詳細を見る

暗号資産(仮想通貨)の空売りのコツ

31 mins
記事 Rahul N.

ビットコインと言えば、「安く買って高く売る」というシンプルな戦略が一般的です。しかし、実は別の方法もあり、まず高く売って、その後、「安く買い戻す」という「空売り」取引です。空売り取引とは、将来価格が下落する可能性が高いと判断した場合に、現時点で高い価格で売却し、その後価格が下がったら低い価格で買い戻すことで利益を狙う取引方法です。

ビットコインのような暗号資産市場では、価格変動が大きいため、空売り取引は大きな利益を得られる可能性があります。しかし、同時に大きなリスクも伴います。もし価格が予想以上に上昇した場合、損失が膨らむ可能性があるからです。近年、多くの暗号資産が過去最高値から大きく下落しており、空売り取引は魅力的な選択肢の1つとなっています。しかし、空売り取引は決して簡単なものではありません。十分な知識と経験がないまま行うと、大きな損失を被ってしまう可能性があります。そこで今回は、ビットコインの空売りについて詳しく解説します。

暗号資産(仮想通貨)の空売りとは?

ビットコインの空売り取引は、ビットコインを特定の価格(市場価格または指値)で売却し、その後、より低い価格で買い戻すことで利益を目指す取引方法です。これは、従来の「安く買って高く売る」という概念を逆にしたものです。空売りは、トレーダーがビットコイン価格が下落することを期待しながら、それでも利益を得たい場合に用いられる投資戦略です。さらに、空売りは、伝統的な資産市場でも一般的な投資方法です。その人気は、暗号資産市場を取り巻くボラティリティの高さに起因していると思われます。

簡単に言えば、ボラティリティが高いほど、空売りの機会が増えるということです。

ビットコイン空売り取引の仕組み

投資原則としての空売りは、ビットコインにも当てはまります。それは、取引可能なすべての資産に適用されます。しかし、この議論では暗号資産が焦点であり、BTCが最も支配的な暗号資産であるため、この議論にはさらに詳細な説明が必要です。

ビットコインの空売りがしたい場合は、まず関連プラットフォームからBTCを借りて空売りポジションを建てる必要があります。この文脈での借金は「マージン」と呼ばれます。借りたBTCを手に入れたら、価格で売却し、後で買い戻してポジションをクローズし、売買差益から利益を得ることを検討してください。

  • 所有している資産を空売りすることはできません。もしそうすると、単に「売却」して、価格が下がったときに買い戻す機会をすべて失ってしまうだけです。そのため、ほとんど空売りの場合、何らかの借金が必要です。
  • 複数の取引所やブローカープラットフォームに口座を開設して、借りられるBTCの量を確認することができます。ただし、借金には担保が必要であり、金利が発生することを覚えておく必要があります。
  • しかし、直接BTCを売買したくない場合は、デリバティブを使って空売りすることもできます。これについては、後ほど説明します。

暗号資産(仮想通貨)を空売りするメリット

ビットコインの空売り取引は、ビットコイン価格の下落を予想して利益を狙う取引方法ですが、メリットとデメリットの両方を理解することが大切です。

含み損のヘッジ(損失の緩和)

ビットコインが下落基調にあると、中長期保有者にとっては厳しい状況になります。資金が必要になった場合、損失覚悟で保有しているビットコインを売却せざるを得ないことも考えられます。しかし、空売りはこうした際に含み損をヘッジ(緩和)する手段として活用できます。空売りポジションを持つことで、価格下落による損失を相殺することができるのです。

ボラティリティを利用した利益獲得

Bitcoin volatility index: Buybitcoinworldwide

市場のボラティリティ(価格変動の大きさ)は必ずしも悪いことではありません。取引のテクニックを磨けば、ビットコイン価格の下落時に買いを入れ、上昇時に売り抜けることで利益を得ることができます。空売り取引もまた、ボラティリティを利用して利益を上げるための手法の一つです。ただし、空売りで成功させるためには市場タイミングを完璧に読む必要があり、難易度は高くなります。

適正な価格形成への寄与

リスクがあることは承知の上で述べると、空売り取引は過剰に高騰した市場を適正化させる役割も果たします。空売り(売り手)は需要を増やすことでビットコインの供給量を押し上げ、価格を下げて適正な水準へと誘導します。空売りは利益を得られる一方、投資家にとっても適正な価格でビットコインを購入できる機会が生まれます。

少額の資金で取引可能

ビットコインの空売り取引は、多額の資金を用意しなくても行うことができます。取引所によっては最大レバレッジが2倍、3倍、中には5倍といったところもあります。レバレッジを活用することで、市場状況に関係なく利益を拡大させることができます。

暗号資産(仮想通貨)の空売り:発生するリスク

暗号資産(仮想通貨)を空売りすることは、弱気相場の逆風を乗り切るための効果的な手法です。ただし、取引を始める前に検討しなければならないリスクもあります。

上限のない損失リスク

通常の取引であれば、資産を購入して後で売却した場合、損失額はある程度に限定されます。例えば、1ビットコインを18万ドルで購入して、その後1万ドル値下がり17万ドルになったとしましょう。この場合の損失は1万ドルです。

しかし、空売り取引は上限のない損失を抱えるおそれがあります。なぜなら、空売り取引では自分の資産(ビットコイン)を使ってさらに借り入れて取引を行うからです。

考え方の例として、5倍のレバレッジをかけて1ビットコインを担保に、5ビットコインを18万ドルで売りましょう。その後、ビットコインの価格が急上昇して数日で3万ドルに達した場合、損失は 5ビットコイン × (30,000ドル – 18,000ドル) = 60,000ドル となり、当初の想定以上に損失が膨らんでしまいます。これが、上限のない損失リスクと呼ばれるものです。

マージンの利息

前述したレバレッジですが、これは取引所や証券会社が好意で貸してくれるわけではありません。借りたビットコインに対しては、プラットフォームによって時間ごとや日ごとにマージン金利を支払う必要があります。

空売りポジションを長く保有するほど、マージン金利の累計額は増えていきます。

暗号資産(仮想通貨)を空売りする方法:6つの事例

ビットコインの空売り取引の魅力とリスクについて理解できたところで、実際にこの投資手法を実行するための具体的な方法を見ていきましょう。

ビットコインの空売り方法①:マージン取引

おそらく最も一般的な空売り取引手法が「マージン取引」です。トレーダーは証券会社からビットコインを借り、その借りたビットコインを売却し、価格が下がったタイミングで買い戻します。利益は売却額と買い戻し額の差額で得られます。マージン取引は他のデジタル資産でも同様に利用でき、シンプルです。

ビットコインの空売り方法②:先物市場

直接ビットコインを取引したくない場合、空売り取引には「先物市場」を利用する方法もあります。先物市場では、将来特定の期日に決められた価格で資産の売買を行う契約を結びます。買い手と売り手が契約を交わし、期日になったら資産の受け渡しを行います。

ビットコイン価格が下落すると予想される場合は、先物契約を「売り」で締結します。ビットコイン価格が下がったら、安くなったビットコインを買い戻し、契約で決めた価格 (決済価格) で相手に売却すれば利益になります。

ただし、価格が上昇した場合、割高なビットコインを買い取る必要が生じるため注意が必要です。損失をかさんでしまう可能性があるので、慎重な判断が求められます。

ビットコインの空売り方法③:バイナリーオプション取引

先物市場は契約が義務付けられていますが、「バイナリーオプション取引」では、義務のない契約でビットコインの空売り取引を行うことができます。バイナリーオプションとは、資産 (ここではビットコイン) の将来の価格を予想して取引するデリバティブ商品です。

あらかじめ決められた「ストライク価格」があり、将来の一定の期日までにビットコインを買うか売るかを予想して取引します。安値でビットコインを買う権利を買う契約を「コールオプション」、高値でビットコインを売る権利を買う契約を「プットオプション」といいます。

ビットコインの空売り方法④:インバース ETP

通常の「ETP (Exchange Traded Products)」は、資産を買うことを想定した「ロング」と呼ばれる投資商品です。一方、「インバース ETP」は、通常の ETP とは反対に、ビットコイン価格と反対の動きをする商品です。つまり、ビットコイン価格が下落すれば、インバース ETP の価値は上昇します。

ビットコインの空売り方法⑤:ビットコイン CFD

「CFD (Contract for Difference)」は、先物取引に似たデリバティブ商品です。実際に資産の売買は行わず、一定期間後のビットコインの始値と終値の差額を予想して取引を行います。契約ごとに始値と終値が設定されており、その差額が利益となります。ビットコイン CFD では、別の仮想通貨や法定通貨を使ってビットコインの価格をトレードします。

ビットコインの空売り方法⑥:標準的な空売りポジション

取引所やウォレットで保有しているビットコインをそのまま売りに出す方法もあります。ただし、新規に売り注文を出す必要があり、新しいウォレットへの移動などが必要になる場合があります。保有しているビットコインを売却するだけだと、通常の売買取引とあまり変わらないように感じるかもしれません。

この方法のメリットは、マージン取引とは異なり、金利を払う必要がないことです。

暗号資産(仮想通貨)を空売りするためのツール

空売り取引のメリット、デメリット、手法について理解できたところで、次は「売り先行・後買い」のスキルを磨くための重要ツールを見ていきましょう。

テクニカル分析

空売り取引の肝は、市場タイミングを計り切ることです。そのためには、チャート分析のスキルを磨く必要があります。過去の価格推移を分析し、指標を組み合わせることでトレンドを予測したり、ローソク足のチャートパターンから売りのタイミングを探したりすることが、安値を見極めて売り注文を出すための基本です。

チャート分析に役立つツールとしては、以下のようなものが挙げられます。

RSI (Relative Strength Index)

RSI: TradingView

RSI (相対力指数) は、ビットコインだけでなく様々な暗号資産のトレンド反転を判断するのに役立つ、標準的なモメンタム指標です。ビットコインの価格が上昇を続けているにも関わらず、RSIが下降している場合は、価格が下落する可能性が示唆されます。RSIは、暗号資産が買われ過ぎているのか、売られ過ぎているのかを判断するのにも役立ちます。

ボリンジャーバンド

指数グラフ  —  ボリンジャーバンド: TradingView

ボリンジャーバンドは、一定期間のビットコインの最高値と最安値の標準偏差をもとに、ボラティリティを視覚化する手法です。ボリンジャーバンドの上限と下限が狭まる場面は、短期的な価格変動が起きやすいサインと解釈できますが、方向性までは示唆しません。

移動平均線

移動平均線: TradingView

移動平均線 (MA) は、一定期間の価格データを平滑化してトレンドを見やすくするツールです。単純移動平均線と指数移動平均線があり、価格の動きを把握するのに役立ちます。また、移動平均線の交差は、トレンド反転のサインとしてよく使われます。

標準偏差

ビットコイン市場は非常にボラティリティが高いため、価格変動を予測できるツールが重要です。標準偏差は、将来の価格変動を予測するのに役立つ指標です。空売り取引を行う場合、標準偏差を使ってストップロス注文を設定することで、リスクを管理することができます。

ADX

暗号資産(仮想通貨)ADX: TradingView

ADX(Average Directional Index)は、トレンドの強さを分析する指標です。空売り取引のリスクを軽減するために特に役立ち、空売りポジションを設定する最適なタイミングを判断することができます。

ADXは、TradingViewやCryptowat.chなどのプラットフォームで利用できます。

センチメント分析

ビットコイン・フィアーアンドグリード・インデックス(Bitcoin fear and greed index): Alternative.me

価格変動だけでなく、市場心理も空売り取引において重要な要素です。センチメント分析は、データ可視化、顧客分析、ソーシャルメディアのトレンドなどを用いて、市場の全体的な雰囲気を把握します。

ビットコイン市場におけるセンチメント分析に最適な指標は、ビットコイン恐怖と貪欲指数(Bitcoin Fear and Greed Index)です。

ファンダメンタル分析

センチメント分析に加えて、ファンダメンタル分析も重要な指標となります。ファンダメンタル分析は、暗号資産の将来性真の価値を判断するための分析方法です。

具体的には、最新のグローバルなニュース取引量取引活動需給関係の変化ハビングサイクルなどを分析します。これらの要素を分析することで、暗号資産の将来性や、現在の価格が適正かどうかを判断することができます。

例えば、BTCの取引所流入量が増加している一方で、技術指標が弱気な兆候を示している場合、BTCの空売りが有効な戦略となる可能性があります。

ビットコイン空売りの始め方

ステップ1OKXアカウントにログインすることから始めます(ここでは、例としてOKXを使用します)。

OKXモバイルアプリをインストールしている場合は、認証情報を使用してログインするか、QRコードを使用してログインすることができます。

QRコードでログインする場合は、モバイルと同じように認証してアクセスします。

ステップ2: ナビゲーションパネルから「Trade」(トレード)を選択し、「Margin」(マージン)が表示されるまでカーソルを移動し、同マージンタブをクリックします。

オプションのリストから「Spot」(スポット)を選択します。

ダッシュボードが開き、左上に取引ペア、中央に取引インターフェース、右側に取引ペアの選択パネルが表示されます。

Note

BIC/USDTがデフォルトの取引ペアです。しかし、パネルの右側から任意のペアを選択することができます。その際、米ドルとの関係で価格をトラックしやすくするため、ステーブルコインを選択することが望ましいでしょう。

ステップ3:取引を開始する前に、資金調達用ウォレットから取引用ウォレットに資金を移動しておくことをお勧めします。

ステップ4:完了したら、取引ダッシュボードに戻り、クロスパネルの下にある「Sell (Short) BTC」(暗号資産(仮想通貨)を空売りする)オプションを選択します。(直近で振り込まれた)利用可能な資金を残らず借りるか、あるいは、エクスポージャーを最小限に抑えるためのレバレッジ額を選択できます。

Note

クロスマージンは分散証拠金に近く、資金はすべてのオープンポジションで共有されます。個別の証拠金ウォレットを、特定の取引ペアのために使用し、異なる暗号資産(仮想通貨)の取引ごとに入力する必要があります。

Important

OKXはデフォルトで5倍のレバレッジを用意していますが、これは一部の利用者にとってはリスクを伴います。5倍の表示パネルをクリックして、レバレッジの調整をお勧めします。ここでは、リスクエクスポージャーを下げるために3倍に変更します。担保に対して借りられる正確な資金量が確認できます。

Step 5: 振込資金に対する借入額を選択したら、

「Confirm 」(確認する)を押します。

ステップ6:注文の種類を指値と成行から選択します。指値注文はあらかじめ決められた値段で売ることができ、成行注文はすぐに売ることができます。ここでは、指値注文の売値を21,500ドルに設定してみました。

ステップ7:「Sell Short BTC」をConfirm(確認する)すると、open orders(オープンオーダー)にmargin shortのposition open(ポジション・オープン)を確認できます。成行注文であれば、すぐに約定されます。

ステップ8:空売り注文が実行されたら、空売りした暗号資産(仮想通貨)をマージン買いBTC(Margin Buy BTC)を用いて買い戻す必要があります。

暗号資産(仮想通貨)空売り:勝つための基本知識と注意点

ビットコインの空売りとは、ある価格でビットコインを売り、その後価格が下がったときに買い戻す取引方法です。通常は「安く買って高く売る」という順序ですが、空売りはこれを逆にした形になります。

ビットコインの空売りは簡単にお金を稼げる特効薬ではありません。レバレッジ取引は利益が大きくなる反面、リスクも大きくなります。取引をする前に、必ず落とし穴について理解しておくことが大切です。

また、ビットコインなどの空売りには、必ずしも「正しい方法」や「間違った方法」があるわけではありません。レバレッジ取引や直接的な資産の空売りが一般的ですが、先物取引やオプション取引に挑戦するにはより多くの経験が必要になるでしょう。

まずは今回説明した基本的な枠組みを理解し、ビットコインの空売りについて詳しく学んでください。どの方法を選ぶかに関わらず、投資やトレードを行う際は必ず損失許容額内でやりましょう。

よくある質問

暗号資産(仮想通貨)の空売りとは?

暗号資産(仮想通貨)を空売りするETFはありますか?

暗号資産(仮想通貨)を空売りするリスクは?

米国で暗号資産(仮想通貨)を空売りするには?

コインベース(Coinbase)で暗号資産(仮想通貨)を空売りできますか?

暗号資産(仮想通貨)を空売りする方法はありますか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー