詳細を見る

Kraken取引所のセキュリティ・料金・機能レビュー

21 mins
記事 Ryan Glenn

ヘッドライン

  • Krakenは、2011年にジェシー・ポールとタン・ルーによって設立された老舗取引所の1つ
  • 規制遵守、多様な取引オプション、高度な取引ツールなど、幅広いサービスとセキュリティ対策を展開している
  • 地理的な制限など課題も残っているが、今後の市場成長とともに、さらなる成長を続けていくと考えられる

暗号資産市場は近年激動しており、2022年には暗号通貨の価格が大きく下落し、多くの取引所が倒産しました。そのような状況下でKraken(クラーケン)は継続して取引所として機能しており、高く評価されています。

そこで本記事では、暗号通貨取引所Krakenについてのレビューを解説します。暗号通貨への投資に興味がある人、Krakenの利用を検討している人は、ぜひ最後までご覧ください。

暗号通貨取引所Krakenとは?

公式: www.kraken.com

Krakenは、ビットコインイーサリアムなどのさまざまな暗号資産の売買や取引を可能にする、有名な取引プラットフォームです。2011年にジェシー・ポールとタン・ルーによって設立され、ブルームバーグ・ターミナルに上場された最初のビットコイン取引所の1つとなりました。

カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置き、米国の暗号資産業界で重要な役割を果たしています。また近年は、グローバルなユーザー層に対応するためにサービスを拡大し、取引可能な暗号資産の幅広いラインナップに加えて、高度な取引機能やツールを提供しています。

老舗かつ確立された暗号資産取引所の1つとして、Krakenはセキュリティと規制遵守への取り組みで定評があります。

※ こちらは海外暗号資産取引所です。ご留意ください。

Krakenの歴史

Krakenは、米ワイオミング州でSPDI(Special Purpose Depository Institution)免許を取得し、暗号資産取引所として歴史をスタートさせました。この免許により、Krakenは銀行エコシステムへの橋渡し役となり、決済処理において外部銀行への依存を減らすことができました。ただし、Krakenは伝統的な銀行とは異なり、FDIC保険は付与されていません。

この重要なマイルストーンにもかかわらず、KrakenはSECの監視から逃れることはできませんでした。2022年初頭、SECは暗号資産規制の再評価を開始し、Krakenのような取引所にとって新たな運用上の課題が生じました。

暗号資産仲介業者は、ステーキング・アズ・ア・サービス、レンディング、その他の手段を問わず、法律で要求される適切な開示と保護を提供しなければならない

ゲーリー・ゲンスラーSEC委員長

Krakenは、2023年2月、米国でのステーキングサービスを停止。これは、SECがKrakenがステーキングプラットフォームを適切に登録していなかったとして、Krakenを調査したことによるものです。

SECの調査の結果、Krakenは米国でのステーキングサービスを提供する際に、適切な開示や保護措置を講じていなかったことが判明し、これを受け、KrakenはSECと和解し、米国でのステーキングサービスを停止することに合意。

今回の和解は、SECが暗号資産市場の規制を強化する取り組みの一環で、SECは、暗号資産取引所が適切な開示と保護措置を講じることを要求しており、その姿勢を示すものと言えるでしょう。

Krakenの利用可能な地域

2011年にジェシー・ポールによって設立されたKrakenは、世界で最も古い暗号資産取引所の1つです。アフリカ、アジア、ヨーロッパ、北米、オセアニア、南アメリカなどの地域で事業を展開しています。

Krakenのユーザー数と取引高

Krakenは、2019年2月に約400万人、2021年6月に約600万人、2022年5月に約900万人のユーザーを報告しました

また、Nomicsのデータを元にすると、Krakenの年間取引量は、2022年に397.76兆ドル、2021年に802.82兆ドル、2020年に24.78兆ドルでした。

Crunchbaseによると、Krakenはさまざまな資金調達ラウンドを経て、少なくとも45人の投資家がいます。これらの投資家には、SBIインベストメント、デジタル・カレンシー・グループ、ブロックチェーン・キャピタルなどがあります。

Krakenの規制状況

暗号資産取引所Krakenは、世界中でサービスを提供しています。そのため、各国の規制に対応する必要があります。

米国

米国では、Krakenは「Payward Ventures, Inc.」という法人を通じて、FinCEN(財務省金融犯罪取締ネットワーク)に登録された「Money Services Business(MSB)」として運営。また、Wyoming州の金融部門の監督下で、Special Purpose Depository Institution(SPDI)免許を取得して「Kraken Bank」として運営している。

カナダ

カナダでは、Krakenは「Payward Canada, Inc.」という法人を通じて、FINTRAC(金融取引情報センター)の規制下にあるMSBとして運営。

その他の国々

Krakenは、英国、イタリア、APAC(アジア太平洋地域)、中東でもライセンスを取得してサービスを提供。

Krakenの特徴

暗号資産取引所Krakenは、さまざまな取引機能を提供しています。

  • 現物取引:現在の市場価格でさまざまな暗号資産を売買することができる
  • 信用取引:口座残高以上のポジションを取るために資金を借りることができる
  • 先物取引:暗号先物を売買することができる
  • NFTマーケットプレイスNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスの提供
  • Earn機能:暗号資産をステーキング、報酬や利息を獲得できる
  • 高度な取引インターフェース:チャート分析、複数の注文タイプ、カスタマイズ可能な取引レイアウトなどのさまざまなツールと機能を備えた高度な取引インターフェースの提供

Krakenの安全性

暗号資産取引所Krakenは、ユーザーのセキュリティを重視しています。同社は、強力なパスワードオプションや多要素認証などの複数のセキュリティ層を提供しています。また、FIDO2デバイスでアカウントを保護し、新しいデバイスへのアクセスに追加の承認を要求することもできます。

機密性の高い顧客データは、オフラインで暗号化され、厳密に制御されています。このデータにアクセスするには、高度にセキュリティが施されたシステムへのアクセスが必要であり、データの機密性が確保されます。Krakenの資金セキュリティは堅牢で、高度なコールドストレージとホットウォレット・ソリューションを備えています。そのため、暗号基盤は監視され、警備されたケージで物理的に保護されています。2023年9月現在、プラットフォームをハッキングされたことはありません。

2014年、Krakenは世界初の暗号証拠保管所(PoR)監査を通過し、2022年には透明性への取り組みを再確認し、「クライアントがビットコインイーサリアムの残高が当社の保管によって裏付けられていることを証明できるように設計された次世代の監査基準の実装」を発表しました。

Krakenの料金

取引手数料は、ユーザーの取引量に基づいて決定されます。取引量は、過去30日間の取引量の合計です。

現物取引

現物取引では、ユーザーはビットコインやイーサリアムなどの暗号資産を直接交換することができます。現物取引の手数料は、注文の種類によって異なります。

  • メイカー:注文がすぐに約定されないことで流動性を提供したユーザーは、取引量が5万ドル未満の場合、0.16%の手数料がかかります。
  • テイカー:既存の注文とマッチすることで流動性を吸収したユーザーは、取引量が5万ドル未満の場合、0.26%の手数料がかかります。

取引量が増えると、手数料は大幅に下がります。たとえば、取引量が5億ドルを超えるユーザーは、メイカーに対して0.00%、テイカーに対して0.04%の手数料を支払うことになります。

先物取引

先物取引は、将来の特定の価格で暗号資産を購入または売却する契約。先物取引の手数料も現物取引と同様の仕組みになっています。

  • メイカー:注文がすぐに約定されないことで流動性を提供したユーザーは、取引量が10万ドル未満の場合、0.0200%の手数料
  • テイカー:既存の注文とマッチすることで流動性を吸収したユーザーは、取引量が10万ドル未満の場合、0.0500%の手数料

取引量が$100,000,001を超えると、メイカーの手数料は0.0000%、テイカーの手数料は0.0100%になります。この滑らかな手数料体系は、小規模なトレーダーと大規模なトレーダーの両方が先物市場に参加できるように促しています。

信用取引

信用取引は、自分の資金以上のポジションを取るために資金を借りる取引です。信用取引の手数料は、取引する特定の暗号資産によって異なります。ユーザーは、取引量の0.015%から0.02%のオープニング手数料を支払い、4時間ごとに通常0.01%から0.02%のロールオーバー手数料を支払います。

ステーブルコイン、ペッグトークン、FXペア

ステーブルコイン、ペッグトークン、FXペアの取引手数料も、取引量に基づいて決定されます。取引量が$0から5万ドルの場合、メイカーとテイカーはどちらも0.20%の手数料を支払います。ただし、取引量が1億ドルを超える場合、メイカーは手数料が0.00%、テイカーは最小限の手数料である0.001%を支払うことになります。

Krakenのメリット・デメリット

Krakenの主なメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

  • 規制遵守:規制要件を遵守するための取り組みと透明性により、信頼性が高いとされている
  • 多様な取引オプション:現物取引、信用取引、先物取引など、さまざまな取引オプションが提供されている
  • 高度な取引ツール:経験豊富なトレーダー向けにカスタマイズ可能なインターフェースやチャート分析などの高度な取引ツールと機能を提供している
  • セキュリティ重視:多要素認証、コールドストレージ、監視機能など、セキュリティを重視している
  • NFTのガス料金ゼロNFTマーケットプレイスは、ガス代がゼロ

デメリット

  • 地理的な制限:Krakenのサービスは、ワシントン州とニューヨーク州では利用できない。また、ステーキングサービスは、米国のお客様には一切提供されていない
  • カスタマーサポートに関する懸念:一部のユーザーは、出金遅延やアカウント閉鎖などの問題に不満を表している
  • 規制に関する懸念:SECやCFTCなどの規制当局は、取引所に対して積極的に法的措置を講じている

Krakenは、経験豊富なトレーダーから初心者まで、さまざまなレベルのユーザーに適した暗号資産取引所ですが、地理的な制限やカスタマーサポートに関する懸念など、考慮すべきデメリットもあるといえるでしょう。

よくある質問

Krakenは信頼できる取引所ですか?

Krakenは最も安全といえますか?

KrakenはBinanceと同じくらい優れていますか?

Krakenより安全な取引所はありますか?

Krakenを使用できない国はどこですか?

Kraken から私の銀行口座に送金できますか?

Krakenのモバイルアプリはありますか?

まとめ:Krakenは幅広い取引機能を提供しており、多くのユーザーからの支持を得ている取引所

本記事では、Krakenの機能、メリット・デメリットについて解説しました。Krakenは、現物取引、信用取引、先物取引、また高いセキュリティ、豊富な取引機能など幅広い取引機能を提供しており、多くのユーザーからの支持を得ています。

地理的な制限やカスタマーサポートの評価など、課題も残っていますが、今後の暗号資産市場の成長とともに、さらなる成長を続けていくと考えられます。Krakenの利用を考えている人は、ぜひ本記事を参考に検討してみてください。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー