詳細を見る

ビットコインETFの購入方法徹底ガイド

31 mins
記事 Ryan Glenn

2023年末、アメリカでビットコインETFの発売が近づいているという話題が市場をにぎわせています。しかし、ビットコインETFの購入方法について、詳しく理解できていない人も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、ビットコインETFのメリットを享受するために、準備しておくべき戦略や方法について解説します。ビットコインETFに興味がある人や、投資を検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

ビットコインETFの準備方法

ビットコインETFの承認が近づいているということで、多くの関係者がその承認に備えています。以下に、ビットコインETFの承認に備えるためのいくつかの戦略を示します。

1. ビットコインを購入して保管する

ETFの承認がされると、ビットコインへの投資がより身近になります。そのため、ビットコインの需要が高まり、価格が上昇する可能性があります。

先手を打ってビットコインを購入しておくことで、需要が増加すれば価格も上昇し、売却し利益を得ることができます。また、ビットコインは分散型の仮想通貨であるため、政府や中央銀行の管理を受けません。そのため、資産価値の保全にもつながります。

ETFの株価とその基礎資産価値の関係は、ETFの株価と基金の資産価値を裁定することで利益を得る機関投資家によって監視されています。

ワン・ジョセフ(2021)/ 中央銀行101 アマゾンデジタルサービスLLC

ETF承認前にBTCを購入できる取引所

ビットコインへの投資を検討している場合、まずビットコインを購入する場所を決める必要があります。ここでは、ビットコインを購入するのにおすすめの取引所をご紹介します。

1. Paybis

暗号通貨取引所に最適
Paybis.com
タイプ
決済サービス
手数料
最低 $2 米ドル
180+
スプレッド
該当なし

Bybit(バイビット)は、2018年に設立されたシンガポールに本社を置く暗号通貨取引所で、バイナンスと並ぶ世界最大級の取引所の1つ。ビットコインイーサリアム、そのほか主要通貨などに加え、先物取引やパーペチュアル取引など、多彩な取引オプションが利用可能、幅広い取引ツールを揃えています。

2. Bybit

暗号通貨取引所に最適
Bybit
タイプ
取引所
手数料
0.1%
200+
スプレッド
変動

もし、セキュリティ上の問題が心配である場合、安全性とセキュリティが最も重要である場合は、以下のプラットフォームをチェックすることを躊躇しないでください。このプラットフォームは、セキュリティの「クラック」が一度も発生していない暗号通貨取引所です。

3. Kraken

プロのトレーダーに最適
kraken.com
タイプ
取引
手数料
0.16% (メーカー) / 0.26% (テイカー)
170+
スプレッド
0.27%

暗号資産取引をしていると、USDやUSDTをBTCに交換する機会は少なくありません。しかし、その度に手数料がかかるのがネックですよね。

また、BTC以外の暗号資産を保有している場合、それらをBTCに交換するには、また別の取引所を利用する必要があるかもしれません。

タイプ
取引
手数料
0.08% (メーカー) / 0.1% (テイカー)
100+
スプレッド
0.33%

ETF承認前にBTCを保管する場所

ビットコインを取得すると、安全な保管が必要になります。以下に、ビットコインの安全な保管に適した、さまざまな種類の暗号ウォレットをご紹介します。

最初のウォレットは、次世代のセキュリティを誇っています。シンプルさと安心感をバランス感がある、キーレスのウォレットが欲しい場合は、次のオプションを選択してください。

1. Zengo

新規ユーザーに最適
Zengo
タイプ
モバイルウォレット
サポートされるアセット
70+
保管
部分的
オープンソース
部分的

ウォレットが煩わしいと感じることはありますが、複雑さを排除し、独占的なリワードを提供する多機能なオプションがあります。暗号通貨初心者にとって、次のビットコインウォレットは競合より優れています。

2. Wirex

暗号通貨カードに最適
Wirex
タイプ
モバイルウォレット
サポートされるアセット
50+
保管
部分的
オープンソース
なし

もしあなたが1つのBTCウォレットを持っていて、そのウォレットでフィアット通貨への変換や、保存したBTCに対する利息収益、資金の借り入れができるとしたらどうでしょうか。もし、興味深い選択肢と感じるならば、ぜひ以下のウォレットをチェックしてみてください。

3. YouHodler

ローンに最適
YouHodler
タイプ
モバイルウォレット
サポートされるアセット
50+
保管
可能
オープンソース
なし

オフラインのBTCは安全なBTCです。ETF承認や長期的な投資に向けてBTCを保管するBTCホルダーにとって、以下のウォレットは最高の選択肢です。以下のウォレットは、最先端のハードウェアを持っており、オフラインでの操作を前提としています。

4. GridPlus

コールド保存に最適
YouHodler
タイプ
ハードウェアウォレット
サポートされるアセット
BTC、ETH、ERC-20、EVM互換
保管
なし
オープンソース
部分的

2. ビットコインETF投資の戦略的な投資計画を立てる

ビットコイン(BTC)の購入後、投資戦略を立てる必要があります。1つ目と2つ目のステップは、タイムラインによっては順序を入れ替えることができます。投資判断に自信がない場合は、暗号資産やETFに特化した登録投資顧問(RIA)に相談することを検討してください。

また、ビットコインETFの承認の可能性に備えて、投資の税制上の影響を考慮することが重要です。個人退職口座(IRA)や401(k)などの税制優遇口座は、投資戦略を最適化するために重要な役割を果たすことができます。

これらの口座を利用することで、税制上の利点を享受できることがあります。その中には、税金の支払いを先延ばしにすることができる点や、税制上の優遇措置を受けることができます。口座のタイプによっては、税金の影響を最適化し、暗号通貨の税金を減らすことができます。

また、投資に関連する税金の影響について認識することが重要です。資本利得税などの税金の影響を最適化するために、税務顧問に相談することをオススメします。

最後に、暗号通貨の取引において感情を管理することは、投資において重要な部分です。投資の判断を冷静にするために、RIA(登録投資アドバイザー)を利用することがあります。感情と投資のバランスを見つけることは、投資家にとって重要です。

2. 投資目標とリスク許容度を評価する

投資目標とリスク許容度を評価することは、投資において重要な要素ですが、しばしば見落とされることがあります。投資ポートフォリオを投資目標とリスク許容度に合わせて構築する方法がわからない場合、いくつかの時間の経過に耐える戦略があります。

もっとも有名なのは、「60-40ポートフォリオ」という伝統的な資産配分戦略です。60-40ポートフォリオでは、投資家がポートフォリオの60%を暗号通貨、株式、またはエクイティに割り当て、40%を債券や固定所得証券に割り当てます。

この戦略の背後にある理由は、60%以下の資産はリスキーであるが、価格パフォーマンスが高い可能性があると考えられているためです。

この戦略の背後にある考え方は、60%の資産がリスクが高いものの、価格上昇が期待される可能性がある一方で、40%の資産はリスクが低く、所有することで収益が得られるというものです。

一方で、40%に該当する資産は安全とされ、所有することで収入を得ることができます。市場が下落しても、資産を売却して大きな損失を受けることはなく、配当金や利息によってリスクを軽減できます。「70-30ポートフォリオ」や「80-20ポートフォリオ」などの変種もありますが、一般的な考え方は、市場が好調な時に利益を得られる資産と、市場の下落を心配せずに定期的な収入を得られる資産に、ポートフォリオの一部を割り当てることです。

最終的に、ビットコインやETF関連投資に対してどれだけのポートフォリオを割り当てるかを決定することが重要です。この状況では、多様化が重要です。

3. ビットコインの DCA 処理を開始する

前述のように、ETFに備えるための最初のステップとして、ビットコインを購入して保管することを提案しました。ビットコインを即座に購入できない場合や、ETFの承認のタイミングに不確実性がある場合は、代わりにドルコスト平均戦略を実施することを検討することをお勧めします。市場参入のタイミングを正確に計るのではなく、この戦略では投資を分散させることでリスクをより均等に分散させます。価格変動に関係なく、定期的に一定額を投資することができます。

このアプローチは、投資家がリスクを管理し、市場タイミングを図る際の落とし穴を回避するための賢明な方法です。多くの人は、機関投資家がこぞってビットコインETFへと投資に乗り出すことを予測しており、これによりBTCへの高い需要が生じる可能性があります。ビットコインに対する高い需要は、価格の上昇と供給の減少につながり、個人投資家にとっては入手が困難になる可能性があります。

5. ポートフォリオの追跡を開始する

ビットコインポートフォリオを頻繁に確認したいというのはよくあることですが、これはウォレットのセキュリティリスクにつながる可能性があります。したがって、安全で効果的な暗号ポートフォリオ管理のためには、ポートフォリオトラッカーを利用することをお勧めします。暗号通貨ポートフォリオトラッカーは、資産状況をナビゲートするための重要なリソースです。

最初のトラッカーは、個人化された分析やリアルタイムのインサイトを提供するなど、多様なポートフォリオを準備するための必須のトラッカーです。

Delta App

モバイルに最適
Delta.app
プラットフォーム
アンドロイドとiOS
価格
無料または月額$58.99
資産
暗号通貨、株、ETF、その他
交換
主に大手取引所

もっとも優れたポートフォリオ・トラッカーは、資産確認だけでなく、ウォレットの同期や市場トレンドの情報も提供し、1つの使いやすいインターフェースでまとめられています。すべてのコインの統計情報が、1つのサービス内で確認できます。

Coinstats

モバイルに最適
Coinstats
プラットフォーム
モバイル、Windows、Mac、Linux
価格
$9.99/月
資産
暗号通貨
交換
115

6. 市場動向とニュースイベントを監視する

ビットコインETFが承認された場合、市場にどのような影響を与えるかを検討する必要があります。機関投資家や個人投資家にとってアクセスしやすくなるため、価格が上昇する可能性があります。BTCを保有する、利益を上げる、ポートフォリオの配分を調整するなどのプランを事前に決めておきましょう。

ETFの承認状況について、暗号通貨や金融のニュースソースを継続的に監視してください。新しい情報に基づいて戦略を調整できるように準備しておきましょう。また、さまざまなシナリオに対応した緊急計画を策定しておくこともお勧めです。投資を保護するために、出口戦略を用意しておきましょう。

定期的に投資戦略を見直し、変化する市場環境や規制の進展に合わせて適応させましょう。以下に、トレーダーがよく利用する出口戦略をいくつか紹介します。

  • ストップロス注文:大幅な市場下落の際に、損失を限定するために損切り注文を設定します。資本を保護するために、BTCの保有をどの価格で、またはどの程度の損失で売却するのか、事前に決めておきましょう
  • 利益確定目標:市場が大幅な上昇トレンドになった場合に、利益確定する価格目標を設定します。これにより、利益を確定させ、潜在的な価格修正への露出を減らすことができます
  • 分散化:ビットコイン以外の資産も保有することで、ポートフォリオを多様化することを検討してください。これにより、リスクを分散させ、単一資産の価格変動の影響を軽減することができます
  • 話題に乗じてニュースで売り切る:期待が高まっているイベントの前にBTCの保有を積み上げ、ニュースが確認されたら、短期的な価格変動を利用するために売却または利益確定する準備をしておきましょう

ビットコイン先物市場における機関投資家の関与

基盤が整ったので、暗号通貨に焦点を当てたETF市場の現状について詳しく調べる時が来ました。これにより、遅延の理由と、この時期に準備戦略が必要な理由が理解できます!

米国は暗号通貨に対して強圧的で、時には敵対的なアプローチをとってきました。個人投資家や機関投資家が大規模な暗号通貨のハッキングやスキャンダルに対する不信感を抱いていることに加えて、アメリカの規制当局が暗号通貨デリバティブの承認に遅れている状況が生まれています。

このため、ビットコインに対する機関投資家の関心は減退していません。以下に示すように、取引所のBTC先物オープン・インタレスト(取引所の未決済またはオープンの先物契約の総数)は、6月下旬と10月にビットコインETFに関するニュースが出た時期に大きな価格変動と重なりました。

ビットコイン先物取引:Coinglass

しかし、驚くべきことではありません。機関投資家は「話題に買い、ニュースで売り」を好む傾向があります。関係者は暗号資産全体に対して若干の懸念を抱いているかもしれませんが、ビットコインの価格パフォーマンスは否定できず、利益獲得のチャンスと見ています。

1日あたりのビットコイン取引量

以下のチャートは、100万ドルを超えるビットコインの取引数を示しています。これらの取引は、機関投資家のものとして一般的に推定されています。なぜなら、個人投資家は大量の資本を展開できないからです。これらの取引は通常、機関投資家に帰属するものと見られます。

ビットコイン取引:デューン

ビットコインのクジラたちはかなり活発であることがわかります。1億ドルを超えるビットコイン取引の量は、ビットコイン先物の未決済契約およびビットコイン価格チャートと相関しています。たとえば、6月中旬の大きなスパイクがあり、これはブラックロックのETF発表と一致し、10月にはコインテレグラフによる誤ったスポットビットコインETFニュースが市場を騒然とさせたことと一致しています。

コインテレグラフのツイート: 
X (Twitter)

これらのスパイクと急騰は、ビットコインETFを取り巻く熱狂の証です。ですので、それが登場するとき、あなたはそれを最大限に活用する準備をしたいと思うでしょう。しかし、それを行う前に、次の部分を読むことが適切かもしれません。

ビットコインETFに投資するメリット・デメリット

ビットコインETFの承認に対する期待が高まっており、様々なメリットとデメリット存在します。

メリット

  • ビットコインETFは、デジタルウォレットの設定や暗号通貨取引所の利用が不要で、従来の投資家にとって簡単で馴染みのある方法でビットコインへの投資が可能
  • ETFは通常、規制当局の監督下にあり、暗号通貨の正当性とセキュリティに対する投資家の不安を緩和することができる
  • ビットコインETFは、従来の株式市場で取引されるため、価格が市場価格で簡単に購入・売却できる柔軟性がある
  • ETFは税利点を提供できる場合があり、直接的なビットコインの購入・売却よりも税制面でのメリットがある

デメリット

  • ビットコインは価格の変動が激しいことで知られており、ETF内のダイバーシフィケーションはこのリスクを完全には取り除くことはできない
  • ビットコインETFは、資産を保持する金融機関やの管理期間のセキュリティに問題が生じる可能性がある
  • ETFの市場価格と、ビットコイン保有の対応するNAV(総資産価値)との間で、プレミアムやディスカウントが発生することがあります。これにより、投資家のリターンが影響を受けることがある
  • ETFに投資することで、プライベートキーの管理やビットコインの安全な保管が不要になりますが、ETFプロバイダに依存していることも意味している
  • 一部の金融機関やブローカープラットフォームでは、ビットコインETFの承認後にすぐに投資できない特定の規則や政策が存在する可能性があり、これにより、市場の最初の動きを利用できない機会を逃す可能性がある

ビットコインETFは暗号資産の1つとして投資を

暗号資産投資において、利益を得る方法は数多あります。ビットコインETFもいわば、暗号資産の一部にしか過ぎず、それにばかり気を取られる必要はありません。間近に迫ったETF承認は、ビットコイン、暗号通貨、Web3全体にとって大きな出来事ですが、ビットコインETFの準備を進める際には、これらすべてを念頭に置くことが重要です。ボラティリティの高い分散型市場においては何も保証されないことを覚えておいてください。したがって、損失を許容できる以上の投資は決してせず、常に明確な退場戦略を用意しておく必要があります。

ビットコインETFのよくある質問

Q1:ビットコインETFに必要な最低投資額はいくらですか?

Q2:ビットコインETFは従来のETFとどう違うのでしょうか?

Q3: ビットコインETFを取引するときにレバレッジを使用できますか?

Q4:ビットコインETFは危険ですか?

Q5:ビットコインETFに投資するにはどうすればよいですか?

Q6:ビットコインETFは儲かるのか?

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー