詳細を見る

イーサリアムETFとは?メリット・デメリットについて

9 mins

ヘッドライン

  • イーサリアムETFは、イーサリアムに投資できる上場投資信託(ETF)のこと
  • イーサリアムETFは、投資のしやすさの向上・機関投資家による流動性向上などのメリットがある
  • ETFの承認が拡大すれば、機関投資家などの大口投資家の参入によって、市場のさらなる拡大につながることが期待される

イーサリアムETFとは、イーサリアム(ETH)に投資できる上場投資信託(ETF)のことです。今後、イーサリアムETFの承認が拡大すれば、機関投資家などの大口投資家による参入も進むことが予想され、暗号通貨市場のさらなる拡大につながることが期待されています。

そこで本記事では、イーサリアムETFの特徴やメリット・デメリットを解説します。イーサリアムETFに興味がある人は、ぜひ最後までご覧ください。

イーサリアムETFとは?

イーサリアムETFとは、イーサリアム(ETH)に投資できる上場投資信託(ETF)のことです。ETFとは、株式や債券などの資産を小口化して、金融商品取引所に上場して取引できる商品のこと。

イーサリアムETFは、大きく分けて「現物型」「先物型」の2種類があります。

  • 現物型は、イーサリアムの現物資産に直接投資するETF
  • 先物型は、イーサリアムの先物契約に投資するETF

現物型は、イーサリアムの価格変動に連動したパフォーマンスを実現することができる一方、先物型は、先物契約の価格変動に連動したパフォーマンスを実現することができます。

現物型は、イーサリアムの価格変動に連動したパフォーマンスを実現できるため、イーサリアムの価格上昇を期待する投資家に適しています。先物型は、レバレッジをかけることで、少ない資金で大きなリターンを狙うことができるため、短期的な値上がり益を狙う投資家に適していますが、レバレッジをかけることで、リスクが高くなるため、注意が必要です。

イーサリアムETFのメリット

イーサリアムETFのメリットについて解説します。

  • 投資のしやすさが向上
  • 機関投資家による流動性が向上
  • 需要拡大と価格上昇

イーサリアムETFのメリット①:投資のしやすさが向上

イーサリアムETFは、金融商品取引所に上場しているため、一般的な株式や債券と同じように、証券口座さえあれば誰でも購入することができます。

従来の暗号通貨取引所では、口座開設や本人確認などの手続きが必要でした。また、取引手数料も高額になる場合がありました。イーサリアムETFの登場により、これらのハードルが解消され、投資のしやすさが向上します。

イーサリアムETFのメリット②:機関投資家による流動性向上

イーサリアムETFの登場により、機関投資家などの大口投資家もイーサリアムへの投資が可能になります。機関投資家は、大量の資金を運用しており、流動性の高い市場で取引を行いたいと考えているため、結果的にイーサリアム市場の流動性が向上し、機関投資家による参入も進むことが期待されます。

イーサリアムETFのメリット③:需要拡大と価格上昇

イーサリアムETFが承認されることで、イーサリアムの需要を拡大させる効果も期待できるでしょう。イーサリアムETFに投資することは、間接的にイーサリアムの需要を高めることになるため、イーサリアムETFに注目が集まれば、イーサリアムの市場規模やシェアが拡大し、価格上昇につながる可能性があるといえます。。

イーサリアムETFのデメリット

イーサリアムETFのデメリットについて解説します。

  • 管理手数料が発生する
  • 価格乖離の可能性がある

イーサリアムETFのデメリット①:管理手数料が発生する

イーサリアムETFは、投資信託であるため、管理手数料が発生します。管理手数料とは、ETFを運用するファンドマネージャーや保管銀行などの費用を賄うために徴収される費用です。

管理手数料は、ETFの種類や運用会社によって異なりますが、一般的に0.1%~0.5%程度となっています。

イーサリアムETFのデメリット②:価格乖離の可能性がある

イーサリアムETFは、イーサリアムの価格に連動するように設計されています。しかし、実際には、ETFの価格とイーサリアムの価格に乖離が発生する可能性があります。

イーサリアムの需給バランスとETFの需給バランスが異なる場合などに発生しやすく、乖離が発生すると、イーサリアムETFに投資した場合のリターンがイーサリアムに直接投資した場合のリターンと異なることになり、投資家の不利益になる可能性が高まる可能性があるので、注意が必要です。

イーサリアム現物ETFに関するニュース

2023年11月10日、世界最大の資産運用会社であるブラックロックは、米国証券取引委員会(SEC)に「イーサリアム現物ETF」の申請を行いました。

イーサリアム現物ETFとは、イーサリアムの現物(実物)を保有する投資信託のことです。これまでも、米国ではイーサリアムの先物ETFは存在していましたが、現物ETFの申請はこれが初めてで、この申請が承認されると、米国で初めてイーサリアムの現物ETFが取引されることになります。

もし、ブラックロックの申請が承認されれば、イーサリアムの普及が大きく前進すると考えられます。

まとめ:イーサリアムETFは今後、承認される可能性が高い

本記事では、イーサリアムETFの特徴やメリット・デメリットについて解説しました。イーサリアムETFは、イーサリアムに投資できる上場投資信託(ETF)のこと。

今後、イーサリアムETFの承認が拡大すれば、機関投資家などの大口投資家による参入も進むことが予想され、暗号通貨市場のさらなる拡大につながることが期待されています。

現物のイーサリアムETFはまだ承認されていませんが、今後の進捗に期待が集まります。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー