詳細を見る

NFTをクレジットカードで購入できるサービスのメリットとデメリット

17 mins

NFTとは、ブロックチェーン上で発行されるデジタルコンテンツの所有権を証明するトークンのことで、一点ものの価値を持ち、アートやゲームなど様々な分野で活用されています。近年では、NFTの市場規模が急拡大し、世界中で注目を集めています。

NFTを購入するには、暗号通貨やウォレットなどの知識や操作が必要ですが、クレジットカードで簡単にNFTを購入できるサービスも登場しています。

そこで本記事では、NFTをクレジットカードで購入できるサービス3つと、そのメリット・デメリットについて紹介します。本記事を読むことで、NFTをクレジットカードで購入するための理解を深めることができます。

ぜひ最後までお読みください。

NFTとは?

Robot Twitter

NFTとは、Non-Fungible Tokenの略で、日本語では非代替性トークンと訳されます。ブロックチェーン上で管理ができるトークンの一種であり、NFTとデジタル資産を関連付けることで、デジタル資産の所有者や取引履歴の管理・追跡を可能にしている技術です。

NFTは、デジタルアートや音楽、ゲーム内アイテムなど、さまざまな形で提供されることが期待されており、世界にひとつしかない「一点物」であるという特徴からも、近年注目を集めています。

NFTをクレジットカードで購入できるサービス

NFTをクレジットカードで購入できるサービスについて解説します。

  • Pie(パイ)
  • Open Sea(オープンシー)
  • 楽天NFT

クレジットカードで購入できるサービス①:Pie(パイ)

「Pie(パイ)」とは、株式会社XYZという会社が運営している、NFTマーケットプレイス「OpenSea」の商品をクレジットカード払いで購入できるサービスです。暗号通貨不要で、ウォレットアドレスとメールアドレスがあれば、NFTを簡単に購入可能です。PieがNFTの購入を代行し、24時間以内にウォレットに送信します。Pieで表示されている価格は日本円(ガス代込み)で、手数料は5〜15%です。

Pieで購入できるNFTは、Pieに認定されたNFTコレクションに限られています。審査を通過しないと認定されないため、OpenSeaでは多く出回っている偽物のNFTを購入する心配がないメリットがあります

公式サイト:https://nft.rakuten.co.jp/

クレジットカードで購入できるサービス②:Open Sea

OpenSea(オープンシー)は、世界最大級のNFTマーケットプレイスで、様々なカテゴリーのNFTを購入・販売できるサービスです。OpenSeaでは、MoonPayというサービスを利用して、クレジットカードやデビットカードでNFTを購入できます。MoonPayを利用する場合、クレジットカードやデビットカードで支払った金額に加えて、手数料がかかり、手数料は、購入するNFTの価格やクレジットカード会社によって異なります。

また、OpenSeaは一部の主要なクレジットカード(Visa、Mastercardなど)を受け入れていますが、利用可能なカードには制限があり、また、国によっては、特定の規制が存在する場合があるので、それらを確認することも重要です。

公式サイト:https://opensea.io/ja

クレジットカードで購入できるサービス③:楽天NFT

楽天NFTとは、楽天グループ株式会社が運営するNFTマーケットプレイスおよび販売プラットフォームです。クレジットカードや暗号資産(ETH)を使用してNFTを購入することができ、さらに、楽天ポイントを貯めたり利用することも可能です。

クレジットカードを使用する場合は、登録済みのクレジットカード情報を入力するだけで簡単に支払いが完了し、暗号通貨を保有している場合は、ウォレットから楽天NFTへ直接送金して購入することができます。

『ULTRAMAN』や『TIGER & BUNNY 2』などのアニメや、Jリーグ公認NFTコレクションなどのスポーツ関連のNFTをはじめ、現代アーティストやカルチャー領域におけるNFTなど、多彩なコンテンツが展開されています。

公式サイト:https://nft.rakuten.co.jp/

NFTをクレジットカードで購入するのメリット

NFTをクレジットカードで購入するのメリットとその詳細は、以下の通りです。

  • 暗号通貨の知識やウォレットが不要
  • 日本円で価格がわかりやすい
  • クレジットカードの特典が利用できる

クレジットカードで購入するのメリット①:暗号通貨の知識やウォレットが不要

NFTは、ブロックチェーンという分散型のデータベースに記録されるデジタルコンテンツの所有権を表すトークンです。ブロックチェーンには、ビットコインイーサリアムなどの暗号通貨が流通しており、NFTもその一種として扱われます。そのため、NFTを購入するには、まず暗号通貨を購入する必要があります。

暗号通貨の購入や送金方法がわからない、暗号通貨の価格変動やハッキングなどのリスクを避けたい、ウォレットの設定や管理が面倒などの理由でNFTを購入をためらっている方にとっては、クレジットカードでNFTを購入できるサービスは非常に便利になるでしょう。

クレジットカードで購入するのメリット②:日本円価格がわかりやすい

NFTをクレジットカードで購入する場合は、暗号通貨のレートや為替レートを気にする必要がありません。消費税やガス代などの税金や手数料も含まれている場合が多いです。

たとえば、暗号通貨でNFTを購入する場合、暗号通貨のレートや為替レートが変動すると、NFTの価格も変動するため、NFTの購入価格を明確にに把握するのが難しい場合があります。クレジットカードでNFTを購入する場合、これらの手数料も含まれている場合が多いので、支払い金額が明確になるメリットがあります。

クレジットカードで購入するのメリット③:クレジットカードの特典が利用できる

クレジットカード会社やサービスによって、ポイントやキャッシュバックなどの特典が利用できる場合があります。例えば、楽天NFTでは、楽天ポイントが貯まる・使えるという特典があり、Pieでは、Pieポイントという独自のポイントが貯まり、この点は、クレジットカード決済のメリットといえます。

NFTをクレジットカードで購入するデメリット

NFTをクレジットカードで購入するデメリットは、以下の通りです。

  • 手数料が高い
  • 購入できるNFTの選択肢が限られる
  • 返品やキャンセルができない

クレジットカードで購入するのデメリット①:手数料が高い

クレジットカードで購入するサービスでは、NFTの購入を代行してくれますが、その代わりに変動手数料や固定手数料が発生します。変動手数料は、NFTの価格やガス代などに応じて変わりますが、おおよそ5〜15%程度かかります。

これらの手数料は、NFTの価格に上乗せされて表示される場合が多く、自らがマーケットプレイスを通して購入するNFTの本来の価格よりも、高くなるデメリットがあります。

クレジットカードで購入するのデメリット②:購入できるNFTの選択肢が限られる

NFTをクレジットカードで購入する場合、選択できるNFTが限られます。これは、クレジットカードで購入できるサービスは、現時点では数が少なく、対応しているNFTコレクションも限定されているためです。また、各サービスには審査基準があり、偽物や不適切なコンテンツを排除するために、一部のNFTを購入できない場合もあります。

たとえば、現状、楽天NFTやPieなどのサービスでは、イーサリアムネットワーク上のNFTしか購入できず、またOpenSea以外で販売されているNFTも購入できません。

クレジットカードで購入するのデメリット③:返品やキャンセルができない

クレジットカードで購入するサービスでは、購入リクエストを送った時点で契約が成立し、返品やキャンセルの申し出は受け付けられません。これは、サービスの利用規約で明記されており、例えば、楽天NFTでは、「商品の返品・交換・キャンセルはお受けできません」という条項があります。

また、Pieでは、「在庫切れや価格変動などの理由で購入できなかった場合は、返金されます」という条項があります。しかし、返金されるまでに時間がかかる場合もあり、返金された後に再度購入しようとしても、価格や在庫状況が変わっている可能性もあります。NFTをクレジットカードで購入する場合、返品やキャンセルができない場合が多いと認識しておきましょう。

まとめ:NFTをクレジットカードで購入してみよう

本記事では、NFTをクレジットカードで購入できるサービスについて解説しました。

NFTを購入するには、暗号通貨が必要になる場合が多いですが、クレジットカードで購入できるサービスも増えてきました。クレジットカードでNFTを購入できるサービスには、Pie、OpenSea、楽天NFTなどがあります。これらのサービスは、暗号通貨を持っていない方や、NFTの購入が難しいと感じている方にとって、便利なサービスです。

今後の動向としては、NFTの普及に伴い、クレジットカードでNFTを購入できるサービスの需要はさらに増えていくと考えられます。NFTに興味のある方は、ぜひクレジットカードでNFTを購入してみてください。

よくある質問

Q1. クレジットカードでNFTを購入する際にかかる手数料はいくらですか?

Q2:クレジットカードでNFTを購入すると、ポイントやキャッシュバックなどの特典はありますか?

Q3:クレジットカードでNFTを購入する際に気を付けるべき点はありますか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Frame-2204.png
Ikkan Kawade
2020年よりBTC投資をはじめる。同時に、暗号資産ブログとSNSの運用を開始。DeFiでの資産運用・Play to Earnゲーム・国内NFTへの投資も積極的に行う。メタバースに深い関心があり、「メタバースへの移住」が目標。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー