詳細を見る

【2023年版】NEARウォレット ベスト5

22 mins
記事 Chris Adede

NEARは、プルーフ・オブ・ステークス(PoS)コンセンサスアルゴリズム上に構築された分散型のオープンソースの暗号通貨およびスマートコントラクトプラットフォームです。レイヤー-1ブロックチェーンはスケーラブルで高速であり、開発者向けにフレンドリーなDAppsの開発と展開を容易にします。NEARウォレットを使用すると、NEAR暗号通貨を保管、管理、および取引することができます。安全で使いやすく、機能豊富なウォレットを使用することは、新規または経験豊富な暗号通貨投資家にとって不可欠です。この記事では、NEARを保管、管理するための最適なオプションを紹介します。

NEARウォレットを選ぶポイントは?

最適なNEARウォレットを選ぶには、セキュリティと利便性を重視しましょう。以下のことを参考にしてください。

セキュリティ

ウォレットのセキュリティは、あなたの暗号通貨(仮想通貨)を盗難や紛失から守る重要なポイントです。マルチファクタ認証、ハードウェア・ウォレットとの連動、コールド・ストレージ・オプションなどの強力なセキュリティ対策を持つものを探してください。

使いやすさ

初心者の場合、使いやすいウォレットを選ぶことが特に重要です。使いやすく、直感的なインターフェイス、使用方法が明確なウォレットを探しましょう。

互換性

お使いのデバイスとオペレーティングシステム(OS)との互換性を確認してください。たとえば、モバイルアプリを使用する場合は、あなたのスマホのiOSまたはAndroidプラットフォームで利用可能であることを確認してください。

特徴

各ウォレットによってさまざまな機能を提供し、自分にとって重要な機能を選択すると良いでしょう。いくつかの機能には、他の暗号通貨(仮想通貨)のサポート、統合、ステーキング・オプション、DAppsとの相互作用能力などがあります。

評判

暗号通貨のコミュニティで評判の良い製品を探しましょう。レビューを読み、自身でも調べ、使用する製品の信頼性と信用できるかどうかを確認してください。

NEARウォレット・トップ5

オープンソースであるNEARプロトコルは、NEARネットワークと互換性のあるウォレットやツールの開発が可能です。そのため、複数のウォレットがNEARをサポートしています。

1. Guarda (ホット・ウォレット)

Guardaは、NEARをサポートするマルチオプションのノンカストディアル・ウォレットです。暗号資産の保管、管理、取引のためのシンプルな機能を提供しています。Guardaは複数のプラットフォームで利用可能で、異なるデバイスの好みを持つユーザーにとっては便利でしょう。また、分散型取引所との統合を容易にし、複数のアカウントに対応します。

概略

このウォレットを開発しているのは、エストニアに拠点を置くブロックチェーンスタートアップのGuarda Wallet OUです。Guardaは2017年に誕生し、暗号資産の保管や管理において人気となっています。Guardaのチームは、CEOのポール・ソコロフ氏をはじめ、経験豊富なソフトウェア開発、ブロックチェーン技術、サイバーセキュリティの専門家で構成されています。

特徴

  • ユーザーフレンドリーなインターフェース:ウォレットは使いやすく、明確な説明とシンプルなレイアウトで初心者でも簡単に利用できます。経験豊富なユーザー向けには、分散型取引所の統合や複数のアカウントの管理などの高度な機能を提供しています
  • セキュリティ:Guardaは、ホット・ストレージとコールド・ストレージを組み合わせて、暗号資産を安全に保管します。秘密鍵を安全な暗号化形式でデバイスにローカルに保存します。ウォレットは、マルチファクター認証を使用して、保護レイヤーを強化しています
  • マルチサポート:Guardaは、NEARビットコインイーサリアムLitecoinなど、多数の暗号資産をサポートしています
  • ノンカストディアル(非管理型):Guardaは、ユーザーが秘密鍵を管理するノンカストディアル・ウォレットです
  • マルチプラットフォーム:Guardaは、Webアプリ、デスクトップアプリ、モバイルアプリで提供され、さまざまなデバイスの好みに合わせて便利に利用できます。Windows、Mac、Linux、iOS、Androidで利用可能です

メリットとデメリット

メリット

  • さまざまな暗号資産に対応
  • マルチプラットフォーム
  • ユーザーフレンドリーなインターフェース
  • 強固なセキュリティ対策

デメリット

  • 法定通貨とNFTのサポートは限定的

2. Ledger Nano X (ハードウェア)

Ledger Nano Xは、NEARを含む多くの暗号資産を保存・管理できる高度なハードウェア・ウォレットです。このウォレットは最も安全なハードウェアウォレットの1つとして知られ、ユーザビリティや操作性を損なわず、ビットコイン、イーサリアム、XRPなどを的確に保護します。

概略

2014年に、8人の暗号通貨の専門家がLedger walletを設立しました。Ledgerのチームは、ハードウェアエンジニアリング、ソフトウェア開発、サイバーセキュリティの専門家で構成されています。CEOのパスカル・ゴーティエ氏は、ハードウェアエンジニアリングと起業家としての経歴があります。

Ledgerは、暗号資産業界で尊敬されるブランドへと急成長しています。同社の製品は、投資家やトレーダーに広く使用され、著名な投資家やベンチャーキャピタル企業から資金調達を受けています。Ledgerはフランス・パリに本社を置いていますが、世界中にオフィスやチームメンバーを持っています。

特徴

  • 強力なセキュリティ対策
  • 2段階認証を備えたオープンソース
  • ユーザーフレンドリーで便利
  • コンパクトで持ち運びができる設計
  • 主要暗号資産取引所との統合機能および複数口座サポート

メリットとデメリット

メリット

  • デバイスベースで、秘密鍵を保存するためにUSBを使用
  • デスクトップコンピュータやスマートフォンを含む多くのデバイスと互換性がある
  • 多数の操作が可能で、サードパーティアプリでも利用可能
  • ユーザーフレンドリー

デメリット

  • 小さい画面表示
  • タッチスクリーン機能なし
  • 完全なオープンソースではない

3. Trezor (ハードウェア)

Trezorのハードウェアウォレット(Model TとTrezor Model One)は、高度な安全性と利便性を備えています。TrezorをNEARで使用するには、TrezorデバイスにNEARアプリをインストールし、NEARウォレットを作成します。これは暗号通貨のセキュリティと経済的自立のために最も安全なコールドストレージ・ウォレットであり、暗号通貨の使用、保管、保護を容易にします。

概略

Trezorは2013年、暗号通貨愛好家のパボル・ルスナク氏とマレク氏が設立した会社SatoshiLabsから始まりました。同社は、デジタル通貨の利用を促進し、世界中のより多くの人々がデジタル通貨にアクセスできるようにすることをミッションに掲げています。

Trezorハードウェア・ウォレットは、SatoshiLabsが開発したフラッグシップ製品であり、暗号通貨の安全なストレージを提供するために開発されました。このウォレットは現在、最も人気のあるハードウェア・ウォレットの1つとなっています。Trezorチームは、暗号化技術、セキュリティ、ソフトウェア開発の専門知識を持つ経験豊富なプロフェッショナルグループから構成されています。

特徴

  • Trezorはポータブルです ・
  • PCやスマートフォンに接続するためのUSBタイプCケーブルがあります
  • 最大1,400種類のデジタル資産に対応
  • サードパーティの取引所にアクセスできる
  • シンプルなユーザーインターフェース

メリットとデメリット

メリット

  • 最大限のセキュリティ機能
  • 複数の暗号通貨に体操
  • オープンソース・ソフトウェア
  • タッチスクリーン可

デメリット

  • 小さな画面
  • 他のハードウェアウォレットより高価格

4. SafePal (ハードウェア/コールド・ウォレット)

SafePal S1 ハードウェアウォレットは、デジタル資産を安全に保管・管理する方法を提供します。このウォレットは秘密鍵をオフラインで保管するため、最も安全な暗号通貨ウォレットの1つです。複数の暗号通貨に対応しており、ユーザーは取引履歴を確認したり、取引を行ったりすることができます。

概略

SafePalは、2018年に暗号通貨およびサイバーセキュリティの専門家によって開発されたハードウェア・ウォレットです。Safepalのヴェロニカ・ファンCEOが、ハードウェアの開発や暗号化技術の専門知識を持ったプロフェッショナルチームを率いています。

特徴

  • ビットコイン、イーサリアム、Litecoinなど複数の暗号通貨に対応
  • 初心者でも簡単なシンプルで直感的なユーザーインターフェース
  • 追加のセキュリティ・レイヤー
  • モバイルフレンドリー
  • バックアップとリカバリー
  • 多言語対応
  • トークン保存数無制限
  • メールやライブチャットなど、ソーシャルメディアを通じたカスタマーサポート

メリットとデメリット

メリット

  • シンプルで直感的なユーザーインターフェース
  • 比較的お手頃価格
  • チャットを介した顧客サポート

デメリット

  • デスクトップのオプションがない
  • ウェブベースのインターフェースがない

5. Trust Wallet (ホット・ウォレット)

Trust Walletは、数百万人のユーザーが使用しており、iOSおよびAndroidデバイスで利用可能な人気の暗号通貨ウォレットです。

概略

Trust Walletは、ヴィクトル・ラチェンコ氏によって2017年に設立されたモバイル暗号通貨ウォレットです。もともとはイーサリアムとイーサリアムベースのトークンのためのウォレットでしたが、その後、さまざまな暗号通貨をサポートするように拡張されました。

2018年、BinanceはTrust Walletを買収しました。これにより、利用が無料のほか、ユーザーはSTWTトークンを100個以上保有することで取引手数料も無料となります。

特徴

  • 複数の暗号通貨に対応
  • 資産と取引を簡単に管理できる
  • パスワード保護およびバイオメトリック認証による資産保護
  • モバイルフレンドリー
  • ビルトインDAppsブラウザ
  • 小型で軽量、持ち運びに便利
  • ステーキングが可能

メリットとデメリット

メリット

  • 安全性が高い
  • NEARウォレットのダウンロードは、iOSおよびAndroidデバイスの両方で可能
  • Ethereumブロックチェーン上の分散アプリケーションとのやり取りが可能なDAppsブラウザ
  • 複数の暗号通貨に対応
  • ノンカストディアル

デメリット

  • オフラインストレージがない
  • カスタマー向けのダイレクトサポートは限定的

ウォレットの機能比較

ウォレットセキュリティ機能インテグレーションツールストレージ
Guardaマルチシグデスクトップ、モバイル、ブラウザDEX、複数アカウントの統合アプリ内の教育リソースホットウォレット
Ledgerマルチシグと2段階認証デスクトップアプリとモバイルアプリチャット、メール、ソーシャルメディアを通じたカスタマーサポートNFTのサポートとリソースライブラリを提供コールドウォレット
Trezor2段階認証ブラウザ拡張機能とデスクトップアプリ入、スワップ、NFT、ステーキングをサポートヘルプセンターコールドウォレット
SafePalマルチシグと2段階認証モバイルアプリとブラウザスワップ、コンバージョン、購入、NFTが可能ヘルプセンターコールドウォレット
Trust Walletオープンソースソフトウェアデスクトップ、ブラウザ、モバイルアプリ購入、スワップ、NFT、ステーキング、Web3機能アプリ内の教育リソースホットウォレッ

最適なNEARウォレットはニーズ次第

今回紹介したNEARウォレットは、いずれもデジタル資産を保管・管理するための信頼性の高い安全なウォレットです。Trust Walletは、シンプルさと使いやすさで人気があり、初心者に適したウォレットです。一方、SafePalはセキュリティに重点を置きつつ、使い勝手も良いのが特徴です。LedgerとTrezorはハードウェア・ウォレットで、秘密鍵をオフラインで管理することで、さらなるセキュリティ・レイヤーを提供します。Guardaは、さまざまな暗号通貨をサポートするために、さまざまな機能を提供しています。最終的に、あなたに最適なウォレットは、あなたの特定のニーズと好みによるでしょう。

よくある質問

NEARに対応しているウォレットは何ですか?

MetaMaskでNEARを購入できますか?

米国でNEARトークンを購入するにはどうすればよいですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー