面下部の「購入」ボタンを押します。

2)購入したい暗号通貨の金額を入力します。

3)最後にApple Payを選択し、購入完了となります。

Krakenの料金・手数料

Krakenでは、取引規模、取引アセット、支払い方法、市況など、多数の要因が手数料に影響します。Krakenのメーカー・テイカー手数料は最大0.26%と、業界最低水準です。また、ACHによる購入に対しては、0.5%の手数料に加えて0.9%または1.5%の手数料が発生します。

Apple PayまたはGoogle Payウォレットを使用して、すべての暗号資産を購入、売却、または交換する場合の手数料は、取引を完了する前の最終確認ページに表示されます。ただし、デジタルウォレットでの購入には隠れた追加料金はありません。確認ページに表示される合計額が、Krakenがウォレットに請求する額となります。

Apple Payを使ってKrakenで暗号通貨を購入するメリットとデメリット

メリット:セキュリティ重視

Krakenは、Global Settings Lock(GSL)により、Krakenアカウントへの不正な変更を防止し、機密性の高いアカウント情報を秘匿します。さらに、Krakenは2FA引き出しメール確認、エアギャップ冷却ストレージ、厳格な監視、精密なAPIキーの許可制御、SSL暗号化を提供しています。

メリット:アベイラビリティ

Krakenは176カ国で取引を促進しています。ただし、所在地や 検証レベルによって機能が異なります。例えば、Krakenはニューヨークやワシントンでは利用できません。

メリット:資金調達と出金オプション

Krakenでは、多数の暗号通貨と法定通貨によるアカウント資金調達が可能です。また、Krakenの資金調達および引き出しオプションは豊富で、SEPA銀行振込、SWIFT、電信送金、ACH、Fedwire、Silvergate Exchange Network、Etana Custody、e-Transferが含まれます。

デメリット:利用可能地域の制限

米国でのサービスは、全ての購入、売却、送信、受信、取引、先物取引、Cryptowatch、ステーキング機能を完全にサポートしているわけではありません。これは、アカウントレベル、国・地域、暗号通貨、法定通貨、取引の種類によって異なります。たとえば、米国のユーザーが一定の基準を満たした場合はマージン取引が可能ですが、一方で先物取引は米国では利用できません

2. Coinbase(日本語版あり)

Coinbaseは、世界初かつ最大の暗号資産取引所の1つです。同社の取引プラットフォームは、2012年から運用されています。米国を拠点とする最大の暗号通貨取引所であるCoinbaseは、2021年にNasdaqに上場したことでウォールストリートと小売投資家の両方に注目されました。

2022年第2四半期には、7,300万人のユーザーが3,000億ドル以上の取引高を記録しました。CoinGeckoによると、Coinbaseは、世界最大の暗号資産取引所であるBinanceに次ぐ、第2位の取引高を誇ります。

Coinbaseの口座に暗号資産を保有しているユーザーは、いわゆる「預託型」ウォレットに暗号資産を保有します。つまり、ユーザーは理論的上、自身の暗号資産を完全にコントロールできるわけではありません。代わりに、Coinbaseが管理するウォレットに保管されている暗号資産の請求権を持っています。ただし、Coinbaseには自社のノンカストディアル・ウォレット・プラットフォームであるCoinbase Walletもあります。

一部の暗号資産投資家は、Coinbaseの預託型取引所ウォレットにデメリットを感じる場合があります。ただ、初心者にとっては便利な要素があります。Coinbaseの口座に暗号資産を保管する投資家は、自分のプライベートキーを管理/記録する責任を負わなくて済みます。

Coinbaseの口座保持者は、CoinbaseがKYC規制の対象であるため、本格的なアカウント・アクセスを取得するためには、身分証明書などを提出する必要があります。これにより、ユーザーがロックアウトされた場合にアカウントに再度アクセスできるようになります。ただし、匿名性を非常に重視する暗号資産の愛好家にとっては、KYCはCoinbaseプラットフォームの利用を妨げる要因となる可能性もあります

Apple Payを使ってCoinbaseでビットコインを購入する方法

1)iPhoneでCoinbaseのアプリケーションを開きます。ホームパネルの左上にある「Buy」ボタンを押します。

2)購入したいビットコイン(または他の暗号通貨)の金額を入力します。その後、「Pay with」を押して、支払い方法を選択します。

3)支払い方法として、Apple Payを選択します。

4)ここまでできたら、「購入プレビュー」ボタンを押します。すると、Coinbaseが為替レートを提示し、カード購入のサービス手数料が詳しく説明されます。「今すぐ購入」ボタンを押すと、Apple Payがポップアップ表示され、購入の確認ができるようになります。

Coinbaseの料金・手数料

Coinbaseの料金・手数料

Coinbaseは、わかりにくい手数料体系と一部の人に批判されています。同取引所は、注文時に国・地域、支払い方法、注文サイズ、市場状況などさまざまな要因の組み合わせに基づいて手数料を算出します

例えば、米国在住のユーザーがApple Pay経由でCoinbaseで暗号資産を購入する場合、3.99%の変換手数料が発生します。これは、一部の投資家がこのプラットフォームでApple Payを使用することを躊躇させるかもしれません。

また、ユーザーはCoinbaseのマーケットメイキング活動を補償するために、スプレッド手数料とメーカーテイカー手数料を支払います。これは最大で2%になることもあります。Coinbaseは暗号通貨の引き出しには1%の手数料を課しています。これは、ブロックチェーン上で取引を処理するために暗号資産ユーザーが支払わなければならない標準的なネットワーク料金に上乗せされるものです。

CoinbaseでApple Payを使って暗号を購入するメリットとデメリット

メリット:便利で使い勝手が良い

Apple Payを使ってCoinbaseでビットコインを購入することは投資家にとって便利です、少額でその場限りの暗号資産を購入したい個人投資家にとっては理想的と言えるでしょう。特にCoinbaseのモバイルアプリは、最も使いやすいものの1つです。Coinbaseは、170万件の評価によると、Appleのアプリストアで5点満点中4.7点を獲得しています。また、金融カテゴリで27番目に人気のあるアプリとしてランクされています。

メリット:暗号資産の種類が豊富

Coinbaseのユーザーは、取引される暗号資産のどれでもApple Payで購入することができます。現在、100以上の暗号通貨がこのプラットフォームで利用できます。

Coinbaseの収益プロダクトは、ユーザーが暗号資産の利回りを簡単に獲得することを可能にします。例えば、このプラットフォームでは、ユーザーはETHとSOLコインを4%のAPYで簡単にステークすることができます。また、ユーザーはCoinbaseのDeFi Yield製品を通じて、DAIとUSDTを保有している場合、可変的なAPYの恩恵を受けることができます。

メリット:コインベースカード

米国を拠点とするCoinbaseユーザーは、Coinbase Visaデビットカードで暗号資産を利用できます。このカードは、加盟店がVisaを受け入れている場所であれば、世界中どこでも利用できます。ユーザーは、USD口座残高またはUSDCを利用する際に手数料は発生しません。Coinbaseカードを申し込む際、クレジットチェックやステーキングの要件がありません。利用者は、利用額に応じて暗号資産として報酬を得ることができます。

デメリット:取引量に制限

より大きな暗号通貨を購入したい方にとって、CoinbaseでApple Payを使用することは適していないかもしれません。Apple Payを使った暗号資産の購入は、関連するデビットカード/クレジットカードの1日の取引限度額によって制限されます。Coinbaseは、1日のデビットカードの限度額よりも大きな暗号通貨を購入したい方には、銀行口座/電信送金をお勧めします。ただし、このような送金の欠点は即時性がないことです。

デメリット:Apple Payは暗号資産の購入にしか使えない

Coinbase で Apple Pay を使用するもう一つの欠点は、暗号通貨を直接購入するためにのみ使用できることです。Apple Payは、Coinbaseのアカウントに現金を追加したり、現金を引き出したり、暗号資産を売ったりするのに使用することはできません。

デメリット:高い取引手数料

Coinbaseは最も使いやすいプラットフォームの1つであると広く認識されていますが、カード購入時の3.99%のサービス料は主要な暗号資産取引所の中で最も高い部類に入ります。また、その他の手数料(マーケットメイクと暗号通貨の引き出し)も業界標準では高いと言えるでしょう。

デメリット:カスタマーサービスが弱い

Coinbaseの7,500件以上のTrustpilotレビューによると、同社はカスタマーサービスで1.6/5ポイントとなっています。ほとんどの苦情は、不適切なアカウント制限、閉鎖、ハッキングされたアカウントに対するサポートの欠如です。

3. Crypto.com

Crypto.comは、2016年に設立されたシンガポールの暗号通貨取引所および金融サービスプラットフォームです。同プラットフォームは、5,000万人以上のユーザーを誇っています。CoinGeckoによると、この取引所は、Binanceの米国子会社であるBinance.USを除いて、日別取引量で11位にランクされています。

このプラットフォームは、人気の高いVisaカード・プログラムを備えています。ユーザーはすべての買い物で5%ものキャッシュバックを受けることができ、さらに他の特典もあります。これらの特典を受けるには、ユーザーはCrypto.comのネイティブ暗号通貨CROを所有し、ステークする必要があります。また、このプラットフォームには魅力的な「収益」プログラムがあり、ユーザーは暗号通貨で最大14.5%、ステーブルコインで8.5%の利回りを得ることができます

Apple Payを使ってCrypto.comでビットコインを購入する方法

1)iPhoneでCrypto.comのアプリケーションを開きます。ホームパネルに移動し、左上の「購入する」ボタンをタップします。

2) 購入したい暗号通貨の金額を入力し、支払い方法としてApple Payを選択します。その後、下部の「購入する」ボタンを押します。

3) Crypto.comカード購入のための2.99%のサービス手数料を受け入れるかどうかの確認画面が表示されます。該当するボックスにチェックを入れ、「Continue」を押してください。

4) その後、為替レートとCrypto.comの手数料に問題がないことを最終確認し、下部にある「Buy with Apple Pay」をタップします。すると、Apple Payがポップアップで表示され、取引を確認することができます。

Crypto.comの料金・手数料

Crypto.comは、すべての暗号資産の引き出しに変動手数料を課しまています。ビットコインの引き出しの場合、0.0005BTCが課されます。ユーザーは、取引をブロックチェーン上で処理するために、標準的なネットワーク手数料も支払う必要があります。

Crypto.comのカード購入のための2.99%の処理手数料には、Apple Payでの購入も含まれます。ユーザーは、銀行振込でCrypto.comアカウントに入金すれば、これらの手数料を避けることができます。ただし、このプロセスは、銀行カード購入(Apple Pay経由を含む)よりも遅延しやすいです。

Apple Payを使ってCrypto.comでCryptoを購入するメリットとデメリット

メリット:便利で使い勝手が良い

Apple Payを決済方法としてCrypto.comで暗号資産を購入することは、投資家に暗号資産を即座に購入できる点です。Coinbaseと同様、Crypto.comのプラットフォームは簡単かつ直感的なインターフェースで知られています。そのため、このプラットフォームは初心者にとても優しいと考えられています。また、Crypto.comはより真剣な暗号資産トレーダー/投資家向けに高度な取引機能もあります。

メリット:幅広い暗号資産の種類

Crypto.comプラットフォームでは、Apple Payで購入可能な暗号資産が250以上もあります。ほとんどのユーザーには十分すぎるほどの種類の多さでしょう。

メリット:多彩な暗号通貨商品の豊富なパッケージ

Crypto.comは、暗号資産を取引したいユーザーだけでなく、独自のVisaカードも提供しています。また、CROをステーキングした金額に応じて、購入ごとに最大5%のキャッシュバックを受け取ることができます。

Crypto.comは、ユーザーにインスタントクレジットライン、支払い処理サービス、インハウスの非代替性トークン(NFT)プラットフォーム、「Crypto.com Earn」という利回り収益サービスも提供しています。ユーザーは、CROをステーキングした金額に応じて最大14.5%のAPYを取得できます。

デメリット:Apple Payでの暗号資産購入に制限あり

Crypto.comでApple Payを使用した1日あたりの暗号資産購入制限は、Crypto.com Visaカードの色別ランクによって異なります。カードがないか、最低ランクのMidnight Blueの場合、購入制限は週に$750に制限されます。Ruby Steelカード保有者は、Apple Payを使用して週に最大$2,000分の暗号資産を購入できます

高ランクのJade Green/Royal Indigoは週に$5,000を購入できます。Icy White/Rose Goldは週に最大$2万まで購入でき、Black Obsidianカード保有者は週に最大$10万の暗号通貨を購入できます。

Apple Payは、Crypto.com Visaカードのスキームを利用せずに、1回限りの購入を行いたい小口投資家にとって便利です。しかし、大口の購入を行いたい人々は、Visaカードを利用する必要があるため、それぞれの投資家にとって適しているとは限りません。

例えば、1%キャッシュバックを提供するRuby Steelカードを取得するには、投資家はCrypto.comのネイティブトークンであるCROを$400購入してステーキングする必要があります。5%キャッシュバックを提供するBlack Obsidianカードを取得するには、$40万分のCROを購入してステーキングする必要があります。

4. OKX

OKXはセーシェル共和国に拠点を置く、暗号通貨およびデリバティブの取引所で、「OKEx」として知られています。スター・シューが2017年に設立しました。シューはかつてYahooで開発エンジニアとして働き、その後Docinの最高技術責任者としても活躍していました。

2023年2月現在、OKXは取引量で世界第10位の暗号資産取引所です。60か国以上でサービスを提供し、暗号資産取引、先物取引、オプション取引、クラウドマイニング、マージン取引を提供しています。多くの取引オプションに加えて、OKXは300を超える暗号資産をサポートしています。

OKBはOKXのERC-20トークンであり、取引手数料の割引を顧客に提供するために使用されます。OKXトレーダーは、OKBをサブアカウントに保有することで、最大25%まで取引手数料を割引されます。また、OKB保有者はOKX Earnを利用して、利息を得ることができます。さらに、OKBの保有者はOKX Jumpstartを利用して、新興ブロックチェーン・イニシアチブからインセンティブ・トークンを受け取ることができます

Apple Payを使ってOKXでビットコインを購入する方法

1)まず、iPhoneでOKXアプリを開いてください。左上にある「購入」ボタンを押してください。

2) 次に、買いたいビットコイン(または他の暗号資産)の金額を入力してください。次に、「Apple Pay」を選択して支払い方法を選択してください。

3)3番目に、OKXから本人確認が求められます。認証コードを受け取るためEメールを入力してください。

4) 次に、認証コードを入力します。

5) 最後に、確認情報を送信した後、注文が処理されます。

OKXでは、一般ユーザーとVIPユーザーで異なる取引手数料がかかります。VIPユーザーは、30日間の取引高と毎日の資産残高にアクセスできます。一方、一般ユーザーは、全体的な口座保有額に基づいてレベルに分かれます。手数料のレベルは、スポット取引量、先物および永続契約の総取引量、オプション取引量、総資産によって変わります。これらのレベルに関するOKXの定義に合致するユーザーは、最高の手数料割引を受けることができます。

たとえば、最も低いレベル(Lv1)の「一般ユーザー」が支払うスポット取引手数料の上限は、メーカー手数料が0.08%、テイカー手数料が0.1%です。一方、「VIPユーザー」の最高レベル(VIP 8)は、メーカー手数料が-0.005、テイカー手数料が0.02%となります。これらの手数料は、先物、永続、オプション取引をする場合には異なります。ユーザーは引き出し手数料も支払う必要がありますが、これはOKXではなくマイナーに報酬として支払われます。

Apple Payを使ってOKXで暗号資産を購入するメリットとデメリット

メリット: 安定した取引オプションと幅広い暗号資産のサポート

OKXは60以上の国々でサービスを提供し、暗号資産の取引、先物および無期限契約の取引、オプション取引、クラウドマイニング、マージン取引などのサービスを提供しています。多数の取引オプションに加え、OKXは現在343種類の暗号資産をサポートしています。

メリット: 暗号資産の購入方法 が簡単

カード、銀行口座、デジタルウォレットを使用して暗号資産を購入することができます。クレジットカード、デビットカード、銀行口座の振込、Apple Pay、Google Payなどを使用して、数秒で暗号資産を購入できます。

デメリット: 米国の制限

OKXでは、米国のユーザーは利用できません。ただし、世界60以上の国・地域でOKXのサービスを利用することができます。

デメリット: 暗号資産通貨の流動性が低いものも

OKXは幅広い暗号資産に対応しているため、一部の資産取引では、流動性プールが制限されている場合があります。

5. BitPay

BitPayは、米国に拠点を置く、ビットコインに特化した支払いサービスおよび暗号資産ウォレットのプロバイダーです。同プラットフォームは、個人およびビジネスの両方のユーザーにサービスを提供しています。同社は2011年に設立され、暗号資産においては比較的長い歴史を持っています。個人ユーザーは、BitPayを利用して暗号資産を購入、保管、スワップすることができます。

ユーザーは、BitPayの暗号資産デビットカードを使用して暗号通貨を支払うこともできます。加盟店によっては、ユーザーがキャッシュバックを受け取ることも可能です。BitPayのユーザーは、ノンカストディアル・ウォレットやブラウザ拡張機能を利用して簡単にオンライン支払いを行うこともできます

BitPayプラットフォームに保存されている暗号資産のウォレットはノンカストディアルです。つまり、ユーザーは自分でウォレットの秘密鍵を安全に保管することが求められます。これにより、ユーザーは暗号資産を完全な所有権を持つことができます

もし何かがBitPayに起こり、同社が破産したとしても、ユーザーの暗号資産が危険にさらされることはありません。これは、取引口座預託型のCoinbaseやCrypto.comとは異なります。

ただし、暗号資産投資の初心者にとっては、これはやや困難なことかもしれません。初心者は、自分の秘密鍵情報にアクセスできなくなり、ウォレットや内部のデジタル資産に永久にアクセスできなくなる可能性があります。

Apple Payを使ってBitPayでビットコインを購入する方法

1) iPhoneでBitPayアプリを開きます。ホームパネルに移動し、左上の「購入」ボタンを押します。

2)購入したい暗号通貨の量を入力し、「Continue」をタップします。

3)追加したい暗号資産と暗号資産ウォレットを選択します。次に、支払い方法としてApple Payを選択し、「View Offers 」を押します。

4) さまざまな為替レートのオファーが表示されます。お好みにあわせて「Buy」ボタンをタップしてください。

5) BitPayから、取引を完了するためにパートナーのウェブサイトにリダイレクトされることが通知されます。「Continue」を押して次に進みます。

6) 提携先のウェブサイトが表示されます。ここで、支払う手数料と取得する為替レートの内訳が表示されます。Apple Payを使って購入を完了するには、下部にある「Buy with Apple Pay」ボタンをタップします。Apple Payがポップアップ表示されるので、その他サービスと同様に取引を確認します。

銀行カード(Apple Payを含む)を使用して暗号資産を購入するユーザーに提供される為替レートには、すべての手数料が含まれています。ユーザーがBitPayプラットフォームで選択するサードパーティの法定通貨から暗号通貨への支払いプロセッサによって、ユーザーが支払う手数料が異なります。

BitPayのパートナーであるSimplexは、暗号資産の購入ごとに最低$10または取引総額の5%を請求します。BitPayはこれに加えて、取引総額の1%の追加手数料を請求します。

Apple Payを使ってBitPayで暗号資産を購入するメリットとデメリット

メリット:便利で使い勝手が良い

本記事で挙げた他のプラットフォームと同様、BitPayでApple Payを使えば、迅速かつ便利に暗号資産を購入することができます。モバイルアプリは使いやすく、BitPayの暗号資産デビットカードも同様に便利です。

デメリット:高額な手数料が発生する可能性がある

BitPayは、隠れた手数料やマークアップがなく、高い競争力を持つ為替レートを提供することを強調しています。しかし、ユーザーが取引所で銀行振込で暗号資産を購入する場合よりも高い手数料が発生する可能性があります。ただし、BitPayの手数料の評価はユーザに可視化されています。

デメリット:大口取引のためのIDプロセス

BitPayは、3,000ドル以上の暗号資産の送信、または1,000ドル以上の返金を受ける場合、ID認証の手続きを完了し、「BitPay ID」を取得する必要があります。プライバシーを重視する暗号資産のユーザーにとっては、この点でプラットフォームを使用することを躊躇するかもしれません。ただし、ID認証プロセスは、Apple Payを使用することで、小規模な暗号資産の購入を行う場合には不要です。

デメリット:暗号通貨オプションの不足

BitPayのプラットフォームでは、13種類の暗号通貨のみが購入可能です。そのラインナップはBTC、BCH、ETH、DOGE、LTC、USDC、USDP、GUSD、BUSD、DAI、WBTCSHIBAPEとなっています。

デメリット:サポートが不十分

Trustpilotに掲載されているBitPayの156件のレビューのうち85%が5段階評価で1を付けています。このようなカスタマーサポートの悪さが、評価の低い最も一般的な理由です。

6. MetaMask

MetaMaskは、2016年に設立されたノンカストディアル暗号通貨ウォレットです。ブラウザ拡張機能またはモバイルアプリを介して、ユーザーはEthereumネットワークや多数の他のブロックチェーンとやり取りすることができます。

2020年には、分散型金融(DeFi)に関心が高まったため、このウォレットは大きな注目を集めました。MetaMaskのユーザーは、ウォレットを使って、多数のブロックチェーンを横断してDeFiアプリケーションと簡単にやり取りすることができます。そのため、このウォレットはしばしば市場の主要な「web3」ウォレットの1つと呼ばれています。MetaMaskウォレットのユーザーは、暗号通貨を購入、送信、受信、交換するためにもプラットフォームを使用できます。

Apple Payを使ってMetaMaskで暗号資産を購入する方法

1) iPhoneでMetaMaskウォレットアプリを開き、「Buy」ボタンをクリックします。

2)支払い方法としてApple Payを選択します。ここで 「Continue to amount」をタップしてください。

3)購入したい暗号通貨と、それを購入する法定通貨を選択します。そして、購入したい金額を入力します。ここで、”Get quotes “をタップしてください。

4) MetaMaskが暗号通貨の為替レート相場を取得するようになります。

5) MetaMaskのパートナー各社の為替レートと手数料が表示されます。MetaMaskのパートナーからお好みの見積もりを選択します。Apple Payを利用して取引を完了するためのポータルが表示されます。

MetaMaskの料金・手数料

MetaMaskは、Coinbase、Transak、Moonpay、Wyreと統合しており、プラットフォーム内で直接暗号資産を購入することができます。ユーザーはこの4社すべてでApple Payを使用して暗号資産を購入することができます。手数料は、ユーザーがどのMetaMaskパートナーで購入するかによって異なります。MetaMaskは、すべての暗号通貨スワップに対して0.875%の手数料を課します。

Apple Payを使ってMetaMaskで暗号資産を購入するメリットとデメリット

メリット:使いやすさ

Web3ウォレットの中で言えば、MetaMaskは最も使いやすく、設定が簡単なウォレットの1つです。主にWebブラウザ拡張機能として使用され、分散型Webをナビゲートする際に必要に応じてポップアップします。ウォレットを設定することは非常に簡単で、数分しかかかりません。ウォレットが設定されたら、Apple Payを通じてとても簡単に暗号通貨を購入することができます。

メリット:複数のウォレット

MetaMaskのユーザーは、MetaMaskプラットフォーム内で複数のウォレットを作成できます。これにより、プライバシーを重視する人にとっては、より匿名性が向上するでしょう。

メリット:複数のブロックチェーンとNFTをサポート

MetaMaskのユーザーは、イーサリアムネットワークだけでなく、バイナンスのBNBネットワーク、Polygon、Avalancheなど、複数の異なるブロックチェーンとやり取りするウォレットを作成できます。また、ユーザーはウォレットを使ってNFTを保存することもできます。MetaMaskは、最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaに簡単かつ直感的に接続します。

デメリット:ビットコインに非対応

MetaMaskのユーザーは、ウォレットを使ってビットコインを保存することができません。ユーザーは、ビットコインをEthereumブロックチェーンに対応したERC-20トークンであるWrapped Bitcoinに変換することができます。しかし、Wrapped Bitcoinには独自のリスクがあり、多くのビットコイン愛好家はビットコインブロックチェーン上に実際のビットコインを保持したいと考えるでしょう。

デメリット:サードパーティによるKYC要件

MetaMaskは、アカウントを設定するために個人情報を求めることはありません。ただし、MetaMaskのパートナーであるMoonPayやWyreなどを介してMetaMaskプラットフォームを通じて暗号通貨を購入する場合は、いくつかの個人情報を提供する必要があります。これらの企業は暗号通貨の支払い処理企業であり、KYC要件の対象となります。

MetaMaskは2022年12月にプライバシーポリシーを更新し、ユーザーのIPアドレスを収集することを発表しました。これにより、多くのユーザーがMetaMaskに代わるものを検索し、同社が部分的な方針の転換・明確化を発表する前に、大きな反発がコミュニティで起きました。マーケット・リーダーであるMetaMaskはまた、フィッシング検出を含む新しいセキュリティ機能を2023年2月に発表しました。

デメリット:Apple Payでの取引制限

ユーザーがMetaMaskのパートナーの1つを介して直接プラットフォーム内で暗号通貨を購入する場合、日々の取引額の制限に直面することになります。Apple Payで暗号通貨を購入する場合、これらの制限はより制限的になる場合があります。たとえば、Wyre APIを介してApple Payを使用して暗号資産を購入する場合、1日あたり400ドル分の暗号通貨しか購入できません。これは、多くの他の暗号資産プラットフォームの日々のApple Pay取引制限よりもはるかに低い金額となっています

デメリット:高い手数料

ユーザーがMetaMaskプラットフォームからApple Payを使って、あるパートナーの暗号通貨を購入する場合、銀行振込を介して従来型の取引所で暗号通貨を購入する場合よりも高い手数料がかかります。

デメリット:限定的なカスタマーサポート

MetaMaskは、カスタマーサポートが非常に限定的です。MetaMaskからライブサポートを受けるようなオプションはありません。代わりに、ユーザーは大部分の場合、MetaMaskのヘルプセンターやコミュニティメッセージボードを参照する必要があります。

デメリット:初心者にはリスキー

初心者の暗号通貨ユーザーは、ユーザーの秘密鍵を入手しようと仕組まれた、多くの詐欺に簡単に引っかかる可能性があります。暗号資産投資家は、ウォレットに大量の資本を投資する前に、MetaMaskやWeb3ウォレットの仕組みを調査する必要があります。

7. Exodus

Exodus(エクソダス)は、自称Web3ウォレットです。ビットコイン、その他の暗号資産やNFTの受信・送信・保存・購入が可能です。このウォレットは、ブラウザ拡張機能、モバイルウォレット、デスクトップウォレットの3つの形態で提供されています。

MetaMaskと同様に、このウォレットは、さまざまなDeFiプロトコルを含む幅広い分散型アプリケーション(DApps)とシームレスに統合されています。Exodusはノンカストディアル・ウォレットで、ユーザーは自分の秘密鍵に独占的にアクセスし、安全に保管する責任があります。

Apple Payを使ってExodusで暗号資産を購入する方法

1) iPhoneでExodus Walletアプリケーションを開きます。”Buy Crypto “ボタンをタップ。

2)支払い方法としてApple Payを選択します。

3) 購入したい暗号通貨と金額を選択します。すると、Exodusのパートナーから即座に見積もり為替レートを受け取ることができます。続けると、パートナーのウェブサイトにジャンプし、取引が完了します。

4) 提携先のページで「Buy with Apple Pay」をタップして取引を確定させます。

Exodusの料金・手数料

Exodusは、プラットフォームを通じて暗号通貨を購入する際に手数料は発生しません。むしろ、ウォレットプロバイダーは、ユーザーを2つのサードパーティーの法定通貨から暗号通貨への支払いプロセッサー、RampとMoonPayに接続します。これらの暗号資産決済プロセッサーはいずれも手数料を徴収しますが、これは市場の状況によって異なる場合があります。

Apple Payを使ってExodusで暗号資産を購入するメリットとデメリット

メリット:ユーザーフレンドリーで簡単に始められる

Exodus walletは、市場で最もユーザーフレンドリーなWeb3ウォレットの1つとしてランクされています。このウォレットは、17万6,000人のレビューによると、Apple appストアで5点満点中4.6点を獲得しています。

メリット:優れたカスタマーサポート

同種のWeb3ウォレットサービスと比較して、Exodusはユーザーに対して高いレベルのサポートを提供しています。サポートは迅速で、オンラインチャットや電子メールを通じて24時間365日利用可能です。

デメリット:Exodusのパートナーに支払うカード購入手数料が高い

Exodusのサードパーティの暗号通貨支払いプロセスプロバイダーがカードで暗号資産を購入する場合に請求する高額な手数料を考慮すると、ユーザーは通常、ExodusウォレットでApple Payを使って暗号資産を購入しても、競争力のある暗号通貨の為替レートの恩恵を受けることができません。

デメリット:サードパーティーのKYC要件

Exodusでウォレットを設定するには、ユーザーが個人識別情報を入力する必要はありません。ただし、RampやMoonPayなどのExodusパートナーを通じて暗号資産を購入する場合、ユーザーはいくつかの個人情報を入力する必要があります。

この両方の暗号資産支払い処理会社は、各自の規制地域でKYC要件に従う必要があります。匿名性を維持したい暗号資産投資家にとって、このことが暗号資産を購入することをためらわせるかもしれません。

デメリット:Apple Payでの取引制限

ユーザーは1回/1日あたり最大$5,000の暗号資産までしか、Apple Payで購入することができません。

デメリット:カスタムネットワーク手数料はビットコイン、イーサリアムのみ

ユーザーによっては、自分の取引をブロックチェーン上で処理させるために支払う手数料をカスタマイズしたいと考える人もいるでしょう。そうすることで、ネットワークキュー内でそのトランザクションの優先度が高まったり低下したりします。Exodusウォレットのユーザーは現在、BitcoinとEthereumネットワークでのみでしか、ブロックチェーン手数料をカスタマイズできません。他のアルトコインの熱心なトレーダーやユーザーにとっては、この点がウォレットの利用を妨げる可能性があります。

最終結論:Apple Payを使ってビットコインを買うべきか?

Coinbase、Crypto.com、BitPay、MetaMaskは、Apply Payを使用して暗号資産を購入する便利で迅速な方法をユーザーに提供しています。少額や低頻度での暗号資産の購入であれば、Apple Payやデビットカード/クレジットカードを使った暗号資産の購入に関連する高い手数料は、初心者の投資家にとって気にならないかもしれません。手数料を支払う方が、銀行/暗号通貨転送を経由してお金を送る手順をすべて実行するよりも簡単だからです。

投資家の仮想通貨の意図がより真剣になるにつれて、計算は変わってきます。暗号資産への多額の投資を希望するユーザーにとっては、従来の取引所に送金し、取引所の現金残高を使用して暗号資産を購入することが最善の選択肢になると思われます。この場合、スプレッドとメーカー・テイカーの手数料が発生します。しかし、これらの手数料は、銀行カード(Apple Payを含む)を使って直接暗号資産を購入する場合に比べれば、従来からはるかに低く抑えられています。

Apple Payを使用して暗号資産を購入する場合、暗号資産投資家は個人情報を提供する必要があります。これは、Apple Payを介して暗号資産を販売している多くのプラットフォーム/サードパーティー・プロバイダーがKYC要件の対象であるためです。匿名性を重要視する暗号資産ユーザーにとっては、これは明らかな障壁となるでしょう。

よくある質問

Apple PayでBTCを購入することは可能ですか?

CoinbaseでApple Payを使ってビットコインを購入できますか?

BinanceでApple Payを使って暗号資産を購入できますか?

Apple Payで暗号資産を購入することは可能ですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー