詳細を見る

バイナンスコイン(BNB)の買い方

29 mins
記事 Iulia Vasile

ヘッドライン

  • BNBは、世界最大級の暗号資産取引所であるBinanceが発行するユーティリティトークン
  • BNBチェーンは、Binanceが開発・運営する独自ブロックチェーンで、もともとは「Binance Smart Chain」と呼ばれていましたが、2022年10月に「BNB Chain」に改名
  • BNBの購入は直感的なインターフェースと圧倒的な流動性があるBinanceがもっともオススメ。

バイナンスエコシステムにおいて、バイナンスコイン(BNB)はなくてはならない存在です。しかし、BNBとは一体何なのでしょうか?そして、バイナンスを支える基盤となるブロックチェーンはどのように機能しているのでしょうか?

そこで本記事では、BNBの購入方法をはじめ、BNBとバイナンスブロックチェーンについて、暗号資産初心者トレーダーでもわかりやすいように詳しく解説します。

BNBを購入できるオススメ取引所

Coinbase

初心者に最適
Coinbase
Coinbaseはコチラ 公式サイトを見る
サポートされるアセット 250種類以上
入金手数料 0
取引手数料 0~0.001%

Kraken

セキュリティに最適
Kraken
Krakenはコチラ 公式サイトを見る
サポートされるアセット 120以上
入金手数料 0
取引手数料 0.02~0.05%

OKX

ステーキングに最適
OKX
OKXコチラ 公式サイトを見る
サポートされるアセット 300
入金手数料 0
取引手数料 0.1%

バイナンスコインとは?

バイナンスChain(BNB)は、2019年4月にバイナンス取引所(創設者:Changpeng Zhao氏)によって立ち上げられたブロックチェーンです。高速かつ低コストの暗号資産取引を主要な目的として設計されました。

バイナンス(グローバル版)とバイナンス U.S.が異なるように、Binance Smart Chain(BSC)もまた別のブロックチェーンであり、2020年9月にローンチされました。こちらはスマートコントラクトと分散型アプリケーション(DApps)をサポートするために作成されました。

BNBはCosmos SDKを使用して構築されましたが、BSCはGo Ethereumクライアントのフォークです。2022年2月、BNBとBSCは統合され、現在私たちが利用しているBNB Chainとなりました。

バイナンスコイン(BNB)の仕組み

BNBチェーンの統合後、BNBチェーンはビーコンチェーンとして機能し、BSC(BNBスマートチェーン)と並行して稼働する一方で、ガバナンスやコンセンサス層としての役割も担うようになりました。BSCはスマートコントラクトや実行層となります。

BNBは「Build and Build」の略称です。BNBコインは、BNBチェーン上のトランザクションを燃料とするだけでなく、ガバナンストークンとしても機能します(イーサリアムのガスに似ています)。

重要なのは、BNBチェーンを使用する場合、ほとんどの場合BNBスマートチェーンを使用しているということです。さらに、BNBコインには、BNBビーコンチェーン(BNB)とBNBスマートチェーン(BNB)の2つのバージョンがあります。

バイナンススマートチェーン(BSC)とは?

バイナンスは、2019年4月に最初に展開したバイナンスチェーンの制限を解決するために、2020年9月にバイナンススマートチェーン(BSC)を立ち上げました。バイナンスチェーンは超高速な取引を優先していましたが、これらのコントラクトに必要な高い計算能力が原因で、スマートコントラクト機能が欠けていました。

一方、BSCはバイナンスチェーンのサイドチェーンとして設計され、特にスマートコントラクトのプログラマビリティをサポートしながら、高いトランザクション速度を維持することを目的としていました。

この開発は、イーサリアムなどの他のネットワークで発生した混雑問題、特に2017年12月のCryptoKitties現象のようなイベント中に顕著になったものに対応するものでした。

バイナンススマートチェーンの高利回りファームのご紹介

バイナンススマートチェーンには、魅力的な利回りが得られる「イールドファーミング」ができるプラットフォームがいくつか存在します。その中でも特に有名なものをいくつかご紹介します。

  • PancakeSwap(パンケーキスワップ)
    • バイナンススマートチェーン上で最大手の1つであるAMM(自動マーケットメイカー)であり、イールドファーミングでもトップクラス。
    • ユニスワップをフォークしており、トークン交換、流動性供給によるファーミング、高利回りでの報酬獲得などが可能。
    • ウサギやパンケーキなどのかわいらしいテーマを採用した使いやすいインターフェースが特徴。
  • Venus Protocol(ヴィーナスプロトコル)
    • 預けた資産を担保にして融資を受けたり、合成ステーブルコインを鋳造することができ、 DeFi(分散型金融)商品への投資機会を広げる。
  • Pancake Bunny(パンケーキバニー)
    • バイナンススマートチェーン専用のイールドアグリゲーター(收益最適化ツール)であり、PancakeSwapと併用されることが多い。
    • 預けた資産を自動的に複数のファームに分散投資し、最適な利回りを得られるようにする。
  • Autofarm(オートファーム)
    • 戦略的な利回り獲得のための「ボールト(貯金庫)」や、DEX(分散型取引所)間で最適な取引価格を見つける「オートスワップ」などの機能を提供。
  • BakerySwap(ベーカリースワップ)
    • AMM、DEX、NFTマーケットプレイスなど、DeFiに必要な機能が全て揃ったオールインワン型のプラットフォーム。

バイナンスコイン(BNB)が人気な理由

BNBが人気を集めているのは、主にバイナンスというブランドの影響力が大きいからです。しかし、バイナンススマートチェーン自体も、イーサリアムに比べて低いガス代を提供しており、開発者や分散型アプリケーション(DApp)ユーザーにとって魅力的です。

バイナンスコイン(BNB)と他の暗号資産の比較

CoinMarketCapによると、BNBは時価総額で4番目に大きな仮想通貨ですが、24時間取引量で見ると9番目となっています。

バイナンス vs バイナンス.US

立ち上げ当初から何度かシステム障害に見舞われたバイナンス(オリジナル版)ですが、依然として米国版のバイナンス.USとは差別化を図っています。取り扱う仮想通貨の種類が多く、ユーザーフレンドリーな機能を備えているため、バイナンス.USよりも機能性と使いやすさに優れています。そのため、多くのユーザーは、バイナンスの技術的な問題が将来的に改善されることを期待しています。

一方、バイナンス.USは、提供されるサービスが州によって異なり、ユーザーベースが制限されるという課題を抱えています。しかし、バイナンス.USが拡大を目指していることを考えると、現在バイナンスは初心者から上級者まで幅広いトレーダーに対応している点が重要です。規制の状況や SEC などの取り締まり強化に伴い、バイナンス vs. バイナンス.US という議論は今後も活発化していくでしょう。

バイナンスコイン(BNB)とイーサリアム

イーサリアムとBNBは、多くの点で似ています。例えば、バイナンススマートチェーンはイーサリアムのフォークであり、どちらも「ビーコンチェーン」と「スマートコントラクト層」という構造を持っています。

つまり、どちらも「統合」イベントを実施しており、アーキテクチャ(構造)も似ているのです。しかし、違いは「ビーコンチェーン」の仕組みです。

最後に、BNBは「プルーフ・オブ・ステーク・オーソリティ(PoSA)」と呼ばれる仕組みを用いており、イーサリアムは「プルーフ・オブ・ステーク(PoS)」を採用しています。簡単に言うと、BNBは中央集権的なガバナンス機構を採用しており、イーサリアムはより分散化されたガバナンスとなっています。

バイナンスコインのエコシステム

多くの代替L1とは異なり、BNBは活気に満ちたエコシステムを持ち、分散型取引所、イールドファーミング、NFTなど、様々なDAppsが活躍しています。以下、BNBチェーン上のDAppsのほんの一例をご紹介します。

  • PancakeSwap – DEX
  • DODO – DEX
  • Travala – ホテル予約
  • OpenOcean – DeFi
  • BlockGames – GameFi

BNBウォレット:多様な選択肢

人気ブロックチェーン上で動作するBNBは、多くのウォレットで広くサポートされています。以下、おすすめのBNBウォレットをご紹介します。

  • Binance Wallet:バイナンスの公式ウォレットとして、バイナンスプラットフォーム上で直接BNBを管理・取引するためのシームレスな統合を提供します。
  • Trust Wallet:使いやすいモバイルウォレットであるTrust Walletは、BNBやその他の暗号資産を安全に保管するための堅牢なセキュリティ機能を提供します。
  • SafePal:ハードウェアとソフトウェアのウォレットソリューションで知られるSafePalは、BNBを安全かつ便利に保管するためのオプションを提供します。
  • MetaMask:主にイーサリアムで知られるMetaMaskは、BNBもサポートしており、ユーザーは慣れたインターフェース内で資産を管理することができます。
  • Ledger:ハードウェアウォレットであるLedgerは、BNBに対して最高レベルのセキュリティを提供し、資産の安全性を優先するユーザーに最適です。

BNBステーキング:利回り獲得

BNBチェーンはプルーフ・オブ・ステークブロックチェーンであるため、BNBをステーキングすることができます。しかし、実際にステーキングするのではなく、正確にはBNBを委任すると言えます。なぜなら、チェーンを検証できるのは特権的なバリデーターセットのみだからです。

バイナンスコイン(BNB)を購入できる場所

前述の通り、BNBは非常に人気のあるブロックチェーンとコインです。そのため、多くの取引所でこの人気のある暗号資産を取り扱っています。

信頼性
100
暗号資産の種類
350以上
取引手数料
0.00%〜0.01%
ボーナス
600ドル以上
信頼性
100
暗号資産の種類
50以上
取引手数料
0.0178%〜0.0712%
ボーナス
最大1万ドルの紹介ボーナス
信頼性
100
暗号資産の種類
700以上
取引手数料
0.1%
ボーナス
最大700USDT
信頼性
100
暗号資産の種類
200以上
取引手数料
0.075%
ボーナス
最大3万ドル

BNBの買い方ガイド

BNBは、人気が高く様々な取引所で購入や取引が可能です。取引所によって多少の違いはあるものの、基本的な手順は似ています。今回は、ユーザーフレンドリーなインターフェースとDeFiレンディング分野での実績で知られる「YouHodler(ユーホルダー)」を使った購入方法をご紹介します。

ステップ1:アカウントの作成

まずは、YouHodlerのプラットフォームでアカウント登録を行いましょう。必要事項を入力すると、本人確認(KYC)のプロセスが求められます。KYCは取引のセキュリティとコンプライアンスを強化するもので、認証完了後にBNBの購入が可能になります。

ステップ2:通貨と支払い方法の選択

YouHodlerで「暗号資産を購入」をクリックすると、BNB購入のためのオプションが表示されます。

ステップ3:支払い方法の選択

YouHodlerの為替レートはリアルタイムで変動する可能性があるので注意してください。利用したい支払い方法を選択し、購入内容を確認してから確定してください。

ステップ4:BNBの保管

購入後は、自分の暗号資産ウォレットにBNBを保管するか、取引に使用しましょう。購入を決める前に、最新のサービスやアップデート情報については必ずYouHodler公式サイトを確認してください。

CZ辞任がバイナンスコイン(BNB価格に与えた影響

2023年11月21日(協定世界時)、暗号資産業界は大きなニュースで揺れました。世界最大の取引所であるバイナンスのCEO、チャン鵬趙氏(CZ)が辞任を発表したのです。バイナンスが巨額の罰金と和解に同意し、怪しい取引を許容していたことが発覚したことが背景にありました。

後任には、アラブ首長国連邦のアブダビで金融市場規制に携わっていたリチャード・テン氏が就任します。シンガポールとUAEでの経験を持つテン氏は、規制強化が進む暗号資産業界にとって欠かせないコンプライアンスのバックグラウンドを持っています。

当然のことながら、特にトレーダーたちはCZの辞任を歓迎しませんでした。バイナンスエコシステムの中核を担うBNBコインは、すぐに10%下落して240ドルになりました。また、強気なBNBのポジションが1時間以内に300万ドル以上も清算されたというデータもあります。これは過去90日間で最高であり、懐疑的な見方が広がっていることを示しています。

さらに、BNB価格は低迷しており、2023年11月27日現在は約226ドルと、1週間で13%下落しています。CoinMarketCapのランキングでは、2番目に大きな「下落銘柄」となっています。もう一つの懸念材料は、BNBの資金調達レートが0.025%から0.0093%に急落したこと。このような資金調達の急減は、投資家が今後訪れるであろう問題に備えていることを示唆しています。もしもマイナスになれば、200ドルを下回るBNB価格も可能性として排除できません。

暗号資産業界は今、不透明感に包まれています。一部の人にとっては買いチャンスかもしれませんが、状況が落ち着くまで様子見をする人も少なくありません。規制問題とリーダーシップの変更は、今後も市場センチメントを左右し続けるでしょう。もしもまだBNBの購入を検討しているなら、この変動し続ける状況を注視していく必要があります。

バイナンスコイン(BNB)は購入するべきか?

BNBとは何か、仕組みはどうなっているのかを理解した上で、実際に購入する価値があるのかどうかを検討しましょう。

BNBのメリットとデメリット

メリット

  • 低い手数料と高いトランザクションスループット
  • 多様なDAppsのエコシステム
  • 活発な開発者コミュニティ
  • コスモスとイーサリアムブロックチェーンの利点を活かしている
  • バイナンスで割引価格で暗号資産を購入できる

デメリット

  • 権限委任型承認(PoSA)メカニズムを採用している
  • ブロックチェーン操作の疑い
  • バイナンスの規制問題が価格に影響を与える可能性がある

バイナンスコイン(BNB)が自分にとって良い投資かどうか

BNBがあなたにとって良い投資かどうかは、主にあなたの個人的な財政目標によって異なります。しかし、投資する前に心に留めておくべき点がいくつかあります。

まず、BNBはバイナンスが認定したバリデーターによって運営される権限委任型承認(PoSA)ブロックチェーンです。これは、BNB上のすべてのDApp、スマートコントラクト、ユーザーにとってカウンターパーティリスクを伴います。

さらに、BNBチェーンはそもそも「ブロックチェーン」ではないという主張もあります。BNBコインは確かに印象的な価格パフォーマンスを達成していますが、暗号資産にバイナンスの名前が付いているだけでは、ブロックチェーンの高いリスク懸念を無視することはできません。

バイナンスコイン(BNB)の価格予測:2023/2025/2030

バイナンスコインにまだ興味がある場合は、将来の価格がどのように推移していくのか知りたいと思うでしょう。より詳細な分析については、当社のBNB価格予測を参照してください。簡単に言えば、専門家はBNBコインが2023年に256.60ドル、2025年に347.20ドル、2030年に1352.20ドルになると予測しています。ただし、どの予測も100%正確であるとは限らず、変動の激しい暗号資産市場では状況は急速に変化する可能性があることに注意してください。単一の価格予測に頼るのではなく、常にDYOR(自分で調査)することが重要です。

慎重にバイナンスコイン(BNB)を購入しよう

BNBは、実際に多くのユーザーを獲得している、EVM互換のレイヤー1、イーサリアムの代替案の1つです。時間をかけて実績を積み重ねてきました。しかし、金融業界でよく言われるように、過去の成果は将来の結果を保証するものではありません。BNBの購入を検討している場合は、評判の良い取引所を選択し、適切な暗号資産ウォレットセキュリティ対策を講じ、決して失っても構わない範囲内で投資しましょう。

よくある質問

1ドル分のBNBは買える?

一番安くBNBを買うには?

BNBはイーサリアムよりも安いの?

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー