詳細を見る

デジタル資産管理と分散型ゲーム経済の未来

18 mins

テクノロジーは常に進化し続けています。その中でも、デジタル資産管理(DAM)は、デジタル資産の管理において重要な役割を担っています。ファイルフォルダや共有ドライブの時代から、ブロックチェーン技術の最新の進歩に至るまで、DAMの進化は目覚ましいものがあります。一方ゲーム業界は今日、イノベーションの最前線に立っています。ゲーム業界の分散型ゲーム経済によって、デジタル資産管理に対する見方は大きく変わりつつあります。

現在、DAMの未来はかつてないほど期待が高まっています。この記事では、分散型ゲーム経済の発展におけるDAMの役割を探っていきます。

デジタル資産管理(DAM)の現状

現代のビジネス、特にクリエイティブ産業においては、デジタル資産管理は業務上不可欠なものとなっています。これは、デジタル資産の価値がますます高まっており、その効果的な管理が企業の成功に欠かせないからです。デジタル資産管理を効果的に行うことで、企業は必要とする資産に素早くアクセスできるようになります。これは、業務効率を保ち、競争力を維持するには不可欠です。

従来、デジタル資産管理は中央集権化され、単一の事業者がデジタル資産の保管と分配を管理してきました。しかし、この方法には限界があり、特にセキュリティと透明性の面で問題があります。中央集権型システムは、ハッキングやサイバー攻撃に弱く、エラーやデータ損失が発生しやすいのです。

デジタル資産管理の未来

デジタル資産管理は、安全かつ分散型のプラットフォームを提供するブロックチェーン技術を使用して、その変革が可能となります。デジタル資産は、ブロックチェーン技術により、ノードのネットワークによって維持される分散型台帳に保存されます。また、すべてのノードに台帳がコピーされるため、データの安全性が保たれ、攻撃や損失を受けずに済みます。

ブロックチェーン技術に基づくデジタル資産管理の最も大きなメリットは、透明性です。ブロックチェーン上のトランザクションは台帳に記録されるので、あらゆる活動がそのまま記録に残り透明性が保たれます。この機能によって、電子資産の移転と所有権の監視も容易になるので、知的財産を扱う企業にとってはきわめて有益で、採用企業も増え続けています。私たちはすでに、グローバル経済のデジタル化が主体となる第4次産業革命に移行していると言えるでしょう。すなわち、あらゆる産業セクターが影響を受け淘汰される流れの中に身を置いているのです。

デジタル資産管理を次のレベルに導く鍵となるのは、サイバーセキュリティ、最新技術への機敏な対応、ステークホルダー・従業員・クライアントに対する透明性です。スイス、ドバイ、シンガポール、香港、ロンドンでは、活発な競争が行なわれています。これらの主要都市は、デジタル資産管理の中心地となるべく、しのぎを削っています。2022年の挫折(ベアマーケットやFTXの崩壊など)を尻目に、暗号資産をめぐる「ゲームの始まり(game on)」が起きているのです。

グローバル規模の挑戦

アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビは、2023年2月15日、新たなイニシアチブ「Hub71+Digital Assets」を立ち上げました。Web3の推進がその目的です。

「アブダビには、Web3スタートアップ企業やブロックチェーン技術に20億米ドル以上の資本をコミットできるエコシステムがある。Hub71+Digital Assetsは、Web3スタートアップ企業に対し、UAEおよびグローバル市場における各種プログラム、イニシアチブ、企業、政府、投資パートナーなどの広範な領域へのアクセスの場を提供するものだ」とFintech Bazaarは報じています。

UAEは、2071年(連邦創立100周年にあたる年)までに石油依存からの脱却を目指しています。デジタルハブへの投資は、その戦略の一環です。

中国の特別行政区である香港は、2023年2月初めに、世界的なデジタル資産センターとなる意欲を示し、個人投資家による大資本ベースに基づく暗号資産トークン購入を許可すると発表しました。金融センターとしての香港の評判は、中国によるコロナウイルス後の活動再開の動きの下でも、パンデミックの最中と同様揺らいでいません。サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙は、認可を受けた暗号資産プラットフォームが個人投資家へ暗号資産を提供する場合は、「適格な大資本ベースに基づく仮想資産」に限定されると報じています。

米国も2022年9月、世界最大の経済大国として初となる「デジタル資産の責任ある発展のための包括的枠組み」を発表しました。その目的として、「消費者の保護、持続可能な取り組みの進展、国家安全保障の促進を目指す 」ことを掲げています。

米国のマイアミもまた、ラテンアメリカと北米間の好立地にあるため、暗号資産センターとして頭角を現しています。ビットコインATMは、フロリダのビジネスと観光の中心地に点在するスーパーマーケットで普通に使用されています。ただし、世界経済フォーラムのレポートによると、「官民セクターを横断した継続的な協力態勢が必要になる」と指摘されています。

上記のデジタル資産のハブ候補地には、いずれも改善の余地がありそうです。

分散型ゲーム経済

ブロックチェーンを用いたデジタル資産管理で最も期待が高い分野は、分散型ゲーム経済の進展です。分散型ゲーム経済とは、プレイヤーが暗号資産を使ってデジタル資産を売買や取引ができる仮想世界のことです。こうした仮想経済は、ブロックチェーンネットワーク上に構築されており(ポリゴンが現在最も注目されている)、スマートコントラクトや分散型アプリケーション(DApps)のインフラの提供、ネットワークの拡張ができるようになっています。

分散型ゲーム経済では、ゲームプレイヤーはクエストのクリア、バトルでの勝利、デジタル資産の取引によって暗号資産が得られます。これらのデジタル決済手段は、ゲーム内アイテムの購入や、取引所での他の暗号資産との交換に使用できます。ただし、暗号資産の価値は変動するため、プレイヤーは「e-challenge」をプレイして現金を得る選択肢もあります。こうしたエクスペリエンスは、e-gamerにとっては魅力的に映ります。というのも、彼らにとって素早く所有し機会があれば売買できるゲーム内資産は、コントロールしやすいからです。このようなオーナー感は、ゲームプレイの継続意欲を高め、開発者のイノベーションを促進し、新しい形の「エデュテインメント(edutainment)」(教育とエンターテインメントの合成語)への道を開くことになります。

分散型ゲーム経済は、個人のゲームエクスペリエンスを豊かにする一方、ゲーム業界全体を混乱させたり、逆に新たなレベルに導く可能性を秘めています。現在、ゲーム業界は、ゲーム配信とマネタイゼーション(収益化)を掌握する大手ゲームパブリッシャー(販売元)が主導しています。分散型ゲーム経済には、プレイヤーに権限を与える機会がありますが、通常はトッププレイヤー以外のゲーム業界内の多くの人々にそうした機会があります。実際に権限が与えられる機会が増えれば、ゲーム業界は今以上の発展が期待できます。

分散型ゲーム経済の課題

分散型ゲーム経済には多くのメリットがありますが、課題がないわけではありません。最大の課題の1つはスケーラビリティです。ブロックチェーン技術はまだ初期段階にあり、現在のブロックチェーンプラットフォームは、大規模なゲーム経済に必要となるトランザクション量をすべて処理できるわけではありません。ただし取り組みは進んでいます。現状では、ポリゴンが主導的に動いているようです。

もうひとつの課題は、ユーザーへの普及です。現在、多くのゲーマーの間では、暗号資産やブロックチェーンがゲームの未来となるかどうかわからないという意識があるようです。これは不思議な状況です。というのも分散型所有権とオンチェーン活動の透明性によって、個々のゲーマーやユーザー一般に大きな権限が付与されるからです。ただし、ブロックチェーン技術はまだ初期段階にあるので、ゲーマーやユーザーの多くが導入に踏み切る前に、いくつか成功事例を目にする必要があるでしょう。その際には、短期間で新たな導入の波が押し寄せてくるかもしれません。いずれにせよ、デジタル資産、DAM、DeFi、TradeFi、そしてe-gamingは、この先も存続していくことでしょう。

よくある質問

デジタル資産管理とは?

ブロックチェーン上のデジタル資産管理は何が違うのか?

分散型資産管理のメリットは?

分散型ゲーム経済とは?

分散型ゲーム経済のメリットは何ですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー