詳細を見る

【初心者向け】NFTのステーキングの始め方

19 mins

NFTを始めるにあたって「ステーキング」という言葉を聞いたことはありませんか?NFTの始め方を知りたくありませんか?ブロックチェーンベースのエコシステムは日進月歩で発展していますが、ステーキングはデジタル資産を通じてパッシブインカム(受動的な収入)を得る代表的な方法です。暗号資産のステーキングはすでに以前から行なわれていますが、NFT(デジタルコレクティブルとも呼ばれる)のステーキングは比較的新しい手法で、現在、業界の注目を集めています。

ユーザーは、NFTをステーク(預け入れ)することで、デジタル資産の所有権を保ちながら、報酬や特典が得られます。この記事では、そうしたNFTのパッシブインカムを得るためのステーキングの基本的仕組み、利用できる様々なプロジェクト、ステーキングを始める前に準備すべきことを説明します。

NFTのステーキングとは?

NFTのステーキングとは、デジタルコレクティブルをプラットフォームやシステムに預け、報酬や特典を得る仕組みです。これにより、NFTの所有者は、デジタル資産の所有権を保持したまま、休眠資産を活用してパッシブインカムが得られます。

NFTをステークする手順は、他のプルーフ・オブ・ステーク(PoS)のデジタル通貨と同様、Web3ウォレットが必要です。

ただし、すべてのNFTがステーキングの対象ではありません。ステーキング目的でデジタルコレクティブルを購入する際には、当該プラットフォームで目的のNFTがステークできるかを慎重にリサーチしましょう。

NFTのステーキングプラットフォームにはどのようなものがあるか?

NFTのステーキングをサポートする最も人気のあるプラットフォームを以下にリストアップしました。各プラットフォームは独自の機能を持ち、NFTの利用範囲はそれぞれ異なります。

最も人気のあるNFTのステーキングプラットフォーム

  • Binance NFT PowerStation
  • NFTX
  • Doge Capital
  • Splinterlands
  • Polychain Monsters
  • BAND NFTs
  • Mobox (MBOX)
  • KIRA
  • FootballCoin
  • WhenStaking (Onessus)

NFTのステーキングは、まだ新しいものです。上記のプラットフォームとそのプロジェクトの多くは、今のところPolychain MonstersやSplinterlandsなど、NFTベースのプレイ・トゥ・アーン(遊んで稼ごう)ゲームに専念しているので、ステークできるNFTも決まっています(例えば、ゲーム内資産)。

バイナンスNFTパワーステーション(Binance NFT PowerStation)

バイナンスNFTパワーステーションは、上記に挙げたリストの中で最も人気があり、アクセスしやすいプラットフォームの1つです。他のプラットフォームとは異なり、バイナンスは世界中の数百万人のユーザーにサービスを提供する中央集権型の暗号取引所です。ユーザーはBinance Fan Tokenを保有してパッシブインカムが得られます。

Binance Fan Tokenは、特定のスポーツチームにリンクしたユーティリティトークンです。トークン保有者は、チケットの優先販売やスポーツクラブの重要な意思決定への関与など、様々なメリットを享受できます。これらのトークンは、スポーツクラブ愛好家の間で人気があり、多くのフォロワーを持つアーティストや有名人も利用できるようになっています。

MOBOX (MBOX)

MOBOX (MBOX)

MOBOXのメタバース(MOMOverse)は、ブロックチェーンベースのゲームが特徴のプラットフォームで、様々なNFTを揃えています。ユーザーは、MOBOXのマーケットプレイスでこれらのNFTの取引や、パッシブインカムを得るためのステークができます。各MOMO(ゲームに登場するキャラクター)には、ランダムに生成されるハッシュパワーに基く固有の属性が設定されています。

ユーザーは、MOMOをステークして、MOBOXのガバナンストークンを報酬としてもらえます。報酬額は、MOMOのステーキング数によって異なります。それぞれのMOMOは希少価値が異なるため、ハッシュパワーも異なり、ステーキング報酬に影響します。SplinterlandsやAxie Infinityなど、他の有名なNFTゲームも、NFT保有者に同様のサービスを提供しています。

NFTのステーキングの仕組みは?

ステーキングは、銀行の普通預金口座の預金に例えられます。ユーザーは、資金が一定期間ロックされている間、NFT投資に対する利息が得られます。各NFTの技術的な仕組みはそれぞれ異なりますが、結果はほぼ同じです。また各NFTの機能も異なりますが、その中心となる考え方は似ています。

ユーザーは、デジタルコレクティブルをステークして(非代替性トークンを取引所プラットフォーム上で保有して)、その対価としてステーキング報酬やその他の特典が得られます。また、暗号資産のステーキングと同様に、NFTのステーキングもブロックチェーンのセキュリティと機能性の向上につながります。

ただし、ステーキング報酬は、プラットフォームとコレクションの種類によって異なります。デジタルコレクティブルは多様で、ステーキング報酬もそれぞれ異なり、中には全くステークできないものもあります。プロジェクトチームは、ブロックチェーン上でNFTをミント(鋳造)する際に、ステーキングの条件を決定します。場合によっては、購入時にNFTをミントする必要があり、追加コストもかかります。

注意すべき点は、暗号資産は代替性デジタル資産(1つのユニットを別のユニットと交換して同じ価値を持つ資産)であるのに対し、NFTは特殊な資産であることです。ある特定のユニットを別のユニットとは交換できず、それぞれが異なる(非代替性)価値を持ちます。これが、暗号資産とNFTのステーキングが大きく異なる点です。

各NFTコレクションは、それぞれ異なる特性、パートナーシップ、ステーキング機能を有しているため、投資家はNFTをそれぞれ研究し、その機能を理解する必要があります。

NFTをステークするメリット、デメリットは?

NFTのステーキングが適切かどうかを判断するために、以下の点を検討してください:

メリット

  • パッシブインカムの獲得:すぐに売却する予定のないNFTを保有するなら、ステーキングは休眠デジタル資産を活用する絶好のチャンスです。暗号資産のステーキングと同様、NFTをステーキングプラットフォームにロックして、所有権を持ちながら報酬を享受できます。
  • プロジェクトやコミュニティとの交流:NFTをステーキングする際の具体的な報酬やインセンティブはプロジェクトにより異なりますが、大半のプロジェクトでNFTをステークしたユーザーにユーティリティトークンを付与しています。このトークンは、投票権やガバナンス権などの特典を供与し、ユーザーはプロジェクトの計画に関与できます。

デメリット

  • 詐欺被害のリスク: NFTでの報酬獲得は魅力的である反面、リスクを伴います。

NFT市場はまだ成熟していないため、信頼できるプレイヤーと悪意ある人物の区別は困難です。悪意あるステーキングプラットフォームは、ユーザーの資金を不正に管理し、トークンを持ち逃げすることもあります。

NFT詐欺の可能性について正確な情報を得るには、デューデリジェンス(投資先の価値やリスク等の調査)の実施が必要です。ステーキングプラットフォームとそのチームをくまなく調査し、慎重に対処すべきです。

  • 価格の変動:ステーキング期間中は、市場動向やデジタルアートの状況により、ユーザーのNFTの価値が大きく変動する可能性があります。

ステーキングプラットフォームの条件によっては、ロックアップ期間が延長されたNFTは引き出せない場合があります。ただし、長期保有に重点を置いているなら、一時的な市場の変動は不安要素とはなりません。

NFTのステーキングは価値があるか?

ユーザーは、NFTによるパッシブインカムを求める場合には、NFTの購入前に市場調査を行う必要があります。つまり、NFTとその有用性、報酬、市場全体を評価し、十分な情報を得た上で決断する必要があります。NFTの人気が高まれば、NFT自体からも収益を得られる可能性があります。逆にNFTの人気が低下すると、投資の収益性が低下し、無価値なデジタル資産に変わる恐れもあります。

読者がゲームに興味があり、その分野に投資したいのであれば、SplinterlandsのようなゲームプラットフォームでのNFTのステーキングは魅力的な対象となります。こうしたブロックチェーンゲームの多くは、ゲームに参加しながらパッシブインカムが得られます。ただし、暗号資産と同様に、NFTも価値が大きく下落することがあります。あらゆるデジタル資産と同様、投資リスクは常に存在します。購入前には念を入れた調査を忘れないようにしてください。事前の綿密な準備がリスクを遠ざけ安定した利益を約束してくれます。

よくある質問

NFTのステーキングとは何ですか?

NFTのステーキングのリスクは何ですか?

NFTのステーキングにはガス代はかかりますか?

ステーキングの目的は何ですか?

ステーキング報酬は日払いですか?

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報をもとに読者が取る行動は、あくまでも読者自身のリスクで行うものとします。「Learn」サイトでは、質の高い情報を提供することを第一に考えています。私たちは、読者にとって有益な教育的コンテンツを特定し、調査し、作成するために時間をかけています。この基準を維持し、素晴らしいコンテンツを作成し続けるために、私たちのパートナーは、私たちの記事への掲載に対して手数料を支払う場合があります。しかし、これらのコミッションは、偏りのない、誠実で有益なコンテンツを作成するためであり、私たちの活動プロセスに影響を与えることはありません。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー