詳細を見る

Web3における未来の仕事のあり方とは?

17 mins

ヘッドライン

  • Web3は、従来のビジネス形態や経済構造に変革をもたらす
  • Web3技術は、企業の人事部門の経歴チェック、リモートワークの推進、支払い業務の合理化に役立つ
  • Web3採用の動きは、フードサプライチェーンから航空機メンテナンス、嗜好品など様々な業界で進む

Web3という言葉を聞いたことはあるでしょうか?もうすでによくご存知の方も、初めて聞く人もいると思います。Web3は、暗号資産やNFTで注目を集めているブロックチェーン技術の中核を担っています。ブロックチェーンの日進月歩の進化に伴い、Web3も確実に進歩しています。インターネットの分散化を実現するWeb3は、未来の私たちの働き方やビジネスのあり方を根本から変えるとみられています。Web3の普及により、これまでのビジネス形態は大きな転換を迫られています。この記事では、Web3がどのように働き方を変え、企業や従業員に新たな役割とメリットをもたらすかについて説明します。

Web3はなぜ働き方や雇用に変革をもたらすのか?

Web3はここ数年大きな注目を集めており、多くの大手テック企業や個人がこの新しい世界に飛び込んでいます。しかし、Web3を支えるブロックチェーンは、今日の企業経営にどのような影響を与えるのでしょうか?また、Web3に関わる仕事は、私たちの働き方をどう変えるのでしょうか?

Web3は、その性格から、私たちになじみ深い中央集権型の排他的ビジネス形態や経済構造を変革するものです。Web3は、インターネットの分散型、あるいは現在のWeb2の改良型とみなされています。

Web3のバックボーンであるブロックチェーンは、パブリックな性格を持っています。ブロックチェーンで語られるものには、様々な暗号資産、分散型自律組織(DAO)分散型金融DeFi)、非代替性トークン(NFT)、スマートコントラクトがあります。

これらのシステムは、人と組織の交流、仕事、雇用、給与、管理のあり方について、その運用面で革新的な仕組みを伴っています。

インターネットは企業の人事部門に何をもたらしたか?

Web3が仕事や職場に与える影響を理解するうえで、インターネットが組織の最も重要な基盤の1つ-人的資源に与える影響について考える必要があります。

インターネットは、数十年以上前から、私たちの生活の一部となっています。インターネットは、メールから求人サイトやLinkedInでの求職者検索に至るまで、職を得るまでのプロセスを合理化しました。

しかし、このプロセスはまだ全体としてきわめて伝統的な方法で行われています。つまり、求人情報を確認し、MS Wordなどで書いた履歴書を送って求人に応募し、採用担当者による応募書類の審査を待つというものです。

こうした方法では、求職者がその仕事に適した資格と求められるスキルを備えているかを見極めるのは難しいかもしれません。また、能力の欠如や資格の適格性を見抜くのも簡単ではありません。

ブロックチェーン研究所のファカルティメンバーであるアンドリュー・スペンス氏が言うように、「ハーバード大学で勉強した人は、ハーバード・ビジネス・レビューを勉強したことになるかもしれません 」。

また、Web3は比較的新しいものなので、適切な専門技術と知識を有する熟練労働者の数は、求人市場で限られています。求職者のプールが少なく、採用可能なワーカー情報が不足しているため、非効率なマッチングが行われる可能性が高くなります。

Web3が及ぼす「仕事」への影響

新しいテクノロジーが私たちの生活や仕事に影響を及ぼすとき、その適切な使い方を習得することはきわめて重要です。Web3分野では、まずAI、スマートコントラクト、分散型アプリケーション、ブロックチェーン技術、メタバースなどを(個別または統合された概念として)比較検討する必要があります。これらのツールは、正しく使えば、働き方を良い方向に変える糸口となります。そうでなければ、これらの新しいテクノロジーに対して古いやり方を踏襲するという羽目に陥ってしまうかもしれません。

言い換えれば、新しい環境に古い習慣をそのまま当てはめるのではなく、仕事のあり方を見直すチャンスが得られたと考えることです。例えば、「ブロックチェーンを使って給与計算を行えるか」、「AIに求職者の面接はできるか」と問うのではなく、働き方全体の構造、つまり給与、報酬、雇用、業務内容などを再構築すべきです。

Web3は、分散化、自律化、包括化に向けた基盤となり、従来の働き方モデルを打ち破るものです。期待されるインターネットの民主化はまだ初期段階ですが、新しい分散型エコシステムはすでに目の前にあります。Web3採用の動きは、まもなくフードサプライチェーン、航空機メンテナンス、嗜好品になど、多くの産業で進むとみられます。

ナイキからディズニー、バドワイザーなどの有名ブランドも、Web3内で投資を行い重要なプロジェクトを発表しています。Web3ネイティブの組織であるかどうかに関係なく、Web3戦略がこれらの企業にあまねく行き渡るのは時間の問題です。

Web3の「仕事」は人事業務をどう変えるか

Web3における人事や仕事は、実際にはどのようなものなのでしょうか?多くの業界で、すでにWeb3技術のメリットを認識していますが、企業の人事部門においてはまだ完全に受け入れられていません。しかし、ブロックチェーン、暗号資産、Web3には、以下のように人事プロセスを転換できる方法があります:

応募資格と求職者の経歴の確認

ブロックチェーン上のデジタルIDは、企業の人事部門が求職者の身元調査を行い、応募資格を確認するのに役立ちます。情報の正確性と信憑性に対する信頼が得られ、リソースの無駄をなくし、すべての求職者に公平なチャンスが与えられます。

業務形態の見直し

Web3の導入により、企業は完全なリモートワーク体制に移行できます。働き方の変更、グローバルな人材プールへのアクセス、諸経費の削減、職場環境への柔軟な対応が実現できます。

優秀な人材へのアクセス、人材の確保

リモートワークを柔軟に展開することで、優秀な応募者が集まり、生産性が向上し、社員のワークライフバランスが充実します。そのため、このような体制を整えている職場は、優秀な人材を確保しやすくなります。

業務におけるデータプライバシー

従業員は、ブロックチェーン技術で作成された独自のデジタルIDにより、本人のスキルや経験などに関連する情報のみが業務に使用されることになります。

安全、迅速なワーカーへの支払い

企業は、自動化システムを導入して、給与計算を合理的に行い、スピード、透明性、セキュリティを向上できます。また、当該国以外の地域に居住して臨時作業やプロジェクトに従事するワーカーに対する、クロスボーダーの支払いトラブルを解消します。

ボーナスの支払いや経費精算

Web3は、従業員の業績に対するボーナスや特定業務に対する報酬を、データに基づく定量的方法で算定して、報酬額の見直しができます。また、デジタル資産をインセンティブとすることで、権利確定期間や関連する税金の問題が解決できます。

業務スキルのギャップを埋める

ブロックチェーンと暗号資産の活用によって、特定の産業分野で必要とされるスキルについて、業界団体やトレーニング施設プロバイダー間のコンセンサスが容易になります。また、産業界と教育界双方のニーズを満たすスキルに関する最新情報が交換できます。

Web3のアプリケーションは、様々な業界に通じます。(新製品・サービス)開発の初期段階でこうした新しい技術に適応する企業は、コスト削減から優秀な人材の獲得・確保まで、すでにWeb3で事業を展開しているか否かに関係なく、多くのメリットが得られます。

Web3 - 分散型「仕事」の未来

Web3の「仕事」の未来は希望に満ちています。自分自身と仕事仲間に知識を蓄え、この新しいテクノロジーを生かした素晴らしいをチャンスをつかんでください。また、同業他社がどのようなことをしているか、どのようにビジネスを展開しているか、そして彼らがWeb3を使った業務をどのように見ているかをチェックしてください。そして、次世代の仕事での成功を目指してスタート台に立ってください。

当社BeInCryptoは、企業の人事担当者が雇用における分散型未来世界をナビゲートするための無料ウェビナー「Web3におけるリクルートメント」を開催します。新しい市場を習得する機会をお見逃しなく。今すぐウェビナーにご登録ください!

よくある質問

Web3のコンテンツ制作者はどんな仕事をしていますか?

Web3に関わる「仕事」にはどのようなものがありますか?

暗号資産に関わる「仕事」の例としては、どのようなものがありますか?

Web3関連の仕事の給与や報酬は高いのでしょうか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー