詳細を見る

DogecoinとBitcoinの完全比較

25 mins
記事 Shilpa Lama

DogecoinとBitcoinの比較は、ある視点から見れば、少し奇妙に思えるかもしれません。世界初の暗号通貨であるビットコインは、既存の世界金融秩序に挑戦することを使命としてスタートしました。その基本的な目的は、分散化による、世界経済の不釣り合いなほど強力な従来型の銀行システムの束縛から解放することにありました。一方、Dogecoinはミーム(ネット上のネタ)をテーマにしたコインで、当初は意図的なジョークとしてスタートしました。

しかし、Dogecoinは、イーロン・マスクをはじめとする多くの人々が何度も強調したように、「ただのミームコイン」という地位をとっくに脱し、重大な可能性を秘めた暗号通貨に成長しています。また、ビットコインがそうであったように、投資家にとっても金銭的な報酬を得ることができるようになりました。だから、技術面でも経済面でも、この2つを比較するのは当たり前といえば当たり前なのです。

ビットコイン(BTC(とは?

BTCは、ほとんどの取引所で手数料ゼロで購入や売却が可能です。

DogecoinとBitcoinの比較に入る前に、まずこの2つの暗号通貨がどのようなものかについて簡単に説明しましょう。

ご存知のように、ビットコイン(BTC)は2009年にサトシ・ナカモトというペンネームで知られるクリエイターによって作られました。現在でも、このペンネームの背後にいる人物やグループが誰なのか、誰も知らないようです。しかし、憶測誤解を招くような噂話もあり、二次的な風評被害に遭ったこともあります。

ビットコインの核心は、非常にシンプルなコンセプトに基づいて構築されています。それは、インターネット上でピアツーピア(P2P)で送受信できる分散型のデジタルマネーまたは資産です。「分散型」というのは、中央銀行や政府を含むいかなる第三者(仲介者)から独立し、個人間でのやりとりすることを意味します。

ビットコインは、PayPalやVenmoのようなデジタル決済サービスも含め、それ以前のものとは全く異なりますが、それでも取引を促進するために既存の金融インフラに依存しているのです。その主な特徴は、次のような点から推測される。

ビットコインの主な特長

  • BTCを含む各取引は、ビットコインのブロックチェーンに記録され追跡されます
  • ブロックチェーンとは、銀行の台帳に似たもので、つまり、顧客の資金、どこから入ってきて、どこから出ていくのかなどの包括的なログを意味します。ビットコインのブロックチェーンには、これまでBTCを使って行われたすべての翻訳も記録されています。唯一の違いは、ブロックチェーンがデジタルで分散型であることです。つまり、ネットワーク全体に分散され、ネットワークのすべての参加者が(単一の企業、政府、団体ではなく)一括してそれを制御していることです。つまり、ネットワーク全体に分散され、ネットワークに参加するすべての人が(一企業や政府、団体ではなく)まとめてコントロールしているのです。そのため、ネットワークを不正に操作したり、完全にコントロールしようとする動きから実質的に保護されているのです
  • ビットコインは分散型であるため、銀行やその他の金融機関を介さずに、2人の人がどこにいても、直接BTCを送り合うことができます
  • ビットコインの総供給量は2,100万枚が上限であり、本来はデフレ資産なのです
  • この資産をポートフォリオに加えるには、必ずしもビットコイン全体を購入する必要はありません。ほんの一部でも購入することができます

Dogecoin (DOGE)とは?

扱いのある取引所はコチラ:

Dogecoinは2013年、ソフトウェア開発者のビリー・マーカスとジャクソン・パーマーが”冗談”で立ち上げたものです。彼らはRedditを通じての友達でしたが、実際に会ったことはありませんでした。

マーカスとパーマーは、2013年に最も人気のあった2つのオンライントレンド、まだ新しいが台頭してきた暗号通貨ビットコインと、柴犬コインをモチーフとした人気ミーム「DOGE」を組み合わせました。しかし、驚いたことに、DOGEは世界中の暗号資産愛好家や投資家の間で瞬く間に大流行しました。

実際、このミームをテーマにしたコインのウェブサイト(www.dogecoin.com)は、最初の100万ヒットを記録するのに1カ月もかからなかったのです。DOGEはネタっぽく始まったにもかかわらず、独自のブロックチェーンとマイニングシステムを持つ本格的な暗号通貨ととなりました

DOGEの最初の成功の大部分は、非常に活発なRedditコミュニティに起因しています。Dogecoinのサブレディット(Redditの特定コミュニティ)には、DOGEをやり取りして取引量を維持する購読者が大勢いました。彼らはまた、DOGEに関する情報を共有・交換し、暗号資産マニアの仲間にDOGEコミュニティへの参加を促していました。

また、DOGEはコインの存在期間の大部分において、1ペニーの数分の一という価格で販売されていました。コインの価格が比較的安かったことと、その豊富さも普及を後押ししました。

DOGEに価値を与えるものは何か?

デジタルであれ従来型であれ、すべての資産の価値は市場の力学によって決定されます。DOGEもその現実の例外ではなく、その価値は本来、需要と供給に基づいています。

しかし、ビットコインはその供給量に限りがあるため、デフレ資産として設計されていますが、DOGEにはそのようなハードキャップが存在しません。そのため、DOGEの価値を維持(成長)させるためには、需要が常に上昇する必要があります。DOGEの価格は、歴史的に1円単位で推移してきましたが、2021年初頭、価格が約7,000%に跳ね上がるという画期的な出来事がありました

DOGE/USDTチャート: TradingView

さらに顕著なのは、世界一の富豪であるイーロン・マスクがDogecoinを賞賛し始めた後、個人投資家だけでこの大暴騰を引き起こしたことです(時にはビットコインを犠牲にしてまでそれを行ないました)。

さて、基本的なことがわかったところで、早速、2つのコインの類似点を掘り下げてみましょう。

DogecoinとBitcoinの類似点

DOGE Evolution Meme(ドージ・エボリューション・ミーム)

Dogecoinの最初の開発は、Bitcoin、Litecoin、Lucky Coinのコアチャンクからコピーされた多くのソースコードに基づいていました。

物事を整理すると、DogecoinはLitecoinのフォークであるLucky Coinのフォークであり、そのLitecoinはBitcoinのフォーク(分岐)である。つまり、Dogecoinのソースコードは、Bitcoinのソースコードと大量に類似していると言えるでしょう。その点で、この2つの暗号通貨には多くの共通点があります。

これらのコインはどちらもプルーフ・オブ・ワーク(PoW)コンセンサスメカニズムを使用しています。簡単に言えば、PoWはトランザクションの検証、ブロックチェーンへの新しいトランザクションブロックの追加、新しいコインのマイニングの一形態です。PoWの「ワーク」という言葉は、現在のブロックのターゲットハッシュに一致するハッシュ(または長い文字列)を生成する作業を指します。このハッシュを最初に見つけたマイナーは、そのブロックをブロックチェーンに追加し、ブロック報酬を得る権利を獲得する。

ビットコインとDogecoinはどちらも、価値の取引と価値の保存という2つの主要なユースケースを持っています。つまり、BTCとDOGEを受け入れる暗号資産にフレンドリーな加盟店で、商品やサービスの支払いを行うために両者を利用することができます。また、BTCとDOGEに投資し、長期的に保有することで、それぞれの価値の上昇に伴って利益を得ることもできます。

DogecoinとBitcoinの主な相違点

2つのコインの主な違いは次の通りです。

DogecoinとBitcoinの比較:両コインの目的

すでに述べたように、両資産の基礎的な目的は、ある意味正反対でした。ビットコインが世界の金融秩序を公正、透明、包括的、より民主的にすることで現実に影響を与えることを目指したのに対し、DOGECOINは発売当初は単なるお遊びで作られたものであり、ファン・プロジェクトでした

間違いなく、DOGEはその後進化し、現在では人気と時価総額で上位の暗号通貨にランクされています。しかし、その成り立ちから、ビットコインやイーサリアムのような「主流」になるには、まだまだ距離があります。例えば、機関投資家の大半は、DOGEのようなミームコインに投資するよりも、ビットコインに投資することを希望しています。

DogecoinとBitcoinの比較:時価総額

現時点では、勝負にならず、ビットコインは時価総額でDOGEを大きく引き離しています。

2022年10月25日現在、BTCの時価総額は約3,870億ドルであり、DOGEの時価総額(約85億ドル)に比べて約450倍高いです。

両者の間には、DOGEが初めて高値をつけ始めた2021年初頭以前の歴史の大部分で、さらに大きな差がありました。それ以前には、DOGEの時価総額は10億ドルにも達していませんでした。

ただし、DOGEが2つの通貨のうちより小さいため、成長の余地がより大きく、時間の経過とともに両者の間の差が縮小する可能性があります。

DogecoinとBitcoinの比較:取引時間(トランザクション・タイム)

取引時間は、DOGEがBTCをはるかにしのぐ点の一つです。Dogecoinネットワークの平均取引処理時間は、約1分ほどです。一方、Bitcoinネットワークによって行われる平均取引時間は最大で10分になることがありますが、場合によっては1時間以上にもなることがあります。

また、ビットコインネットワークの方が人気があるため、トラフィックが多く、ネットワークが混雑することもあります。

DogecoinとBitcoinの比較:供給量

両コインの供給と需要のダイナミクスは、市場規模や取引時間と同様に異なっています。

ビットコインは基本的にデフレ資産であり、時間の経過とともにその供給量が減少することを意味します。徐々に供給量が低下するにつれて、この資産の需要は理論的には増加するはずであり、その後、価格の急騰を招くことになります。

存在するビットコインは総計で2,100万BTCしかなく、そのうち約1,910万BTCが流通しています。新しいBTC(ブロックリワード)の供給は、4年ごとに50%ずつ減少する「半減期」と呼ばれる「イベント」を通じて行われます。詳しくは後で説明します。

一方、DOGEは(理論的には)無限の供給を持つインフレ的な金融政策に従うことになります。

DogecoinとBitcoinの比較: 半減期

ビットコインの半減イベントは4年ごとに発生し、BTCのマイニング報酬は半分になります。半減の要点は、2140年に流通する最後のBTCがマイニングされるまで、段階的にコインの新規供給量を減らすことにあります。

最後の半減は2020年5月11日に行われ、その後、ブロック報酬は6.25BTC(12.5BTCから)に下がりました。前回の半減期は2016年と2012年に行われ、それぞれBTC価格の急騰がありました。

これに対し、Dogecoinブロックチェーンはとっくの昔に半減をやめています。その結果、マイナーは今でも1ブロックあたり10,000 DOGEを獲得しており、今後も永久に同じように稼ぎ続けるでしょう。

詳細については、BeInCryptoのビットコインの半減期に関する詳細なガイド(英語)を参照してください。

DogecoinとBitcoinの比較:暗号化について

ビットコインネットワークのプルーフ・オブ・ワーク型コンセンサスメカニズムは、SHA-256標準に準拠しています。ご存じない方のために説明すると、米国家安全保障局(NSA)が2001年にSHA-256規格を策定しました。それ以来、最も先進的な暗号化手法の1つに数えられています。

一方、DogecoinはScryptハッシュ法を採用しており、これはLitecoinネットワークと同じ暗号化規格です。ScryptはSHA-256ほど最先端ではありませんが、その欠点を補うように、一般ユーザーでもマイニングができるようになっています。

このため、DogecoinのマイニングはBitcoinのマイニングよりもずっと簡単で安価なのです。

DogecoinとBitcoinの比較:セキュリティについて

暗号通貨の大手市場に参入する前は、Dogecoinはほとんど開発が停滞した時期がありました。実際、2015年から2020年までの間、開発者のアップデートは0回でした。

しかし、2022年になると、DOGEコミュニティではより多くの開発活動が見られるようになりました。その結果、アップデートは以前よりもはるかに頻繁に行われるようになりました。ビットコインのコードベースを多く共有しているにもかかわらず、DogecoinネットワークのセキュリティはBitcoinのものほど厳格ではありません。

Dogecoinブロックチェーンのハッシュレートは、1秒あたり540テラハッシュ(TH/s)であり、これは1秒あたり540兆ハッシュです。一方、Bitcoinブロックチェーンの対応する数字は、1秒あたり238エクサハッシュ(EX/s)または238京ハッシュとなっています

これは重要なことです。両ネットワークのハッシュレートの著しい差異は、Dogecoinに対する51%攻撃が比較的容易であることを意味します。

そんなのは蚊帳の外だという人のために説明すると、51%攻撃とは、単一のユーザーやエンティティがブロックチェーンネットワークを支配するために、そのハッシュパワーの大部分を所有する場合のシナリオを指します。その時点で、攻撃者は事実上、ネットワークのコントローラーになります。

DogecoinとBitcoin比較早見表

BitcoinDogecoin
創設年2008年2013年
時価総額 (2022年10月25日現在)約3870億ドル約85億ドル
流通中のコイン数 (2022年10月25日現在)約1918万BTC約1326億DOGE
時価総額ランキング1位10位
価格 (2022年10月25日現在)約20,200ドル約0.0666ドル
最大コイン供給量2,100万BTC無制限
半減期4年なし
ブロック報酬6.25 BTC (2024年まで)10,000 DOGE
平均取引時間約10分約1分
取引手数料範囲 (2021年9月-2022年2月)1.25ドル〜5ドル0.1ドル〜1.75ドル
暗号化基準SHA-256Scrypt
ハッシュレート238 Ex/s540 TH/s
異名デジタルゴールドミームコイン

DogecoinとBitcoin:どちらが良い投資先か?

ご覧いただいたように、DOGEとBTCはそれぞれに利点と欠点があります。DOGEは取引時間と手数料がはるかに安く済みますが、Bitcoinは優れたセキュリティを提供し、投資先としてより信頼性の高いトラックレコードがあります。

2022年10月現在、両方の暗号通貨には成長の可能性があります。たとえば、最近の分析では、DOGE価格が2025年までに800%急騰する可能性があると示唆されています。BTCについても同様の長期的な上昇予測が多数あります。

全ての要素を考慮すると、これらの予測だけを基に投資戦略を立てることは避けるべきです。これらの暗号通貨は高いボラティリティの過去を持っており、投資前に独自の調査を行う必要があります。

よくある質問

BitcoinとDogecoin、どちらが優れているのでしょうか?

Dogecoinの方がBitcoinよりも安全ですか?

Dogecoinの方がBitcoinよりも効率的ですか?

DogecoinとBitcoinは同じものですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー